Orange polygon with white table with multiple rows.

テーブルツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

[テーブル]ツールは、データを作成するかテーブルを回転して、レンダリングツールによりレポートに出力します。

表のヘッダーとフッター

ヘッダーまたはフッターをテーブルに含めるには、テーブルツールのすぐ下にレポート テキスト ツールを追加し、[既存のフィールドにテキストを添付] を選択します。

ツール設定

テーブルモード: テーブルの種類を選択します。オプションは次のとおりです: 基本またはピボット(クロスタブ)。クロスタブツールのデータを使用する場合は、ピボットモードを使用します。

[グループ化]: グループ化するフィールドを選択します。レコードのグループごとに別個のテーブルが作成されます。

表の幅: テーブルの幅を選択します。

  • [自動]: 表示するテーブル内に含まれるデータの最小幅を設定します。
  • パーセンテージ: 表示するテーブルのページのパーセンテージを設定します (100% はページの幅全体です)。
  • 固定: 表の幅をインチ単位で設定します。

ピボットスタイル: テーブルにデータを表示するためのスタイルを選択します。このオプションは、[クロスタブ]ツールからデータを使用する場合にのみ使用できます。開始データの例を各オプションの出力例と比較します。

データの例

開始データの例を、後続のタブの出力例と比較します。

開始データの例:

LocaleDesc Avg_Regular XRow_Regular XCol_Regular Count_Regular Avg_Special_Ed XRow_Special_Ed XCol_Special_Ed Count_Special_Ed Avg_Voc_Tech_Other XRow_Voc_Tech_Other XCol_Voc_Tech_Other Count_Voc_Tech_Other 合計
中心都市 57 97 15 1 0 0 0 0 2 3 8 1 59
農村 182 97 49 1 0 0 0 0 6 3 23 1 188
116 87 31 1 1 1 50 1 16 12 62 1 133
新しいフィールドを許可 5 63 1 1 1 13 50 1 2 25 8 1 8
都市周辺地域 9 100 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 9
合計 74 93 100 5 1 1 100 2 7 7 100 4 397
手法を変数に対して優先

変数に関する方法論: データを集計するためのメソッドは、選択されたデータフィールドの上に表示されます。

    平均     XRow     XCol          
LocaleDesc TotCol レギュラー 特殊教育 Voc / Tech /その他 レギュラー 特殊教育 Voc / Tech /その他 レギュラー 特殊教育 Voc / Tech /その他 レギュラー 特殊教育 Voc / Tech /その他
中心都市 59 57 0 2 97 0 3 15 0 8 1 0 1
農村 188 182 0 6 97 0 3 49 0 23 1 0 1
133 116 1 16 87 1 12 31 50 62 1 1 1
新しいフィールドを許可 8 5 1 2 63 13 25 1 50 8 1 1 1
都市周辺地域 9 9 0 0 100 0 0 2 0 0 1 0 0
合計 397 74 1 7 93 1 7 100 100 100 5 2 4
変数を手法に対して優先

方法論上の変数: 選択されたデータフィールドは、データを集計するためのメソッドの上に表示されます。

    レギュラー     特殊教育     Voc / Tech /その他          
LocaleDesc TotCol 平均 XRow XCol カウント 平均 XRow XCol カウント 平均 XRow XCol カウント
中心都市 59 57 97 15 1 0 0 0 0 2 3 8 1
農村 188 182 97 49 1 0 0 0 0 6 3 23 1
133 116 87 31 1 1 1 50 1 16 12 62 1
新しいフィールドを許可 8 5 63 1 1 1 13 50 1 2 25 8 1
都市周辺地域 9 9 100 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0
合計 397 74 93 100 5 1 1 100 2 7 7 100 4
手法を左にピボット

左のピボット方法: テーブル内のデータの各行について、データを集計するためのメソッドが左側に表示されます。

LocaleDesc TotCol       レギュラー     特殊教育    
Voc / Tech /その他
   
中心都市 59 平均 57 0 2 中心都市 59 平均 57 0 2 中心都市 59
    XRow 97 0 3     XRow 97 0 3    
    XCol 15 0 8     XCol 15 0 8    
    カウント 1 0 1     カウント 1 0 1    
農村 188 平均 182 0 6 農村 188 平均 182 0 6 農村 188
    XRow 97 0 3     XRow 97 0 3    
    XCol 49 0 23     XCol 49 0 23    
変数を左にピボット

左にピボット変数: データは、データを集計するためのメソッドの左側のテーブルに表示されます。

LocaleDesc TotCol       平均     XRow     XCol    
中心都市 59 レギュラー 57 97 15 1 中心都市 59 レギュラー 57 97 15 1
    特殊教育 0 0 0 0     特殊教育 0 0 0 0
    Voc / Tech /その他 2 3 8 1     Voc / Tech /その他 2 3 8 1
農村 188 レギュラー 182 97 49 1 農村 188 レギュラー 182 97 49 1
    特殊教育 0 0 0 0     特殊教育 0 0 0 0
    Voc / Tech /その他 6 3 23 1     Voc / Tech /その他 6 3 23 1
133 レギュラー 116 87 31 1 133 レギュラー 116 87 31 1

バーグラフ: 表に棒グラフを作成するデータ フィールドを指定します。このオプションは、ベーシックテーブルでのみ使用できます。[設定] をクリックして、棒グラフのスタイルを変更します。

列見出しを表示: テーブル内の列見出しを表示します。このオプションでは、回転テーブルの選択のを解除はできません。

列ごと/方法論の構成: テーブルモードが基本の場合は、列を構成し、テーブルモードがピボットの場合は、方法論を構成します。

  • テーブルに含めるデータフィールドを選択します。
  • データフィールドをクリックし、上矢印と下矢印を使用して、データがテーブルに表示される順序を変更します。
  • データフィールドをクリックして、次の属性を構成します。
  • 名前の変更フィールド: データ フィールドの新しい名前を入力します。
  • : 列内のデータの幅に対して [自動]、[パーセンテージ]、または [固定] を選択します。
  • 整列 (H): 左、中央、または右の水平方向の配置を選択します。
  • 罫線: 左または右の辺、または両側、または罫線がないように選択します。
  • 接頭辞: データの前に追加するテキストを入力します。
  • [サフィックス]: データの後に追加するテキストを入力します。
  • 小数点 場所:小数点以下の桁数を選択します。
  • ルール: データの列に適用するルールを作成または編集します。スタイル オプションについては、「テーブル スタイル ルール」を参照してください。

 

デフォルトテーブル設定: テーブルのスタイル オプションを変更します。スタイル オプションについては、「テーブル設定スタイル エディタ」を参照してください。

[行ルールの作成/編集]: データの列に適用するルールを作成または編集します。スタイル オプションについては、「テーブル スタイル ルール」を参照してください。

このツールには式エディターが含まれているため、このツールをアプリまたはマクロワークフローで使用すると、追加の入力アンカーが表示されます。インターフェースツールを使用して質問アンカーに接続します。インターフェースツールを参照してください。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.