Scatterplot Tool Icon

散布図ツール

バージョン:
Current
Last modified: September 25, 2020

散布図ツールを使用して、余白に箱ひげ図を含めるオプション、線形回帰直線、非パラメトリック回帰による滑らかな曲線、平滑化された条件付きスプレッド、外れ値の識別、回帰直線を含むオプションを使用して、高度な散布図を作成します。

滑らかな曲線は、特にデータに多くの観測や高い分散がある場合に、従来の散布図に対する2つの変数の関係の性質をより容易に見るのに役立ちます。

このツールはRツールを使用します。 [オプション] > [予測ツールのダウンロード] に移動し、Alteryx のダウンロードとライセンスのポータルにサインインして、R とR ツールで使用されるパッケージをインストールします。 参照: 予測ツールのダウンロードとご利用

ツール設定

構成タブ

[ 環境設定 ]タブを使用して、散布図の必須コントロールを設定します。

  • X (水平) フィールド: プロットの横軸で使用するフィールド (列) です。 選択肢は数値フィールドに限られます。
  • Y (垂直) フィールド : プロットの垂直軸で使用するフィールド (列)。 数値フィールドまたはバイナリカテゴリフィールドのいずれかを使用できます。 2 進カテゴリ フィールドを選択すると、新しいフィールド (元のフィールド名にサフィックス ".num" が付加された) が作成され、数値が 0 または 1 になります。 3 つ以上の値を持つカテゴリ変数が選択されている場合、ノードはエラーを返します。
  • Y フィールドはバイナリカテゴリ変数: Y フィールドがバイナリカテゴリ変数であることを示すチェックボックスです。 オンにすると、1 の値に対応するフィールド値 (「ターゲット」) を指定するように求められます。

[プロット要素]タブ

[ プロット要素 ]タブを使用して、データの印刷方法のルールを設定します。

  • 最小二乗(回帰)線: X と Y のフィールドの間の単純な線形回帰線を表示します。 デフォルトで含まれています。
  • 平滑線: loess (非パラメトリックローカル回帰) モデルを使用して作成された X と Y の間の非線形線を表示します。 デフォルトで含まれています。
  • 平滑スパン: ローブ推定値の構築に使用するローカル領域のサイズを制御するパラメータ。 数字が小さいほど、使用される面積は小さくなります。
  • スプレッドを表示: 元のローブラインからの根平均平方正残差と負の残差の両方に対するローブモデルの結果を示す2つの曲線で、エラーの条件付きスプレッドと非対称性を表示します。 デフォルトで含まれています。
  • 周辺箱ひげ図: X と Y フィールドの 1 変量箱ひげ図をそれぞれのアクセスに沿って含めます。 これは、両方のフィールドの値の分散を評価する際に役立ち、デフォルトで含まれています。
  • ジッタ X: 選択すると、X 値はランダムに少しずつ摂動されます。 これは、X フィールド内のレコードの数が多い場合に、1 つまたは少数の値を使用する場合に便利です。 これはグラフ上の外観ポイントにのみ影響し、適合回帰線とローブ線には影響しません。
  • ジッタ Y: 選択すると、Y 値はランダムに少しずつ摂動されます。 これは、Y フィールドのレコード数が多い場合に、1 つまたは少数の値を使用する場合に便利です。 これはグラフ上の外観ポイントにのみ影響し、適合回帰線とローブ線には影響しません。
  • X 軸の対数: 選択すると、自然対数変換が X 値に適用されます。 これを行うと、特定の種類の非線形関係を調べる場合に便利です。
  • ログ Y 軸: 選択した場合、自然対数変換が Y 値に適用されます。 これを行うと、特定の種類の非線形関係を調べる場合に便利です。
  • グループ別プロット: このオプションを使用すると、X と Y フィールドの関係に対するカテゴリ フィールドの効果を調べることができ、その結果、X 値と Y 値のグループが作成されます。 グループは異なる色とプロット文字でプロットされます。 このオプションを選択すると、グループの作成に使用するカテゴリフィールド、(必要に応じて)各グループに対してプロットされた回帰曲線とローブ曲線、および異なるグループを識別する凡例の位置を指定するよう求められます。

[スタイル オプション]タブ

[スタイル オプション] タブを使用して、ラベルやスケールなどのグラフ コントロールを設定します。

  • X 軸ラベル (オプション): X (横軸) のオプションのラベル。 デフォルトでは、Xフィールド名の名前が使用されます。
  • Y 軸ラベル (オプション): Y (垂直) 軸のオプションラベル。 デフォルトでは、Yフィールド名の名前が使用されます。
  • ポイント サイズのスケール: 表示内のポイントのサイズをコントロールし、値を大きくするとポイント サイズが大きくなります。
  • 軸のテキストサイズのスケール: 各軸に沿った数値と目盛りのサイズをコントロールし、大きな値を設定するとテキストが大きくなります。
  • 軸ラベルテキストサイズスケール: 各軸に沿った軸ラベルのサイズをコントロールし、大きな値を設定するとテキストが大きくなります。
  • メイン タイトルのテキスト サイズのスケール: メイン タイトル テキストのサイズをコントロールし、大きな値を設定するとテキストが大きくなります。

[グラフィックス オプション] タブ

[グラフィックス オプション]タブを使用して、グラフィック出力のコントロールを設定します。

  • プロットサイズ: インチまたはセンチメートルを選択し、グラフのサイズの幅と高さを指定します。
  • グラフ解像度: 1x (96 dpi) 、2x (192 dpi)、または3x (288 dpi) の点/インチでグラフの解像度を選択します。 2x (192 dpi)
    • 解像度を低くするとファイルサイズが小さくなり、モニタでの表示に最適です。
    • 解像度を高くするとファイルサイズが大きくなり、印刷品質は向上します。
  • 基本フォントサイズ (ポイント): グラフ内のフォントのサイズを選択します。

出力の表示

カスタム レポートの作成に役立つ Alteryx R-Graph オブジェクトを出力します。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.