Blue icon with a checkmark selecting one of three options.

セレクトIn-DBツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

[選択(In-DB)]ツールは、In-DBワークフローのフィールドの選択、選択解除、名前の変更、および順序の変更を行います。

インデータベースデータストリームのフィールド数を制限するには、[選択(In-DB)]ツールを使用します。多くの場合、ワークフローを通過するデータ量を制限することで、ランタイムとパフォーマンスが大幅に向上します。データフィールドの名前を変更したり順序を変更たり、フィールドのデータ型を変更したりできるように、[選択(In-DB)]ツールの一般的な使用例があります。

インデータベースは、データベースからデータを移動することなく大きなデータセットに対してブレンディングと分析を可能にし、従来の分析メソッドに比べて大幅なパフォーマンス向上を実現します。データベース内ツールカテゴリの詳細については、「データベース内の概要」を参照してください。

ツール設定

テーブルを使用して、入力データストリームを変更します。テーブルの各行は、データ内の列を表します。

列の選択、選択解除、並べ替え

データに列を含めるには、列名の左側にあるチェックボックスをオンにします。列を除外するには、チェックボックスの選択を解除します。

データの列を並べ替えるには:

  1. クリックして行を強調表示するか、クリックして下にドラッグして複数の行を強調表示します。
  2. 上向きアイコン矢印または下向きアイコン矢印をクリックするか、右クリックしたままドラッグして行を新しい場所に移動します。

不明な列はデフォルトで選択されます。これは、データの新しい列を許可します。新しい列を配置する場所に列を移動します。

列の名前変更と説明を追加

列の名前を変更するには、[名前の変更] をクリックし、新しい名前を入力します。

説明を追加するには、[説明] をクリックし、説明を入力します。

[オプション] を表示

テーブルの行 (データの列) を選択または強調表示した後、オプションをクリックして、その他の設定オプションを表示します。

  • 保存/読み込み: フィールド設定を .yxft ファイルとして保存します。Alteryx フィールド型ファイルは、フィールド名を読み込むまたはファイル名とタイプを読み込むのいずれかのオプションを使用して、他のワークフローで使用できるテキストファイルです。
  • セレクト: すべての列または強調表示された列を選択または選択解除します。オプションには すべて選択およびすべての選択を解除があります。
  • 強調表示されたフィールドのフィールドタイプを変更: 強調表示したすべての列のデータ型を一度に変更します。
  • ソート: 列の順序を昇順または降順で並べ替えます。オプションには、元のフィールド名でソート新しいフィールド名でソートフィールドタイプでソート入力されたフィールド順に戻すがあります。
  • 移動: 強調表示された列を一覧の上端または下端に移動します。
  • フィールド名に接頭辞を追加: 選択または強調表示された列名に接頭辞を追加します。
  • フィールド名に接尾辞を追加: 選択または強調表示された列名に接尾辞を追加します。
  • 接頭辞/接尾辞を削除: 選択または強調表示された列名から接頭辞または接尾辞を削除します。
  • すべての名前の変更をクリア: すべての列の新しい名前を削除します。
  • 強調表示された名前の変更をクリア: 強調表示したすべての列の新しい名前を削除します。
  • すべて元のデータ型とサイズに戻す: すべての列のデータ型とサイズの変更を元に戻し、元の値を使用します。
  • 強調表示されたものを元のデータ型とサイズに戻す: 選択または強調表示された列のデータ型とサイズの変更を元に戻し、元の値を使用します。
  • 欠落しているフィールドをすべて削除: データに含まれなくなったすべての列を削除します。
  • 強調表示された欠落しているフィールドを削除: データに含まれていない強調表示された列をすべて削除します。
  • 重複フィールドの選択解除: 重複する列名が存在する場合は、2 番目の列の選択を解除します。このオプションは複数の入力でのみ使用できます。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.