インサイトツール

Version:
Current
Last modified: December 27, 2019

インサイトツールにより、インタラクティブなダッシュボードを作成し、データに関するより深い洞察が得られます。複数のグラフおよびテキストをダッシュボードに作成およびアレンジしたり、特定のデータを閲覧するためのフィルタを作成したり、表示されているデータの詳細レベルの変更を可能にするドリルダウンを作成できます。データ閲覧のためのフィルタおよびドリルダウンの使用時には、インサイトでの関連する全てのグラフが動的に更新されます。他のユーザーが閲覧できるようにインサイトを Gallery に公開することができます。

ツール設定

ツールを設定する

ワークフローを実行して、データをインサイトツールに読み込み、インサイトの設定をクリックして設定ウィンドウを開きます。インサイトには、1つ以上のグラフおよびテキスト要素、フィルタ、ドリルダウンを含めることができます。

 

  1. ワークフローを実行します。
  2. インサイトの設定をクリックします。
  3. グラフまたはテキスト要素をドラッグしてページにドロップします。
    • グラフの作成

      1. グラフ要素の上にマウスを合わせて編集をクリックします。
      2. [レイヤーの作成] の下にある [レイヤーの追加] をクリックします。
      3. レイヤーの名前を入力します。
      4. グラフの [タイプ] を選択します。
        • グラフの種類: 
          • :データの経時変化の関係を表示します。
          • :カテゴリデータを値に比例した高さまたは長さの長方形のバーで表示します。
          • 箱ひげ:四分位範囲で分配された数値データのグループを表示します。
          • ローソク足:特定期間の金融資産の価格変動を表示します。
          • ヒートマップ:データ値が色で表されているマップを表示します。
          • 折れ線:直線セグメントで結ばれた一連のデータポイントとして情報を表示します。
          • 散布図:2つの数値データセット間の相関関係を示す値を表示します。
          • :データを扇型に分割して円として表示し、数値比率を表します。
      5. X軸とY軸の値として使用する列を選択します。
        サマリーデータからドリルダウンしてデータに関するさまざまな詳細を表示できるインタラクティブチャートを作成するには、X軸またはY軸にドリルダウンを使用します。
        •  
          1. [作成] > [ドリルダウンの作成]の下にある [ドリルダウンの作成]をクリックします。
          2. ドリルダウンの名前を入力します。
          3. ドリルダウンに含めるフィールドを選択します。
          4. [レイヤーの作成] の下にある [レイヤーの追加] をクリックします。
          5. X軸またはY軸の値として使用するドリルダウンを選択します。
        •   変換オプションは、面、棒、箱、折れ線、および散布図に使用できます。
      6. データの集計または計算では、フィールド関数を選択します。オプションには、合計、カウント、最小、最大、平均が含まれます。
      7. [スタイル]で、[既定のフォント]、[レイヤー]、[並べ替え]、[グラフ]、[軸]、[凡例]、および[注]をクリックして設定します。
        • スタイル オプション:
          • デフォルトフォント: グラフの既定のフォント、フォント サイズ、およびフォントの色を選択します。グラフのタイトル、軸のタイトルとラベル、凡例テキスト、および注釈のフォントを編集すると、既定のフォントが上書きされます。
          • レイヤー:色を選択して、凡例のレイヤーを表示し、カーソルがグラフのデータポイント上にある時の値を表示します。オプションの多くは選択したグラフのタイプによって異なります。
          • 並べ替え: フィールドを選択し、[昇順]または[降順]をクリックしてグラフ上のデータを並べ替えます。
          • グラフ:グラフのサイズ、背景色、余白とパディングを設定し、グラフのタイトルを追加します。
          • :各軸にタイトルを追加し、グリッドラインとラベルを表示します。軸のタイトルとラベルのフォントはカスタマイズできます。
          • 凡例:グラフの凡例を表示し、凡例ボックスのフォント、色、位置を選択します。凡例をクリックしてドラッグすると、グラフ上の新しい位置に移動させることができます。レイヤーを凡例に表示するには、[スタイル] >[レイヤー] でレイヤーを有効にする必要があります。
          • 注釈:グラフに注釈と矢印を追加します。注釈をクリックしてドラッグすると、グラフの新しい位置に移動します。

            グラフのタイトル、軸のタイトル、凡例テキスト、注釈はグラフを直接クリックして編集できます。URL を指定してテキストへのリンクを追加します。インタラクティブチャートウィンドウの上部にカーソルを乗せると、ズーム、パン、拡大、縮小、軸をリセット、軸のラインを表示、PNGとして保存するオプションが表示されます。

      8. [エディタを閉じる]をクリックしてグラフ エディタを閉じ、変更を保存します。
    •  

      1. 棒グラフは、カテゴリデータをそれぞれが表す値に比例した高さまたは長さの長方形の棒で垂直に表示します。積み上げ棒グラフは単純な棒グラフ内に詳細情報が表示され、データのサブグループが合計にどのように寄与しているかを確認できます。積み上げ棒グラフを作成するには:
        1. ワークフローを実行します。
        2. ツール設定ウィンドウで [グラフを設定する] をクリックします。
        3. [レイヤーの作成] の下にある [レイヤーの追加] をクリックします。
        4. 棒のグラフの種類を選択します。
        5. X軸とY軸の値として使用する列を選択します。
        6. [作成] > [変換] の下にある[分割]をクリックします。
        7. データを分割する列を選択します。
        8. [スタイル] > [レイヤー]で、バーモードから [スタック] を選択します。
    • グラフテンプレートの保存とインポート

      • グラフとすべての設定をテンプレートとして保存します。保存したテンプレートはインサイトツールまたはワークフロー内の別のインタラクティブチャートツールにインポートできます。
      • グラフをテンプレートとして保存するには:
        1. [作成] 下にある [テンプレート] をクリックします。
        2. テンプレートを入力します。
        3. [保存] をクリックします。
      • 保存したテンプレートをインポートするには:
        1. [作成] 下にある [テンプレート] をクリックします。
        2. インポートするテンプレート名をクリックします。
        3. [インポート] をクリックします。
    •  

      • テキスト要素をドラッグしてページにドロップします。
      • テキスト要素の上にカーソルを置き、テキストボックス内をクリックしてテキストを入力します。
      • テキストエディタを閉じるには、閉じるをクリックします。
  4. ページ上の要素を追加、編集、または削除します。
    •  

      • ページ上の要素を移動するには、要素の上でマウスをホバリングし、要素を別の場所にドラッグします。
      • 要素のサイズを変更するには、要素の上でマウスをホバリングし、サイズ変更ハンドルをクリックして、希望のサイズになるまでドラッグします。
      • ページから要素を削除するには、その要素の上にマウスをホバリングしてごみ箱アイコンをクリックします。
  5. 特定の基準を満たすデータを選択するためフィルタを追加します。
    •  

      • [フィルタ]をクリックし、[フィルタ]をクリックします。
      • を選択します。
      • フィルタに名前を入力します。
      • フィルタコントロールを選択します。オプションには、ドロップダウン、多色選択、および日付範囲が含まれます。
  6. [プレビュー]をクリックして、完成したインサイトを表示し、グラフ内のデータを操作します。ドリルダウンが追加された場合は、グラフの領域をクリックして次の詳細レベルにドリルダウンし、[リセット]をクリックしてデータの概要ビューに戻ることができます。
  7. Xをクリックしてインサイトウィンドウを閉じると、ワークフローに戻ります。

 

インサイトをGalleryに公開し、他の人が見ることができるようにコレクションで共有することができます。

インサイトを公開するためのベスト プラクティス:

  • Gallery でインサイトを表示する際に参照しやすいよう、インサイト名の一部にワークフローの名前を含めます。
  • Gallery に公開されるインサイトが容易に追跡できるように、ワークフロー内のインサイトツールで注釈を追加します。
  • インサイトを Gallery に公開してから、ワークフローをギャラリーに保存します。これにより、インサイトIDが作成され、インサイトとワークフローの間の関係が確立されます。この時点で、インサイトのデータを更新するようにワークフローを実行またはスケジュールできます。
  • ワークフローとインサイトの公開後、ワークフロー内のインサイトツールを変更して再度公開することで、Gallery 内の既存のインサイトが上書きされます。新しいインサイトを同じ Gallery に公開するには、ワークフロー内で新しいインサイトツールを設定する必要があります。

ギャラリーにインサイトを公開すると、インサイトは [インサイト]タブに保存されます。インサイトを公開するには:

インサイトを公開する

  1. グラフまたはテキスト要素を使ってインサイトを作成する。
  2. [ギャラリーの選択]をクリックします。
  3. Galleryの名前を選択して公開をクリックします。
  4. [インサイトの保存]で、インサイト名を入力し、[保存]をクリックします。
  5. ギャラリーにログインし、[インサイト]タブをクリックすると、公開されたインサイトが表示されます。
  6. データを表示して操作するには、インサイト名をクリックします。

コレクションに追加することで、ユーザーとインサイトを共有することができます。インサイトを共有するには:

洞察を共有する

  1. [コレクション]をクリックし、新しいコレクションを追加します。
  2. コレクション名をクリックします。
  3. [ユーザー]タブをクリックし、ユーザー名を入力し、コレクションを共有するユーザーを選択します。
  4. [インサイト]タブをクリックし、インサイト名を入力し、インサイトを選択してコレクションに追加します。

ユーザーは、コレクション内から他のユーザーと共有したインサイトを表示できますが、[インサイト]タブから共有したインサイトを表示する必要があります。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.