ファイル関数

Version:
Current
Last modified: June 03, 2020

ファイル関数は、ファイルパスを構築し、ファイルが存在するかどうかを確認したり、ファイルパスの一部を抽出したりします。ファイル関数は、文字列データ型でのみ使用できます。

FileAddPaths(Path1、Path2): 2 つのファイルパス部分を追加し、2 つのパスの間に 1 つの \ (バックスラッシュ) が存在することを確認します。

FileAddPaths([C:\Temp], [Data\file.csv]) は、C:\Temp\Data\file.csv. を返します。

FileExists(Path): ファイルが存在する場合は True を返し、存在しない場合は False を返します。

FileExists(C:\Temp) は、True を返します。

FileExists(C:\Temp\Data\file.csv) は、True を返します。

FileExists(C:\Temp\Data\NoFile.csv) は、False を返します。

FileGetDir(Path): パスのディレクトリ部分を返します。

FileGetDir(C:\Temp\Data\file.csv) は、C:\Temp\Data を返します。

FileGetDir(C:\Temp\データ) は、C:\Temp を返します。

FileGetExt(Path): . (ピリオド) を含むパスの拡張子を返します 。

FileGetExt(C:\Temp\Data\file.csv) は、.csv を返します。

FileGetExt(C:\Temp\Data) は、" " を返します。

FileGetFileName(Path): 拡張子なしでパスの名前部分を返します。

FileGetName(C:\Temp\Data\file.csv) は、file を返します。

FileGetName(C:\Temp\Data) は、Data を返します。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.