条件付き関数

Version:
Current
Last modified: June 02, 2020

条件付き関数は、IF文を使用してデータのテストに基づいてアクションまたは計算を実行します。条件付き関数を使用して、特定の条件に基づいてデータを強調表示またはフィルタリングするTRUEまたはFALSEの結果を提供します。条件付き関数は、任意のデータ型で使用できます。 

テストを書き込む前に各条件付き関数を考慮してください。一部の条件付き関数は、特定の使用ケースに適しています。

c の場合、t 他の f ENDIF: 条件し、真の他の偽 ENDIF

IF [クラス]==1 次に "ゴールド" ELSE "その他" ENDIF

クラス 結果
1
2 その他
1
3 その他

if c then t ELSEIF c2 then t2 ELSE f ENDIF: if 条件の場合は true ELSEIF 条件 2 その後 true2 elseIF

複数のELSEIF文を含めることができます。

IF [クラス]==1 次に "ゴールド" ELSEIF [クラス]==2 その後 "シルバー" ELSE "その他" ENDIF

クラス 結果
1
2
1
3 その他

IIF(ブール、x、y): ([bool] が真) 戻り値 (x) の場合は、それ以外の場合は (y) を返します。

IIF([顧客],「チラシを送る」「書類を送る」)

[顧客]フィールドの値がTRUEの場合は、Send flyerが返されます。

[顧客]フィールドの値がFALSEの場合は、Send documentationが返されます。

Switch(値、デフォルト、Case1、Result1,...,CaseN、ResultN): 値をケースのリストと比較し、対応する結果を返します。

スイッチ([クラス], ヌル(), "ゴールド",1,シルバー",2,ブロンズ", 3,"スズ", 4, "アルミニウム",5)

結果 クラス
5 アルミニウム
2
1
3 青銅
4
2
1
Null その他
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.