Gray Icon with Marketo logo + gear inside

Marketo付加ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

Marketo付加ツールは、指定した着信データストリームを使用して、Marketoインスタンスから対応するレコードを取得します。Append ツールを使用すると、電子メールアドレスの一覧や既に作業しているその他のデータがあり、Marketo からの追加情報を使用してそのデータに参加したい場合や、Marketo インスタンスに既に存在しているかどうかを確認する場合に役立ちます。

ツール設定

Marketo資格情報

URL: レコードを取得する Marketo REST インスタンス。この情報はMarketo(管理 > 統合 > ウェブサービス > REST API)にあります。

クライアント id: API ロールユーザーのクライアント id。この情報はMarketo(管理 > 統合 > LaunchPoint)にあります。

クライアントシークレット: API ロールユーザーのクライアントシークレット。この情報はMarketo(管理 > 統合 > LaunchPoint)にあります。

Marketo rest API にアクセスするための web サービスとユーザーロールの設定の詳細については、Marketo rest ドキュメントサイトを参照してください。

オプション

入力されたフィールド

このドロップダウンでは、ツールの入力として使用したフィールドのリストが表示されます。Marketoはこのフィールドを使用して、Marketoインスタンスのこのフィールド値を持つリードレコードを検索します。

入力されたフィールドタイプ

着信フィールドがどのタイプのレコードか(Eメール、SFDC IDなど)。

出力フィールド

Marketoデータベースから取得したいフィールド。これらのフィールドおよびツールに渡されたフィールドは、出力データストリームに返されます。

選択した出力フィールドが受信データストリームにも含まれている場合、Marketo からの出力フィールドは、末尾に2を指定して名前が変更されます。

データに関する検討事項

認証の失敗などのエラーメッセージ が設定ウィンドウに表示されます。欠落した構成選択などのエラーメッセージは、ワークフローのツール上に表示されます。

このツールは、300 レコード以下のバッチでレコードを送信し、各バッチは Marketo によって設定された 1 日の制限に向けて個別の API 呼び出しとしてカウントされます。

Marketo REST APIはアカウントを1日当たり10,000リクエストに制限し、REST APIへのリクエストはSOAP APIの日々の制限に対してカウントされません。

AlterxでMarketoのフィールド構造を維持してから、エラーを回避するためにMarketoに返信してください。Marketoコネクタは、フィールド名が有効である限り、Marketoに出力する前にデータを適切なデータ型に変換します。Marketoでフィールド名が見つからない場合、出力は失敗します。

DateTimeFields

Marketoのすべての日付は、UTCオフセットで保存されます。この形式は、正または負のオフセットを付加したローカル時刻で構成されます。たとえば、Marketo の日時値は次のようになりますが、Marketo に挿入された日付は UTC 時刻 (山の夏時間) より 6 時間早いタイムゾーンからのものです。

2012-02-28T14:00:00-06:00

Marketo からのデータの読み取り

Alteryx Artisansがこれらの日付時刻値で動作するのを容易にするために、AlteryxはMarketoから読み込んだ日付時刻値をマシンのローカル日時値に変換します。これにより、Artisansは現地時間で日付時刻の値を扱うことができます。たとえば、上の日付時刻値は、UTC時間よりも6時間早いと仮定して、Alteryxのワークフローまたはアプリケーションでは次のようになります。

2012/02/28 14:00:00

または、あなたがUTCより4時間だけ早い場合は、次のように返されます。

2012-02-28 16:00:00

Marketo への書き込み日

日付時刻値が挿入操作または更新操作のいずれかを使用してMarketoに書き戻されると、Alteryxは値をMarketoが予期する形式に戻します。これは、ローカルマシンのUTCオフセットを計算し、それを日付時刻値の末尾に追加することによって行われます。Alteryxは、上記の例に示すように、日付時刻値の日付と時刻の間に 'T' を入れます。

上記の例を使用して、次のように、日付時刻値が-6:00のタイムゾーンから書き込まれた場合:

2012-02-28T14:00:00-06:00

その後、UTCオフセットが-4:00時間のコンピュータからMarketo(未修正)に書き戻されると、Marketoに次のように書き戻されます。

2012-02-28T16:00:00-04:00

両方の時間は同一であり、時刻の同じ瞬間を表します。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.