OneDrive Output Tool Icon

OneDrive の出力ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

Microsoft OneDrive 出力ツールを使用して、デザイナから OneDrive にデータを書き込みます。

認証の構成と既知の制限については、「Microsoft OneDrive」を参照してください。マイクロソフト OneDrive の詳細については、マイクロソフトOneDrive のドキュメントサイトを参照してください。

このツールは、Designerに追加します。このツールを使用するには、Alteryx Analytics Galleryからダウンロードしてください。

OneDrive にログイン

個人アカウントまたはビジネスアカウントの種類で OneDrive にログインできます。

OneDrive パーソナルにログインする

  1. [アカウントの種類]で、[OneDrive 個人用]を選択します。
  2. [クライアント ID] に、アプリケーションキーを入力します。マイクロソフトワンドライブを参照してください。 以下に: 認証の構成と既知の制限について説明します。
  3. [ログイン] をクリックします。

ビジネス向け OneDrive にログインする

  1. [アカウントタイプ]で、[OneDrive ビジネス]を選択します。
  2. [クライアント ID] に、アプリケーションキーを入力します。マイクロソフトワンドライブを参照してください。 以下に: 認証の構成と既知の制限について説明します。
  3. シークレットキーを入力します。
  4. [ログイン] をクリックします。

ツール設定

  1. [出力設定]で、[選択]をクリックして OneDrive インスタンスからファイルを選択します。
  2. [選択]ボタンをクリックすると、OneDrive インスタンスのファイル システム データを含むファイル ピッカーが表示されます。ディレクトリを展開して、それぞれのファイルとディレクトリを表示します。
  3. ファイルピッカーで新しいファイル選択が行われると、選択したファイルボックスに選択したファイルへのパスが表示されます。このボックスに表示される選択は、手動で編集することはできず、ファイルピッカーを使用して編集する必要があります。
  4. ファイル形式を選択します:アブロ、CSV、または JSON.
  5. [既存のファイル動作]で、OneDrive に既に存在するファイル パスにアップロードするときに実行するアクションを選択します。
    • 上書き: 上書きオプションは、既存のファイルを削除し、新しいファイルの内容を書き込む
    • 名前の変更: [名前の変更] オプションを選択すると、ファイル名の末尾に一意の番号が付加されます。
    • 中止: [中止] を選択すると、同じ名前の別のファイルがある場合、ファイルはアップロードされません。
  6. [適用] を選択して構成を保存します。これは、保存 他のコネクタの機能は、実際のワークフローを保存しません。構成を適用すると、現在のワークフローで構成を使用できるようになります。キャンバスをクリックして構成を保存します。
  7. ワークフローを実行します。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.