Pearson Correlation Tool Icon

ピアソン相関ツール

バージョン:
Current
Last modified: September 25, 2020

ピアソン相関ツールを使用して、2つの変数間の相関を測定します。

[ピアソン相関]ツールは、2つの変数XとYの相関線形依存)を測定するために(積率相関係数(PMCCと呼ばれることがあり、通常rで示される)を使用し、+1と-1の間の値を与えます。 これは、2つの変数間の線形依存の強さの測定として科学で広く使用されています。

相関 (しばしば相関係数、ρとして測定される) は、2つのランダム変数間の線形関係の強度および方向を示します。 相関値の範囲は、-1.00 (完全な負の相関) から +1.00 (完全正の相関) です。 ゼロは相関が全くないことを示します。

相関係数は、2つの変数の共分散をそれらの標準偏差の積で割ることによって得られます。

ツール設定

  1. 選択した変数の相関を生成する : 入力ストリームから 2 つ以上のフィールド (列) を選択して、相関を実行します。 フィールドは数値でなければなりません。 代理プライマリ キーや自然プライマリ キーなどの一意の識別子を含む列は、統計分析では使用しないでください。 これらの列は予測値がなく、ランタイム系例外を引き起こす可能性があります。
  2. 実行する計算のタイプを指定します。
    • 相関の計算: ピアソン相関を測定します。
    • 共分散の計算: 異なるフィールド間の共分散を測定します。 共分散のタイプは「サンプル共分散」であり、Excel統計式「共変量」と同じです。

[ピアソン相関係数]ツールでは、非Null値を期待します。 データに NULL がある場合は、 最初に置換ツール を使用して NULL を置き換えることをお勧めします。

*http://en.wikipedia.org/wiki/Pearson_product-moment_correlation_coefficient

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.