Blue circle with a white square in the middle that is comprised of 9 smaller squares in a 3-by-3 configuration.

タイルツール

バージョン:
Current
Last modified: May 18, 2021

ツールごとに学習

タイルには「ツールごとに学習」があります。サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

タイルを使用し、データの範囲に基づいて値 (タイル) を割り当てます。ツールは、5 つのメソッドのうち、ユーザーが指定した 1 つメソッドに従ってこれを実行します。

2 つのフィールドがデータに追加されます。

  • タイル番号 は、レコードに割り当てられたタイルの番号です。
  • タイル順序番号 は、タイル内の何番目のレコードなのかを示すレコード番号です。

ツール設定

タイルメソッド: タイル値の割り当てに使用する範囲パターンを選択します。

等和

それぞれのタイルが着信するレコードのソート順に基づき、合計フィールドの同じ合計*を持つ値の範囲に広がるように割り当てます。

等和値でタイルを作成する

タイルごとの合計フィールドの合計値が、できるだけ近くなるようにレコードをグループ分けします。

  1. タイルの数: データに割り当てるグループの数を指定します。
  2. 合計列: タイル表示するフィールドを指定します。この結果、この数値の合計がタイル全体に均等に配分される範囲が作成されます。
  3. ソート列 (オプション): このドロップダウンリストでフィールドを選択すると、指定したフィールドのデータがソートされてから、タイルに割り当てられます。フィールドを指定しない場合、レコードはその着信ソート順に基づいてタイルに割り当てられます。
  4. ソート方法: このオプションは、[ソート列] (上) を選択した場合にのみ表示されます。使用するソート方法を設定します。オプションには以下が含まれます。
    • Unicode のコードポイント
    • 辞書順: 英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語に対応しています。
    • 五十音: 日本語
    • ピンイン: 簡体字中国語
等しいレコード

入力レコードは、各タイルに同じ量のレコードが割り当てられるように、指定されたタイルの量にスプリットされます。

レコード数で均等に分割

  1. データに割り当てる タイルの数 を選択します。
  2. 列上でタイルを分割しない (オプション): このドロップダウンリストからフィールドを選択した場合、このフィールドではタイルは分割されません。フィールドが選択されていない場合、タイル#は指定されたフィールドデータより優先され、潜在的にグループをスプリットする可能性があります。
  3. ソート列 (オプション): このドロップダウンリストからフィールドを選択すると、指定したフィールドがタイルに割り当てられる前にデータがソートされます (番号の場合は降順で、他のすべてのフィールドタイプの場合は昇順でソートされます)。
  4. ソート方法: このオプションは、[ソート列] (上) を選択した場合にのみ表示されます。使用するソート方法を設定します。オプションには以下が含まれます。
    • Unicode のコードポイント
    • 辞書順: 英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語に対応しています。
    • 五十音: 日本語
    • ピンイン: 簡体字中国語

* 入力でのレコード数は、指定したタイルの数で割り切れるわけではありません。これは、ソートフィールドが指定されていない限り、入力ファイル内のレコード位置のみに基づいています。

スマートタイル

指定したフィールドの値の標準偏差に基づいてタイルを作成します。割り当てられたタイルは、レコードの値が平均範囲内か (=0)、平均を上回るか (1)、平均を下回るか (-1) などを示します。

平均からの分散でレコードをソートする

タイル値は、データ範囲の平均値を表します。タイル番号は範囲を直接説明します。範囲は常に -0.5 で始まり +0.5 で終了します。
 

表題 範囲
0 -0.5〜0.5
-1 -1.5〜-0.5
1 0.5〜1.5
  1. 数値列をタイル表示 (数値である必要があります): タイルの基準となるフィールドを選択します。このフィールドには数値が含まれる必要があります。
  2. 出力フィールドに適用される命名規則を選択します。
    • 名前を出力しない列: 追加の出力フィールド名は生成されません。
    • 名前を出力する列: 追加の説明的な出力フィールド名が出力に付加されます。説明には、[平均]、[平均以上]、[高い]、[非常に高い]、[平均以下]、[低い]、[非常に低い] が含まれます。
    • 詳細な名前を出力する列: 上記の記述子に加えて、タイルが示す値の範囲が括弧内にリスト表示されます。例: 高い (12750 - 155000)
固有値

指定した1つまたは複数のフィールドのすべてのユニークな値に対して、ユニークなタイルが割り当てられます。複数のフィールドが指定されている場合、その値の組み合わせに基づいてタイルが割り当てられます。

固有値のタイルを作成する

  1. 固有列: タイル表示するフィールドのボックスにチェックマークを入れてください。
  2. ソートしないままにする チェックボックスがオフになっている場合は、テーブルは自動的にタイルに指定した 1 つまたは複数のフィールドでソートされます。
マニュアル

ユーザーは、各範囲の新しい行に値を入力することによって、タイルの分画を指定できます。

手動でルールを設定する

  1. 数値列 (数値である必要があります): タイルの基準となるフィールドを選択します。
  2. 1 つまたは複数のタイルの分画の入力: 表示されたボックスに各タイルの新しい行の上限を入力します。

タイルは手動モードで適用されますが、レコードはソートされません。データをソートしたい場合は、ソートツールを追加し、ソートするフィールドを指定します。

列でグループ化 (オプション): グループフィールドに基づいてレコードをタイル表示します。1 つまたは複数のグループのフィールドを選択すると、一連のタイルは指定したグループ内のすべてのレコードに対応します。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.