MB Rules Tool

MBルールツール

Version:
Current
Last modified: June 05, 2020

MB ルールツールはトランザクションデータを受け取り、データを変換した後、-ERR:REF-NOT-FOUND- -ERR:REF-NOT-FOUND- Apriori またはエクラアルゴリズムを使用して Apriori アルゴリズムまたは頻繁なアイテムセットを使用して一連のアソシエーションルールを作成します。トランザクションデータとルール/アイテムセットの要約レポートが、ダウンストリームプロセスでさらに調査できるモデルオブジェクトとともに生成されます。 

ルールとアイテムセットは、割当ルールがグループ内のアイテム間の特定の因果関係を暗示するのに対し、アイテムセットがトランザクションで頻繁に同時発生するグループで構成されている点で異なります。割当ルールの場合、トランザクション内にアイテムのサブセット(左側のアイテムまたはLHS)が存在すると、トランザクションに他のアイテム(右側のアイテムまたはRHS)が含まれます。

このツールはRツールを使用します。[オプション] > [予測ツールのダウンロード] に移動し-ERR:REF-NOT-FOUND-、Alteryx のダウンロードとライセンスのポータルにサインインして、R と-ERR:REF-NOT-FOUND-R ツールで使用するパッケージをインストールします。参照: 予測ツールのダウンロードとご使用

ツール設定

入力データ構造

入力データの2つの異なる形式が可能です。第1の形式は、単一のアイテム識別子と、そのアイテムが含まれていたトランザクションの識別子(ユニークなアイテム - トランザクションペアのセット)を含むレコードからなります。2番目の形式は、トランザクションに含まれるアイテムの区切りリストを含むトランザクションごとに1つのレコードで構成されます。

  1. トランザクションキーを持つレコードごとに1つのアイテム: このオプションは、一意の品目トランザクションペアに対応します。このオプションでは、オプションを使用してデータ ストリームに 2 つのフィールドを指定する必要があります。
    • [トランザクションキー] フィールド: [トランザクション id] フィールドを含む整数または文字列指向のフィールドを選択します。
    • 項目識別子を含むフィールドを選択します: 項目識別子を含む整数または文字列指向のフィールド。
  2. 単一の (内部で区切られた) フィールド内のすべての項目を持つレコードごとに1つのトランザクション: このオプションは、トランザクションが1つのレコードに含まれている形式に対応します。この形式では、オプションを使用して、データ ストリームに 2 つのフィールドを指定する必要があります。
    • 区切られたトランザクション項目を持つフィールドを選択します: 区切られたトランザクション項目リストを含む文字列指向フィールド。
    • トランザクション内の項目を区切るために使用する区切り文字を指定します: コンマのような区切り文字。

使用する方法

アソシエーション ルールと頻繁なアイテムセットを検索するために最もよく使用される 2 つのアルゴリズム提供されます。

Apriori アルゴリズムでは、3 種類の頻繁なアイテムセット (頻繁に、最大頻繁に、およびクローズ頻度)、アソシエーション ルール、またはアソシエーション ハイパーエッジセットをレベルごとの検索を採用します。

Eclat アルゴリズムは、等価クラス クラスタリングに対して単純な交差演算とボトムアップ格子トラバーサルを使用して、3 種類の頻繁なアイテムセットを見つけます。使用する方法を選択する以外に、検索対象 (アイテムセット、ルール、ハイパーエッジセットなど) を指定する必要があります。オプションは..

  1. Apriori: このオプションは、Apriori アルゴリズムを選択します。この方法では、頻繁にアイテムセット、最大に頻繁にアイテムセット、クローズされた頻繁なアイテムセット、アソシエーション ルール (既定)、またはアソシエーション ハイパーエッジセットを検索できます。
  2. エクラ: このオプションは、アイテムセットを検索するためのエクラアルゴリズムを選択します。頻繁にアイテムセット、最大頻度のアイテムセット、またはクローズした頻繁なアイテムセットを検索するかどうかを指定します。

コントロールパラメーター

コントロールパラメーターは、トランザクションデータから抽出された割当ルール、頻出アイテムセット、または割当ハイパーエッジセットの性質に影響を与えます。これらのパラメータは..

  1. ルールまたはアイテムセット内の項目の許容最小数: このパラメータは、返されるルールまたはアイテムセットに、少なくとも指定された数の項目を含めるように制限します。デフォルトでは、その値は1(最小値も)に設定されていますが、より大きな数値に設定できます。このパラメーターの自然な選択肢は1または2です。
  2. ルールまたはアイテムセットのサポートの最小必要レベル: サポートは、アイテムセットまたは関連付けルール内のアイテムを含むトランザクションの割合です。このパラメータのデフォルト値は 0.02 ですが、0.002 ~ 1 の間で設定できます。一般に、このパラメーターの値が小さいほど、ルールまたはアイテムセットの数が多くなります。場合によっては、返されるルールまたはアイテムセットの数がユーザーの使用可能なシステム メモリを使い果たす可能性があるため、小さすぎる値は使用しないでください。
  3. ルールまたはアイテムセットに対して最低限必要な信頼レベル (Apriori に対してのみ有効): 信頼とは、右辺の項目が含まれているトランザクションの中で、角形のアイテムが存在するトランザクションの割合です。言い換えれば、これはLHSがトランザクションにも含まれているときに、RHSアイテムがトランザクションに入る確率の測定値です。この測定値は、Aprioriアルゴリズムの場合にのみ適用されます。supportパラメーターの場合と同様に、このパラメーターの値が小さいほど、ルールまたはアイテムセットの数が多くなります。場合によっては、返されるルールまたはアイテムセットの数がユーザーの使用可能なシステム メモリを使い果たす可能性があるため、小さすぎる値は使用しないでください。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.