テスト関数

Version:
Current
Last modified: June 02, 2020

テスト関数はデータ比較を実行します。テスト関数を使用して、値のデータ型を識別するか、値が存在するかどうかを判別します。テスト関数は、すべての-ERR:REF-NOT-FOUND-データ型で使用できます。

CompareDictionary(a,b) : 大文字と小文字の違いを無視し、数値と思われるテキストを数値順に比較する 2 つの文字列を比較します。b の場合は -1 を返します。,> 特定の言語の規則を使用してディクショナリソートを実行するように構成された場合と同じように、並べ替えツールが等角記号を処理しないという点で、ディクショナリ比較とまったく同じ順序ではありません。

比較辞書(「りんご」,"バナナ") は -1 を返します

比較辞書("APPLES","バナナ")-1 を返します

比較辞書("りんご","バナナ")-1 を返します

比較辞書(「チェリー」,"バナナ") は1 を返します

比較辞書(「バナナ」、バナナ")は0を返します

CompareDictionary("2","10") は -1 を返します (文字 '2' が文字 '1' より大きい場合でも、2 は 10 未満です)。

比較ディクショナリ("マイナス -2","マイナス -10")は 1 を返します (-2 は -10 より大きくなります)。マイナス記号は、空白の先頭または後にのみ認識されます)

比較辞書("マイナス2","マイナス10")は-1 (2 は 10 未満) を返します。スペースの後ではないマイナス記号は、数値の一部としてカウントされません)

比較辞書("pi 3.14","pi 6.28e-1")1 を返します (はい、浮動小数点数構文を認識し、3.14 は 0.628 より大きい)。

比較辞書("12.00","12.0")1 を返します (数値が同じ値を持つ場合、数字の長い文字列はより大きいと見なされます)

比較辞書("a","A")-1 を返します

CompareDictionary("n","ñ") は -1 を返します (マーク付きの文字は、すべてのマークされていない文字よりも大きく、ラテン語のアルファベットで大きくなります)。

CompareDictionary("o","ñ") は -1 を返します (スペイン語辞書比較では、Ñ は O より小さくする必要があります。

比較辞書("ñ"、Ñ")は0を返します(マークされた文字は大文字と小文字を区別します)。

CompareDigits (a, b, nNumDigits): 2 つの数値を比較し、指定した桁数と同じかどうかを判断します。この比較では、差の先頭桁がNumDigits以上の桁AとBの大きい方の先頭桁の右にある場合、数字とレポートAとBの差については同じと判断します。

NumDigits引数は null にする必要があり、1 から 19 の間である必要があります。整数以外の整数が指定された場合、最も近い整数に丸められます (NumDigits は 0.5 ~ 19.499 の間に指定できます)。

CompareDigits(12345、12444、3)は"True"を返します(差は99で、先頭桁はAの先頭桁の右側に3桁であるため)。

CompareDigits(12345、12445、3) は"False" を返します (差は 100 で、先頭の数字は A の先頭の桁の右側の 2 桁だけであるため)

CompareDigits(12.345、12.347、3)は"True"を返します(差は0.002で、先頭桁はAの先頭桁の右側に4桁であるため)。

CompareDigits(12.345、12.435、3)は"True"を返します(差は0.09で、先頭桁はAの先頭桁の右側に3桁であるため)。

CompareDigits( .91234, .91334, 3) は"False" を返します (差は .001 で、先頭桁は A の先頭桁の右側に 2 つしかないため)。

比較エプシロン(a、b、イプシロン): 2 つの浮動小数点数を比較し、イプシロン内にある場合は true を返します。

比較エプシロン[[123.456789101112],[123.456789101114]、0.0001)は「真」を返します。

比較エプシロン[[123.456]、[123.45678910112]、0.0001は「偽」を返します。

IsEmpty (v): v が NULL または等しいかどうかをテストします。

名前 IsEmpty
John False
  True
Mary False
[Null] True

IsInteger(v) : v に整数に変換できる値が含まれているかどうかをテストします。そうであれば、Trueを返します。

IsInteger
1 True
1.23 False
B False

IsNull(v) : v が NULL かどうかのテスト

レコードにNULL値を入力するには、関数NULL()を使用します

名前 IsNull
John False
[Null] True
Mary False

IsNumber(v) : v のフィールドタイプが数値であるかどうかをテストします。

IsSpatialObj (v): v のフィールド型が空間オブジェクトであるかどうかをテストします。

IsString(v): v のフィールド型が文字列であるかどうかをテストします。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.