Message tool

メッセージツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

メッセージ ツールを使用すると、特定のプロセスに関するメッセージを[結果]ウィンドウに報告できます。

メッセージを送信するタイミング

メッセージが書き込まれ、「結果」ウィンドウに送信される時刻を選択します。

[メッセージ]ツールで行数を取得するには、このオプションを使用します。

出力が完了した後にメッセージを生成するには、このオプションを使用します。

  • 最初のレコードの前
    1. [メッセージ]ツールは、最初のレコードを入力接続に受け取ります。
    2. [メッセージ]ツールはメッセージを書き込みます。
    3. [メッセージ]ツールはレコードを出力接続に渡します。
  • 式がTrueとなる行の前

    式が真でも偽でも、すべてのレコードが通過します。

    1. [メッセージ]ツールは、入力接続へのレコードを受け取ります。
    2. [メッセージ]ツールは、指定された式を評価します。これは、そのレコードのフィールドに依存する場合があります。
      • 式が真と評価された場合、[メッセージ]ツールはそのレコードを出力接続に渡す前にメッセージを書き込みます。「式エディタ」を参照してください。
      • 式が偽と評価された場合、[メッセージ]ツールはメッセージを書き込みません。
  • 最後のレコードの後
    1. [メッセージ]ツールは、すべてのレコードを出力接続に渡します。
    2. [メッセージ]ツールはメッセージを書き込みます。
  • すべてのダウンストリームツールが完了した後
    1. すべてのダウンストリームのツールは、渡されたレコードの処理を終了しました。
    2. [メッセージ]ツールはメッセージを書き込みます。

メッセージの種類を設定する

メッセージの種類: ツールが書き込むメッセージの種類を選択します。詳細については、「結果」ウィンドウを参照してください。

メッセージの優先順位を設定する

メッセージの優先順位: マクロ内で使用する場合のツールの動作を決定します。

  • 標準: メッセージは、次の場合にのみ書き込まれます。

    • [メッセージ]ツールは実行中のワークフローに含まれています。
    • 「すべてのマクロメッセージを表示」にチェックマークが入っています。  実行中のワークフローに含まれるマクロ内にメッセージ ツールがある場合、メッセージ ツールは書き込まれません。
  • Medium: このメッセージは、ワークフロー内のマクロ内で OR を実行しているワークフローにツールが含まれている場合にのみ書き込まれます。 したがって、マクロ内で最大1レベル深い場合は出力されます。

  • : メッセージが含まれているマクロのレベルに関係なく、メッセージは常に書き込まれます。 変換エラーとエラーメッセージタイプは常に高優先度です。

[一時的]: このチェックボックスをオンにすると、同じツールによって発行された既存のメッセージが置き換えられます。 これは、処理された行数のレポーティングなど、ツールの進捗状況を報告するメッセージに役立ちます。

メッセージ式

表示するメッセージを入力します。このメッセージは、固定テキストまたはデータ フィールドから作成できます。

"年齢:" + [年齢フィールド] + "許容範囲外です。

このツールには式エディターが含まれているため、このツールをアプリまたはマクロワークフローで使用すると、追加の入力アンカーが表示されます。インターフェースツールを使用して質問アンカーに接続します。「インターフェイス ツール」を参照してください。

[_RecordNumber_] 変数

  • 最初のレコードの前: [_レコード番号_] は常に 1 になります。
  • 式が True の行の前: [_RecordNumber_] は、計算される式の行番号と等しくなります。 
  • [最後のレコードとすべてのダウン ストリーム ツールが完了した後: [_RecordNumber_] は、ツールを通過したレコードの総数と等しくなります。

    : "テキストによって生成されるレコードの量から列へ: " + TOSTRING([_レコード番号_])

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.