Microsoft Azure ML Training Tool Icon

マイクロソフト Azure ML トレーニング ツール

Version:
Current
Last modified: March 20, 2020

これはベータ版のツールです。このツールをスケジュールしたり、運用環境で使用したりしないでください。

Azure 機械学習トレーニングツールを使用して、Alteryx ワークフローから Azure 自動機械学習サービスにデータを直接送信します。Azure Machine Learning トレーニングツールは、自動機械学習 (ML) の実験プロセスを開始して、最も優れたパフォーマンスの機械学習モデルをトレーニングして特定します。

このツールを使用するには、Microsoft Azure アカウントにサインアップします。

詳細については、Microsoft Azure の機械学習に関するドキュメントを参照してください。

    ギャラリーツール

    このツールは、Designer と共に自動的にはインストールされません。このツールを使用するには、Alteryx Analytics Galleryからダウンロードしてください。

    ツール設定

    実験のセットアップ

    • [実験名]: 実行する実験の名前を入力します。実験名は文字で始まる必要があり、スペースや特殊文字を含めることはできません。同じ実験名を持つ個々の実行はすべて同じ実験として保存されることに注意してください。
    • ターゲット変数: データストリームからターゲット変数を選択します- これはあなたが予測したいものです。
    • 実験タイプ: ターゲット変数に応じて、分類または回帰を選択します。Azure の機械学習の一部である自動機械学習 (自動 ML) は、実験の種類ごとに複数のアルゴリズムを試します。
      • コンピューティング構成: コンピューティング構成を選択します。この構成は、実験の実行に使用されるリソースに影響します。
      • コンピューティング名: リモート コンピューティング ターゲットの名前。まだ存在しない場合は、新しいコンピューティングが作成されます。
      • CPU または GPU: 実験を実行するプロセッサの種類を選択します。
      • 最小ノード: 実験を実行するノードの最小数を指定します。
      • 最大ノード数 : 実験を実行するノードの最大数を指定します。
      • 反復あたりのコア数の上限: 実験で使用するコアの最大数。
      • 反復あたりの最大時間: 各反復が終了するまでに実行できる最大時間 (分単位)。
      • 最大実験の実行時間: 終了するまでに実験を実行できる最大時間 (分単位)。
    • 詳細オプション:
      • 反復回数: 実験中にテストするアルゴリズムとパラメーターの組み合わせの合計数。
      • クロス検証の数: モデルで実行されたクロス検証の数。
      • 最大同時実行反復数 : 同時に実行される最大反復回数。これは、Compute 構成で指定したコア数より小さい値に設定する必要があります。

    Azure 資格情報

    Azure 資格情報の識別の詳細については、「Azure: Azure でのリソース アクセス管理」を参照してください。

    • サブスクリプション ID: Azure サブスクリプション ID を入力します。
    • リソース グループ: Azure リソース グループを入力します。リソース グループが存在しない場合は、新しいリソース グループが作成されます。
    • ワークスペース名: Azure ワークスペースを入力します。ワークスペースが存在しない場合は、新しいワークスペースが作成されます。

    マイクロソフトの Azure リソース

     

    Was This Helpful?

    Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.