空間関数

Version:
Current
Last modified: June 02, 2020

空間関数は、空間オブジェクトを構築し、空間データを分析し、空間フィールドからメトリックを返します。空間関数は空間データ型でのみ使用できます。

空間機能は、オープン GIS コンソーシアム株式会社と一致している。詳細-ERR:REF-NOT-FOUND-については、http://portal.opengeospatial.org/files/?artifact_id=829を参照してください。

式の空間オブジェクトは演算子を使用できます: プラス +;マイナス-;等しい = =;等しくない! =

ST_Area(オブジェクト、単位):空間オブジェクトの面積を指定された単位で返します。(数値データ値)

ST_境界(オブジェクト): 空間オブジェクトの境界を返します。(入力ポリゴンの境界を示すポリライン空間オブジェクト)

ST_BoundingRectangle(オブジェクト、...): 空間オブジェクトの境界長方形を返します。(ポリゴン空間オブジェクト)

Thumbnail

ST_セントロイド(オブジェクト): 空間オブジェクトの高等部を返します。(ポイント空間オブジェクト)

ST_CentroidX(オブジェクト): 空間オブジェクトの重心の経度を返します (数値データ値)

ST_CentroidY(オブジェクト): 空間オブジェクトの高分子の緯度を返します(数値データ値)

ST_Combine(オブジェクト1、オブジェクト2,...): 空間オブジェクトを結合します。(空間オブジェクト)

Thumbnail

ST_Contains(object1,object2): オブジェクト1にオブジェクト2が含まれている場合は True を返します。(ブール値)

ST_ConvexHull(object1,...): オブジェクトの凸ハルを返します。(空間オブジェクト)

Thumbnail

ST_CreateLine(point1,point2...): 指定したポイントとラインをシーケンス内で接続してラインを作成します。(空間オブジェクト)

ST_CreatePoint(x,y): 指定した経度と緯度の座標を含む空間オブジェクトを返します。(空間オブジェクト)

ST_CreatePolygon(obj1、obj2...): 指定したポイントとラインをシーケンス内で接続してポリゴンを作成します。(空間オブジェクト)

ST_Cut(オブジェクト 1,object2): オブジェクト 2 からオブジェクト 1 を切り取った結果を返します。(空間オブジェクト)

Thumbnail

ST_Dimension(オブジェクト): 空間オブジェクトの寸法を返します。空間ディメンジョンは、空間オブジェクトを構成するすべてのポイントを指定するために必要な座標の最小数です。Point オブジェクトは値0を返し、Line オブジェクトは値1を返し、ポリゴンオブジェクトは値2を返します。(数値データ値)

ST_Distance(オブジェクト 1, オブジェクト 2, 単位):オブジェクト 1 からオブジェクト 2 までの距離を指定された単位で返します。サポートされている単位はマイル (Mi)、キロメートル (km)、m、フィートです。(数値データ値)

ST_EndPoint(オブジェクト): 空間オブジェクトの最後のポイントを返します。(ポイント空間オブジェクト)

ST_Intersection(オブジェクト1、オブジェクト2,...): 指定した空間オブジェクトの交点を返します。(空間オブジェクト)

ST_Intersects(object1,object2...): 空間オブジェクトが交差する場合は True を返します。(ブール値)

ST_InverseIntersection(object1, object2...): 指定した空間オブジェクトの逆交点を返します。(空間オブジェクト)

ST_Length(オブジェクト、単位):空間オブジェクトの長さを指定された単位で返します。(数値データ値)

ST_MD5(オブジェクト):空間オブジェクトの MD5 ハッシュを計算します。

ST_MaxX(オブジェクト): 空間オブジェクトの最大経度を返します。(数値データ値)

ST_MaxY(オブジェクト): 空間オブジェクトの最大緯度を返します。(数値データ値)

ST_MinX(オブジェクト): 空間オブジェクトの最小経度を返します。(数値データ値)

ST_MinY(オブジェクト): 空間オブジェクトの最小緯度を返します。(数値データ値)

ST_NumParts(オブジェクト): 空間オブジェクト内のパーツの数を返します。(数値データ値)

ST_NumPoints(オブジェクト): 空間オブジェクト内のポイント数を返します。(数値データ値)

ST_ObjectType(オブジェクト): 空間オブジェクト型を文字列値として返します。(文字列データ値)

ST_PointN(オブジェクト、n): 空間オブジェクトの N 番目のポイントを返します。(ポイント空間オブジェクト)

ST_RandomPoint(オブジェクト): 空間オブジェクト内のランダムなポイントを返します。(ポイント空間オブジェクト)

ST_Relate(object1,object2,リレーション): オブジェクトが提供された DE-9IM リレーションを満たす場合は True を返します。(ブール値)

ST_StartPoint(オブジェクト): 空間オブジェクトの最初のポイントを返します。(空間オブジェクト)

ST_Touches(オブジェクト 1, オブジェクト 2): オブジェクト 1 がオブジェクト 2 に触れた場合に True を返します。(ブール値)

ST_TouchesOrIntersects(オブジェクト 1, オブジェクト 2): オブジェクト 1 が object2 に接または交差する場合に True を返します。(ブール値)

ST_Within (オブジェクト 1, オブジェクト 2):オブジェクト 1 がオブジェクト 2 に含まれている場合は True を返します。(ブール値)

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.