Map Input Tool Icon

マップ入力ツール

Version:
Current
Last modified: May 01, 2020

[マップ入力]ツールでは、ワークフローの入力として使用する望ましいマップオブジェクトを描画または選択できます。 ユーザーは、参照ベースマップ(TomTomまたはDigitalGlobeなど)を表示しているマップから、ポイント、線、またはポリゴンを描画または選択できます。

参照ベース マップを既定値として設定し、[ユーザー設定]からマップ入力ツールの既定のマップ境界を設定することもできます。[オプション] > [ユーザー設定] > [ユーザー設定の編集] に移動し、[データセットの既定値]タブをクリックします。 

ツール設定

  1. モード:マップ入力ツールを構成するための 2 つのオプションのいずれかから選択します。 
    • 描画: ポイント、ライン、またはポリゴン (空間オブジェクト) をマップ上に直接描画します。任意で、空間オブジェクトを含む参照ファイルを表示することができます。空間オブジェクトはラベルで識別可能で、ラベルは空間オブジェクトデータとともにダウンストリームに渡されます。
      • マップ上をパンするか、またはズームイン/アウトスライダーを使用して、オブジェクトを配置するために必要な位置にマップを表示します。
      • マップ上に描画するオブジェクトのタイプ(ポイント、線、またはポリゴン)をクリックします。
      • 地図を直接クリックしてオブジェクトを配置します。
      • ポリゴンを閉じるにはダブルクリックするか、線の描画を完成します。
      • オブジェクトが描画されると、描かれたオブジェクトのラベルを指定するよう求められます。
      • マップをクリックしてオブジェクトの名前を変えるか、オブジェクトを変更または削除します。
    • 選択: 参照レイヤからポイントまたはポリゴンを選択します。選択したオブジェクトは、ワークフローの入力として使用されます。
      • 別個のオブジェクトを選択するか、境界ボックスを使用して、その中のすべてのポイント、線、ポリゴンを選択することができます。
      • Ctrl +クリックを押して別個で追加したオブジェクトを選択します。
  2. ベース マップ: マップ イメージ内に含める参照レイヤーのセットを指定するドロップダウン リスト。このリストには、現在インストールされているすべてのmapfile / layersetsが含まれています。
  3. 参照 yxdb: ファイル参照を使用して、マップ上に表示する空間オブジェクトを持つ yxdb を指定します。マップは自動的にこのレイヤの範囲にズームインします。選択されたモードに応じて、このレイヤーからオブジェクトを選択してツールを通過させたり、独自のオブジェクトを描画したりすることができます。
    マッピングされたドライブ上にある[マップ入力]ツールのファイルを閲覧すると、そのファイルは持続性レイヤーに存在できないため検出されません。この場合、ファイルはレンダリングできず、マップされていないファイルだけが使用できます。
  4. ラベルフィールド: 上記で指定した参照 yxdb からのフィールドのドロップダウン リスト。ユーザーはマップ上に表示するフィールドを選択できます。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.