Green icon with outlined shape.

バッファツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

バッファツールは、任意のポリゴンまたはポリラインの空間オブジェクトを取得し、ユーザーが指定した値で範囲を拡張または縮小します。

バッファ ツールの動作を示す画像

この画像は、1マイルの正のバッファと-1 マイルの負のバッファを示しています。

ツールを設定する

バッファリングする空間オブジェクトを含む空間フィールドを指定します。

含める出力: ユーザーは、元の空間オブジェクトを出力ストリームに含めるかどうかを選択できます。デフォルトがチェックされていないため、オブジェクトが含まれません。

バッファーサイズの 1% に一般化: 既定で選択されます。これにより、バッファリングされたオブジェクトのノード数を削減することで速度を最適化します。

BufferSizeパラメータを設定します。

  • 特定の値 : ユーザーは数値を入力でき、すべてのレコードがこのサイズにバッファリングされます。
  • 出身フィールド: ユーザーは接続ストリーム内の数値フィールドを選択でき、各レコードはそのフィールドの値によってバッファリングされます。
  • 単位:ユーザーは、マイルまたはキロメートルの単位でオブジェクトをバッファリングすることを選択することができます
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.