Gamma Regression Tool Icon

ガンマ回帰ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

ガンマ回帰ツールは、ターゲット変数に影響を及ぼすことが予想される1つまたは複数の変数(予測変数)に、ガンマ分布で厳密に正の関心のある変数(目標変数)を関連付けます。

多くのアプリケーションでは、ターゲット変数の値は常に厳密に正(つまり、決して0または負ではありません)ですが、観測値の低い範囲に集中する傾向がありますが、少数のケースでは大きな値を採用します。この性質のターゲット変数は、従来の線形回帰モデルの基礎となる正規性の仮定と一致しないデータ生成プロセスを表します。しかし、値は常に正であり、常に整数ではないので、ポアソン分布または負の二項分布に基づくプロセスに従いません。これらは、ガンマ分布に基づくプロセスと一致しており、線形回帰と同様の方法で一般化線形モデルフレームワーク を使用して推定することができます。

このツールでは、入力データが通常のAlteryxデータストリームからのものであれば、オープンソースのR glm関数がモデル推定に使用されます。入力がXDF 入力ツールまたはXDF 出力ツールから来る場合は、モデル推定に Revo ScaleR rxGlm 関数が使用されます。Revo ScaleRベースの機能を使用する利点は、より大きな(メモリ不足の)データセットを分析できることですが、XDFファイルを作成するための追加のオーバーヘッドを犠牲にし、オープンソースのR関数で利用可能なモデル診断出力の一部を作成できません。

このツールはRツールを使用します。[オプション] > [予測ツールのダウンロード]に移動し、Alteryxのダウンロードとライセンスポータルにサインインして、R ツールで使用されるパッケージと R ツールをインストールします。 参照: 予測ツールのダウンロードとご使用

入力を接続する

1つ以上の可能なプレディクタフィールドとともに関心のあるターゲットフィールドを含むAlteryxデータストリームまたはXDFメタデータストリーム。

ツール設定

[構成] タブを使用して、ガンマ回帰のコントロールを設定します。

  • モデル名:後で識別できるように、各モデルに名前を指定する必要があります。モデル名は文字で始まり、文字、数字、および特殊文字ピリオド( ".")とアンダースコア( "_")を含む必要があります。その他の特殊文字は使用できず、Rは大文字と小文字を区別します。
  • ターゲット変数を選択:予測したいデータストリームからフィールドを選択します。
  • 予測変数を選択:ターゲット変数の値が "原因" であると考えられるデータストリームのフィールドを選択します。
    サロゲート主キーやナチュラル主キーなどの固有識別子を含む列は、統計分析で使用しないでください。これらの列は予測値がなく、ランタイム系例外を引き起こす可能性があります。
  • モデルタイプ:ログ、逆、および ID のオプションを含むドロップダウン ボックス。このオプションは、一般化された線形モデルを推定する際にガンマファミリーで使用されるリンク関数を決定します。
  • モデル推定でサンプリングウェイトを使用しますか?(オプション)...: チェック ボックスをクリックし、データ ストリームからウェイト フィールドを選択して、サンプリング ウェイトを使用するモデルを推定します。

グラフィック出力のコントロールを設定するには、[グラフィックスオプション] タブを使用します。

  • グラフの解像度: グラフの解像度を 1 インチあたりのドット数: 1x (96 dpi)、2x (192 dpi)、3x (288 dpi) で選択します。解像度を低くするとファイルサイズが小さくなり、モニタでの表示に最適です。解像度を高くするとファイルサイズが大きくなり、印刷品質は向上します。

出力を表示

  • Oアンカー: モデル名を持つシリアル化されたモデルのテーブルから成ります。
  • Rアンカー: ガンマ回帰ツールによって生成されるレポートスニペット (統計サマリー、逸脱のタイプ II 分析 (ANOD)、および基本的な診断プロット) から成ります。モデル入力がXDF出力またはXDF入力ツールからのものである場合、逸脱度のタイプII分析テーブルおよび基本診断プロットは生成されません。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.