Variance Inflation Factors Tool Icon

分散拡大係数ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

拡大係数ツール(VIF)ツールは、モデルインターセプト(常に1に等しいVIFまたはGVIFを持つ)以外のすべての変数について、分散拡大係数またはVIF(GVIF)の一般化バージョンを含む係数要約レポートを生成します。予測変数のいずれも2つ以上のレベルを持つカテゴリ変数でない場合は、VIF値が生成され、それ以外の場合はGVIF値が生成されます。「標準化された」(G)VIF値は、(G)VIF ^ [1 /(2 * DF)]に対応します。

このマクロは、Alteryx Designerでは自動的にインストールされません。マクロを使用するには、 Alteryx Analytics Gallery からダウンロードしてください。

入力

モデルがオープンソースRルーチンを使用して推定される場合、このツールは線形、ロジスティック、カウント、ガンマ回帰ツールによって作成されたモデルオブジェクトに適用できますが、Revo ScaleRモデルオブジェクトには(G)VIFを計算するために必要な情報が含まれていないため、Revo ScaleRメソッドには適用できません。

ツール設定

このツールは設定を必要としません。

出力

2つの出力は、形式が異なる類似のデータテーブルを中継します。テーブルは、Rのvifパッケージ(引用)の出力によって与えられたデータから生成されます。テーブルは、次の情報で構成されています。

変数 変数の名前
GVIF/VIF 他の変数との性による回帰係数の分散の増加。この値は、他の共変量でのその変数の回帰に対する設計マトリックスのベクトルと列との間の共線性が高いことを示す大きな値の1より大きいか等しくなります。
DF (自由度) 自由度 (カテゴリ変数の場合は、レベルの数より1つ少ない)。
Std_GVIF/Std_VIF これにより、指定された変数の数が、他の値と直交する場合よりも大きくなります。それは(G)VIF ^ [1 /(2 * DF)]として計算されます。

各出力アンカーに閲覧ツールを接続して、結果を表示します。

  • D アンカー: データテーブルを出力します。
  • R アンカー: レポートテーブルを出力します。VIF 値は、5つの有効桁数を持つように書式設定されます。

*https://en.wikipedia.org/wiki/Variance_inflation_factor

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.