White icon with an arrow pointing to a gear.

マクロ入力(In-DB)ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

[マクロ入力(In-DB)]ツールは、マクロにIn-DB入力接続を作成し、プレースホルダ値を追加します。

入力アンカーは、マクロワークフローで使用される各[マクロ入力(In-DB)]ツールのキャンバスに持ち込まれる順序(左から右、または上から下)で、マクロツールに表示されます。入力アンカーは、ツリー ビューからインターフェイス デザイナー ウィンドウで並べ替えることができます。

インデータベースは、データベースからデータを移動することなく大きなデータセットに対してブレンディングと分析を可能にし、従来の分析メソッドに比べて大幅なパフォーマンス向上を実現します。データベース内ツールカテゴリの詳細については、「データベース内の概要」を参照してください。

ツール設定

  1. テンプレート入力を指定します (標準ワークフローとしてテスト用)。 テンプレート入力は、マクロワークフローを機能するワークフローにし、マクロツールのエンドユーザーのフィールド要件を決定します。
    • [接続名]: 接続先のデータベースを指定します。クリックして、作成する接続の種類を選択します。
      • [接続の管理]: クリックすると、既に設定されている接続を編集したり、新しい接続を作成したりできます。「DB内接続の管理」を参照してください。
      • [ファイル接続を開く]: クリックしてファイルを参照します。
    • [テーブルまたはクエリ]: 接続が構成されると、選択したテーブルの名前がデータベースに表示されます。[クエリ ビルダー]をクリックして、[テーブルの選択] または [クエリ ウィンドウの指定]でテーブルを簡単に選択し、クエリを作成します。

    DB システム内接続を作成するには、管理者特権が必要です。

  2. 入力名: 入力名は、マクロ ツールを構成するときにエンド ユーザーに表示されます。
  3. アンカー省略形: このオプションパラメータは、マクロ ツールの入力アンカーに省略形を表示します。
  4. フィールド マップの表示: このオプションをオンにして、マクロ ツールをワークフローに追加すると、エンド ユーザーは、選択したテンプレート入力と一致するフィールドを選択するように求められます。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.