Visual Layout tool

ビジュアルレイアウトツール

Version:
Current
Last modified: March 19, 2020

これは ラボラトリールールで、製造使用のためのものではありません。これは既知の問題で提示されており、機能が完成しておらず、仕様が変更されることがあります。

ビジュアルレイアウトツールは、レポート要素をまとめてページに配置し、レンダリングツールを使用してレポートに出力できるようにします。[視覚レイアウト]ツールは、グループ分けされていない要素のみをサポートします。グループ化された要素を配置するには、「レイアウト ツール」を参照してください。 

[視覚レイアウト]ツールを使用して、レポートタイプを選択し、ページにレポート要素を配列し、レポートの外観を視覚化します。  ビジュアルレイアウトツールは、複数の入力を受け入れ、レポート要素のプレビューを提供し、複数の出力タイプとページサイズを提供し、水平レイアウトと垂直レイアウトの両方を可能にします。

レポーティングツールをワークフローに追加して、グラフ、画像、凡例、マップ、テーブル、テキスト要素を作成し、視覚レイアウトツールに接続します。ワークフローの視覚レイアウトツールの後に、ヘッダー、フッター、Eメール、およびレンダリングツールを配置します。視覚レイアウトツールを設定する前に、ワークフローを実行します。

ビジュアル レイアウト ツールは、オーバーレイ ツールレイアウト ツール要素をサポートしていません。

ツール設定

  1. ワークフローを実行して、視覚レイアウトツールのレポーティング要素を作成します。
  2. [レイアウトの管理]をクリックして、[ビジュアル レイアウト] 構成ウィンドウを開きます。
  3. レポートの種類またはページの設定を変更するには、[ページ設定]を選択します。設定のデフォルトは.pdf、0.5インチのマージン、および縦向きです。ページ設定を視覚的に変更すると、最終出力を表わすページが調整されます。視覚レイアウトツールに自動的に接続されている場合は、ページ設定オプションがレンダリングツールのデフォルト出力モードとして表示されます。

    レポートの種類
    • コンポーザー(.pcxml)
      Composer ファイルには、ワークフローをギャラリーに保存するときにレポートの種類を選択するオプションがあります。
    • メール
    • Excel(.xlsx)
    • HTML(.html)
    • MHTML(.mht)
    • PDF(.pdf)
    • PNG(.png)
    • PowerPoint(.pptx)
    • RTF(.rtf)
    • Word(.docx)

      レンダーツールの更新
      ビジュアルレイアウトツールでレポートの種類とページの設定を更新しても、レンダリングツールは自動的に更新されません。レンダー ツールで直接変更を行うか、レンダー ツールを削除して新しい変更を追加します。
  4. 要素タイプのリストで、ドロップダウン矢印をクリックして使用可能な要素を表示します。要素の上にマウスをホバリングすると、プレビューが表示されます。要素名には接続名が含まれているため、接続名が変更された場合や接続が削除された場合、要素は不足として表示されます。
  5. リストから要素をドラッグし、レポート ページにドロップします。
  6. リストから別の要素をドラッグし、ページ上の既存の要素の近くに移動して、ドロップ ゾーンにドロップします。要素は、別の要素との相対的な位置に配列する必要があります。

    書式設定オプション
    • ページから要素を削除するには、要素にカーソルを合わせてゴミ箱アイコンをクリックします。
    • ページ上の要素を再配置するには、要素にカーソルを合わせると等アイコンをクリックし、要素を別のドロップ ゾーンにドラッグします。すべてのドロップ ゾーンを表示するには、[要素の境界を表示]を選択します。
    • 境界内の要素を移動するには、その要素をクリックしてドラッグします。[要素の境界を表示]が選択されている場合、要素をページ上で移動することはできません。

      ExcelおよびEメールのレポートタイプがレンダリングされたとき、移動した要素の間隔は正確に表示されません。
       
    • 要素のサイズを変更するには、要素にカーソルを合わせるとサイズ変更ハンドルをクリックし、左右にドラッグします。

      チャート、画像、またはマップ要素の境界の右下隅にサイズ変更ハンドルがあり、アスペクト比を維持しながら要素のサイズを変更できることを示します。テーブルまたはテキスト要素の境界の右側にサイズ変更ハンドルがあり、要素の幅を変更できることを示します。
       
  7. レポート要素のレイアウトは自動的に保存されます。視覚レイアウトウィンドウを閉じてワークフローに戻ります。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.