Blue icon with a stream-like object flowing into a database.

データストリーム入力ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

デザイナのデータを DB 内ワークフローに取り込みます。

インデータベースは、データベースからデータを移動することなく大きなデータセットに対してブレンディングと分析を可能にし、従来の分析メソッドに比べて大幅なパフォーマンス向上を実現します。インデータベースツールカテゴリの詳細については、インデータベース概要を参照してください。

ツール設定

接続名前: ドロップダウンをクリックして新しい接続を作成したり、既存の接続を管理したり、既に設定されている接続の一覧から接続を選択したりできます。

  • 管理接続: クリックして接続を作成、編集、または削除します。
  • [ファイル接続を開く]: クリックすると、保存されたデータベース接続ファイルを参照できます。

作成モード: データを書き込むための適切なオプションを選択します。選択肢には次が含まれます:

  • テンポラリ・テーブルの作成: セッションの最後まで使用可能なテンポラリ・テーブルへの書き込み。このオプションは、メタデータを所定の位置に一時的に保持するため、In-DB予測マクロを作成する場合に便利です。このオプションを選択すると、「テーブル名」フィールドは無効になり、「[一意の一時テーブル名は各実行時に生成されます]」と表示されます。
  • 新しいテーブルの作成: 新しいテーブルを作成します。既存のテーブルを上書きしません。HDFS Avroオプションが選択されている場合、avro.schema.literalは4000文字で失敗し、テーブル作成時にエラーが発生します。列名の文字数を減らすか、列数を減らしてください。
  • テーブルを上書きする (ドロップ): 既存のテーブルを完全に削除し、新規に作成します。

テーブル名: 作成または更新するデータベーステーブルの名前を入力します。[一時テーブルの作成]が選択されている場合、[テーブル名]フィールドは無効になり、「[一意の一時テーブル名が実行ごとに生成されます]」と表示されます。

Oracle でこのツールを使用するには、グローバルテンポラリに割り当てられた tempspace に書き込むパーミッションが必要です。Oracle データベース管理者に問い合わせてください。

詳細については、「DB内の接続ツール」を参照してください。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.