文字列関数

Version:
Current
Last modified: June 01, 2020

文字列関数は、テキストデータに対して操作を実行します。文字列関数を使用してデータをクレンジングしたり、データを別の形式または大文字に変換したり、データに関するメトリックを計算したり、他の操作を実行したりできます。文字列関数は、文字列データ型でのみ使用できます。

(文字列、ターゲット、CaseInsensitive = 1) が含まれています: 文字列内の特定の文字列の出現を検索します。文字列がパターンと一致する場合は TRUE またはFALSEを返します。大文字小文字を区別しないようにデフォルト設定されています。

CONTAINS関数は大文字と小文字を区別しませんが、FINDSTRING関数は大文字と小文字を区別します。

含まれる ('123ABC', 'ABC') TRUEを返します

含まれる ('123ABC', 'abc') TRUEを返します

含まれる('123ABC'、'abc'、0)は FALSEを返します

カウントワード(文字列): 指定された文字列内の単語数を返します。単語はスペースで区切られた文字で定義されます。

CountWords(「基本変数世帯」)は3を返します

CountWords(「基本変数年齢:女性(ポップ)1」)は5を返します

DecomposeUnicodeForMatch (文字列): アクセントを削除し、狭に変換しながら複合文字を展開します。この関数は Unicode 文字列を受け取り、小文字の狭い文字列に変換します。すべてのアクセントやその他の装飾は削除されます。

この関数はマッチングのみに役立ちます。正規化された文字列とは見なされません。

分解ユニコードForMatch(「プレノムフランセーズ」)はプレノムフランセを返します

EndsWith (文字列、ターゲット、CaseInsensitive = 1): 文字列が特定の文字列で終わるかどうかを調べます。文字列がパターンと一致する場合はTRUEまたはFALSEを返します。大文字小文字を区別しないようにデフォルト設定されています。

EndsWith('123ABC', 'ABC') は、True を返します

EndsWith('123ABC', 'abc') は、True を返します

EndsWith('123ABC', 'abc', 0) は、False を返します

EndsWith関数は大文字と小文字を区別しませんが、FindString関数は大文字と小文字を区別します。

FindString (文字列、ターゲット): 別の文字列 (string) 内の特定の文字列 (ターゲット) の出現を検索し、文字列内の出現位置の数値を返します。

文字列のターゲットの最初の出現の0ベースのインデックスを返します。出現がない場合は-1を返します。

FindString(Name)、"John") は、文字列に John が含まれている場合は0を返し、文字列が含まれていない場合は-1を返します。

IF (FINDSTRING(名前、"John") =0) [ジョン・スミス" ELSE "Other" ENDIFは、文字列に John が含まれている場合にジョン・スミスを返し、文字列が含まれていない場合は[その他]を返します。

GetWord(文字列、n):文字列内の N 番目 (0 から始まる) 単語を返します。単語はスペースで区切られた文字の集合として定義されます。0ベースのインデックスとは、最初の単語が0の位置にあることを意味します。

GetWord("Basic Variables Households", 0) は、Basic を返します。

GetWord("Basic Variables Households", 1) は、Variables を返します。

Left(String, len): 文字列の最初の [len] 文字を返します (文字列)。lenが0より小さいかxの長さより大きい場合、xは変更されないままです。

Left("92688", 3) は、926 の値を返します。

Length(String): 文字列の長さを返します (文字列)。

Length("92688") は、5 の値を返します。

LowerCase(String): 文字列を小文字に変換します。

LowerCase("M1P 1G6") は、m1p 1g6 を返します。

MD5_ASCII(String): 文字列の MD5 ハッシュを計算します。文字列は ASCII 文字のみであることが必須です。MD5 ハッシュを計算する前に Unicode ®文字は有効になっていますか?

MD5_UNICODE(String): 文字列の MD5 ハッシュを計算します。

PadLeft (String, len, char): 文字列を指定した文字で、指定した長さまで左に埋め込みます。パディング "char" が2文字以上の長さの場合、最初の文字のみが使用されます。

PadLeft("M", 4, "x") は、xxxM を返します。

PadRight (String, len, char): 文字列を指定した文字で、指定した長さまで右に埋め込みます。パディング "char" が2文字以上の長さの場合、最初の文字のみが使用されます。

PadRight("M", 4, "x") は、Mxxx を返します。

REGEX_CountMatches(String,pattern,icase): 文字列内で、パターンに一致した数のカウントを返します。

icaseはオプションのパラメータです。指定されると、大文字と小文字は一致する必要があります デフォルトのicase=1は大文字小文字の無視を意味します。0に設定すると、大文字と小文字が一致する必要があります。

式の構築を容易にするために、Boost Regex Perl 正規表現構文ページを参照してください。

REGEX_Match(String,pattern,icase): 正規表現の出現箇所の文字列を検索します。

文字列が最初の文字から最後までのパターンと一致するかどうかを示します。文字列の先頭から必ずしも始まらないものを探すには、パターンを '.*' で始めます。文字列の最後まで必ずしも行くとは限らないものを探すには、パターンを '.*' で終わらせます。

正規表現を適切に構築する方法の詳細については、Boost Regex Perl 正規表現構文ページを参照してください。

icase はオプションのパラメーターです。指定されると、大文字と小文字は一致する必要があります デフォルトのicase=1は大文字小文字の無視を意味します。0に設定すると、大文字と小文字が一致する必要があります。

REGEX_Match(123-45-6789, "\d{3}-\d{2}-\d{4}") は、-1 (True) を返します。

REGEX_Replace(String, pattern, replace,icase): 正規表現を使用したテキストの置換を許可し、RegEx 検索パターンと置換文字列から得られた結果の文字列を返します。最初の一致だけでなく、一致のすべての出現が置き換えられます。

式の構築を容易にするために、Boost Regex Perl 正規表現構文ページを参照してください。置換パラメータは、以下に示すような指定された値、または "$ 1" などのマークされたグループのいずれかです

icase はオプションのパラメーターです。指定されると、大文字と小文字は一致する必要があります デフォルトのicase=1は大文字小文字の無視を意味します。0に設定すると、大文字と小文字が一致する必要があります。

REGEX_Replace("Don't reveal your Social Security number, 123-45-6789","\d{3}-\d{2}-\d{4}", "CLASSIFIED") は、Don't reveal your Social Security number, CLASSIFIED を返します。

REGEX_Replace("Change all domain names from alteryx@Alteryx.com","@.*\.", ".@extendthereach") は、Change all domain names from alteryx.com を@extendthereach返します。

Replace(String, Target, Replacement): 文字列 (Target) の各出現箇所を文字列 (Replacement) で置き換えた後の文字列 (String) を返します。

Replace("Good judgment comes from experience", "experience", "awareness") は、Good judgement comes from awareness を返します。

:ReplaceChar(String, y, z): 文字 (y) の各出現箇所を文字 (z) で置き換えた後の文字列 (String) を返します。置換文字(z)が複数の文字を含む文字列である場合、最初の文字のみが使用されます。文字 (z) が空の場合、文字 (y)の任意の文字に一致する各文字 (String) は、削除されます。

ReplaceChar("abcdefb", "b", "_") は、a_cdef_ を返します。

ReplaceChar(@a"#%cb", "@,#,%", "_") は、_a_b_c を返します。

ReplaceFirst(String, Target, Replacement): 文字列 (Target) の最初の出現を文字列 (Replacement) に置き換えた後の文字列 (String) を返します。

ReplaceFirst("abcdefb", "b", "_") は、a_cdefb を返します。

ReverseString(String): 文字列内のすべての文字を反転します。

ReverseString("abcdefb") は、bfedcba を返します。

Right(String, len): 文字列の最後の (len) 文字を返します。lenが0より小さいか文字列の長さより大きい場合、文字列は変更されないままです。

Right("92688", 3) は、688 の値を返します。

StartsWith(String, Target, CaseInsensitive=1): 文字列が特定の文字列で始まるかどうかを検索します。文字列がパターンと一致する場合はTRUEまたはFALSEを返します。大文字小文字を区別しないようにデフォルト設定されています。

StartsWith関数は大文字と小文字を区別しませんが、FindString関数は大文字と小文字を区別します。

StartsWith('ABC123', 'ABC') は、True を返します

StartsWith('ABC123', 'abc') は、True を返します

StartsWith('ABC123', 'abc', 0) は、Falseを返します。

STRCSPN(String, y): 文字列 (y) 内に含まれない文字で構成される文字列 (String) の最初のセグメントの長さを返します。

STRCSPN("Bob's Amaco", "~!@#$%^&*'()") は、3 を返します。  これは、文字列に句読点がないことを確認するのに便利なテストです。

StripQuotes(String): 文字列の末尾から一致する一連の引用符またはアポストロフィを削除します。

StripQuotes("Hello there") は、Hello there を返します。

StripQuotes("'Hello there,' she said.") は、'Hello there,' she said. を返します。

StripQuotes('"Hello there," she said.') は、"Hello there," she said. を返します。

STRSPN(String, y): 文字列 (y) 内の文字で構成される文字列 (String) の最初のセグメントの長さを返します。

STRSPN("3034408896x105"、"0123456789") は、10 を返します。  これは、文字列が一連の文字で構成されていることを確認するのに便利なテストです。

Substring(String, start, length): (Start) で始まり、(length) で終了する (x) の部分文字列を返します (指定されている場合)。

Substring("949-222-4356", 4, 8) は、222-4356 を返します。

Substring("949-222-4356", 4, 6) は、222-43 を返します。

Substring("949-222-4356", 4) は、222-4356 を返します。

TitleCase(String) : 文字列を大文字に変換します。

TitleCase("john smith") は、John Smith を返します

Trim(文字列, y): 文字列 (y) の文字を文字列の終わりから削除します (文字列)。Yはオプションで、デフォルトでは空白類をトリミングします。TRIM関数の例では、指定された文字がトリミングされることに注意してください。文字の順序は関係ありません。

Trim("!see instructions!!!", "!") は、see instructions を返します。

Trim("   Test123   ") は、Test123 を返します。

TrimLeft(String, y): 文字列 (y) の文字を文字列 (String) の先頭から削除します。Yはオプションで、デフォルトでは空白類をトリミングします。

TrimLeft("** special invitation ", " *") は、special invitation を返します。

TrimRight(String, y): 文字列 (y) の文字を文字列 (String) の末尾から削除します。Yはオプションで、デフォルトでは空白類をトリミングします。

TrimRight("John Smith   ") は、John Smith を返します。

TrimRight("John Smith**","*") は、John Smith を返します。

トリミングする文字の文字列を渡す場合、Trim 関数は文字の順序を考慮しません。文字列を "list" として扱うため、リスト内のすべての文字がトリミングされます。文字列を置換する場合は、式で置換関数または正規表現関数を使用します。

Uppercase(String): 文字列を大文字に変換します。

長さと文字列について: 文字列の長さを参照する場合、最初の文字は 1 としてカウントされます (たとえば、"record" の文字列の長さは 6 となります)。

しかし、文字列内の文字位置を参照するとき、位置は実際には文字間でカウントされます。最初の文字の位置を0と考えてください。  従って、文字列 "record" 内の文字 "c" の位置は、位置2にあります。

Uppercase("John Smith") は、JOHN SMITH を返します。

UuidCreate(): 一意識別子を作成します。

UuidCreate() は、ba131836-1ba3-4d42-8f7e-b81a99c2e838 などのユニーク値を返します。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.