Plot of Means Tool Icon

平均プロットツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

平均プロットツールは、カテゴリフィールドとともに応答フィールドとして数値またはバイナリカテゴリフィールド(ゼロ値と1値のセットに変換されたバイナリカテゴリフィールド付き)を取得し、カテゴリフィールドの各カテゴリ(レベル)に対する応答フィールドの平均をプロットします。さらに、標準誤差、標準偏差、または各平均の信頼間隔に基づく誤差バーをプロット上に配置することができます。このツールは、予測モデルを作成する過程において、数値またはバイナリターゲットフィールドにあり得るカテゴリの予測フィールドの効果を視覚化するための優れた選択肢です。

このツールはRツールを使用します。オプション > 予測ツールのダウンロードに移動し、Alteryx ダウンロードとライセンスポータルにサインインして、R ツールで使用されるパッケージと R ツールをインストールします。参照: 予測ツールのダウンロードとご使用

ツール設定

  • 応答フィールド:平均値が計算される数値またはバイナリカテゴリ フィールド。
  • 応答フィールドはバイナリカテゴリです...応答フィールドがバイナリカテゴリであることを示すチェック ボックス。このチェックボックスをオンにすると、1つの値 ("target") に対応するフィールド値を指定するように求められ、値が0の他のフィールド値を持つエントリが表示されます。
  • カテゴリ フィールドを選択して、次の方法でグループ化します。各レベルのカテゴリフィールドは、応答フィールド平均に対応します。カテゴリフィールドのレベルがデータストリーム内の1つのレコードのみで構成される場合、プロット上のエラーバーは表示されず、ユーザーに警告メッセージが発行されます。
  • エラー バー:標準誤差、標準偏差、信頼区間、またはなしのいずれかを選択します。
    信頼区間が選択されている場合は、信頼水準(%)を設定し、信頼区間バンド(例えば、95%信頼区間)を使用して、「信頼区間」が誤差範囲の選択である場合に使用します。
    [なし] が選択されている場合、エラーバーは抑制されます。

グラフィック出力のコントロールを設定するには、[グラフィックスオプション] タブを使用します。

  • プロットサイズ:グラフのサイズに対してインチまたはセンチメートルを選択します。
  • グラフの解像度: グラフの解像度を 1 インチあたりのドット数: 1x (96 dpi)、2x (192 dpi)、3x (288 dpi) で選択します。解像度を低くするとファイルサイズが小さくなり、モニタでの表示に最適です。解像度を高くするとファイルサイズが大きくなり、印刷品質は向上します。
  • 基本フォント サイズ (ポイント):グラフ内のフォントのサイズを選択します。

出力を表示

このツールは、カスタムレポートの作成を支援するために使用できる R グラフオブジェクトを出力します。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.