Blue circle with a white dot, a checkmark and another dot in a line.

セレクトツール

バージョン:
Current
Last modified: December 14, 2020

ツールごとに学習

セレクトには「ツールごとに学習」があります。サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

セレクトを使用して、ワークフローを通過するデータの列を含んだり、除外したり、並べ替えたりすることができます。列を除外すると、ワークフローを通過するデータが制限され、パフォーマンスが向上する可能性があります。セレクトツールを使用して、データ型やサイズの変更、列の名前変更、説明を追加することもできます。

セレクトツールの機能を持つその他のツールには、フィールド付加ツール最寄り地点検索ツール結合ツール複数結合ツールセレクトIn-DB ツール空間マッチツール などがあります。

ツール設定

テーブルを使用して、受信データストリームを変更します。テーブルの各行は、データ内の列を表します。テーブルの フィールド 列は、データ内の各列の名前を識別し、テキストをカットせずに列 (フィールド) 名に合わせてサイズを自動的に変更します (最大 40 文字)。

列の選択、選択解除、ソート、並べ替え

  • 列をデータに含めるには、列名の左側にあるチェックボックスを選択します。列を除外するには、チェックボックスの選択を解除します。
  • 列名に基づいてデータの列をソートするには、以下の手順に従います。
    • 列名をクリックすると、昇順でソートされます。
    • 列名をもう一度クリックすると、降順でソートされます。

並べ替え方法

Designer インスタンスの言語によっては、その言語固有の既定のソート順が使用される場合があります。既定の ソート方法 の詳細については、「ローカライゼーションユーザー設定」を参照してください。

  • データの列を並べ替えるには、以下を行います。
    • 行を選択して強調表示するか、選択したままドラッグして複数の行を強調表示します。
    • 上向き矢印 または 下向き矢印 を使用するか、右クリックしたままドラッグすることで行を新しい場所に移動します。

*Unknown 列は既定で選択されます。これは、データの新しい列を許可します。新しい列を配置する場所に列を移動します。

データ型とサイズの変更

列内のデータのサポートされている長さ (文字列型と固定小数点数値型の文字) または寸法 (他の数値型のバイト) を変更するには、サイズ を選択し、数値を入力します。サイズは データ型 によって異なり、固定小数点数値型およびすべての文字列型の場合はサイズを編集できます。

[データ型]: 強制 オプションを使用して、列に予期されるデータ型が常に含まれていることを確認します。これは、マクロを作成するときに役立ちます。

列の名前を変更または説明の追加

  • 列の名前を変更するには、名前の変更 フィールドを選択して新しい名前を入力します。
  • 説明を追加するには、説明 フィールドを選択して説明を入力します。

その他のオプション

テーブルの行 (データの列) を選択または強調表示した後、オプション を選択して、その他の設定オプションを表示します。

  • 保存/読み込み: フィールド設定 を .yxft ファイルとして保存します。Alteryx フィールド型ファイルは、フィールド名を読み込む または ファイル名とタイプを読み込む オプションを使用して、他のワークフローで使用できるテキストファイルです。
  • 選択: すべての列または強調表示された列を選択または選択解除します。オプションには、すべて選択 および すべての選択を解除 があります。
  • 強調表示されたフィールドのデータ型を変更: 強調表示されたすべての列のデータ型を一度に変更します。
  • ソート: 列の順序を昇順または降順で並べ替えます。オプションには、元のフィールド名でソート新しいフィールド名でソートフィールドタイプでソート入力されたフィールド順に戻す があります。Designer インスタンスの言語によっては、その言語固有の既定のソート順が使用される場合があります。既定の ソート方法 の詳細については、「ローカライゼーションユーザー設定」を参照してください。
  • 移動: 強調表示された列 (フィールド) をリストの上端または下端に移動します。
  • フィールド名に接頭辞を追加する: 選択または強調表示された列名に接頭辞を追加します。
  • フィールド名に接尾辞を追加する: 選択または強調表示された列名に接尾辞を追加します。
  • 接頭辞または接尾辞を削除する : 選択または強調表示された列名から接頭辞または接尾辞を削除します。
  • すべての名前の変更をクリア: すべての列の新しい名前を削除します。
  • 強調表示された名前の変更をクリア: 強調表示されたすべての列の新しい名前を削除します。
  • すべてを元のデータ型とサイズに戻す: すべての列のデータ型とサイズへのすべての変更を元に戻し、元の値を使用します。
  • 強調表示された値を元のデータ型とサイズに戻す: 選択された列または強調表示された列のデータ型とサイズの変更を元に戻し、元の値を使用します。
  • すべての欠落しているフィールドを削除: データに含まれなくなったすべての列を削除します。
  • 強調表示された欠落しているフィールドを削除: データに含まれなくなった強調表示された列をすべて削除します。
  • 重複するフィールドの選択を解除: 重複する列名が存在する場合は、2 番目の列の選択を解除します。このオプションは、複数入力でのみ使用できます。
  • 小数点記号としてコンマを使用する: 文字列と数値のデータ型変換の場合にのみ、ピリオドではなくコンマを小数点区切り文字として使用するために、このオプションを選択します。

  • 文字列データ型として読み取られ、ダブルに変換される 1776,45 は、このオプションが選択されると、1776.45 として出力されます。
  • ダブルデータ型として読み取られ、文字列に変換される 1776,45 は、このオプションが選択されると、1776,45 として出力されます。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.