Drop Down Tool

ドロップダウンツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

ドロップダウンツールは、アプリケまたはマクロ内の単一選択リストをエンドユーザーに表示します。エンドユーザーの選択は下流に渡されます。

ツール設定

ドロップダウンツールを構成するには、次のオプションを使用します:

  • 表示するテキストまたは質問を入力します: エンドユーザーに表示される命令テキスト。
  • [リスト値]: 選択をドロップダウンして、エンドユーザーリストの設定方法を決定します。
リストの値 説明
フィールドタイプ Designerでサポートされているフィールドタイプを一覧表示します。
外部ソース

指定したファイルまたはデータベース接続の値をリストに入力します。

プロパティ

外部ソースファイルのファイルの場所を指定します。

最初の列の 名前 フィールドと、2番目の列の フィールドを含むように、ファイルをフォーマットします。

エンドユーザーは、一覧から名前を選択して、対応する値を生成します。ファイルは、保存されたワークフローへの相対パスにすることができますが、エンドユーザーは、同じパスに保存された外部ソースファイルを持っている必要があります。

接続ツールからフィールドを取得

接続されたツールで見つかったフィールドを一覧表示します。ツールはオプションの入力アンカーに接続する必要があります。

プロパティ

次のタイプのフィールドのみをを表示 : フィールドのタイプを選択して、エンドユーザーが選択できるように一覧表示します。

[なし] を含む:有効なエンドユーザーの選択として[なし]を含めます。

手動で値を設定

手動で入力した値を一覧表示します。

プロパティ
形式名で行ごとに1つのデータを入力 : 値 値が指定されていない場合、名前は値として返されます。

  • Allocate データセット
  • ジオコーダーデータセット
  • ドライブタイムデータセット
  • 行動分析データセット
  • 参照ベースマップ

リストにデータを入力するデータセットを選択します。

ユーザーがデータセットにアクセスできない場合、アプリまたはマクロ実行時にワークフローにエラーが表示されます。

分析アプリ/マクロのファイル参照

接続されているファイル参照ツールで見つかったフィールドをリストに入力します。[ファイル閲覧インターフェース]ツールはオプションの入力アンカーに接続する必要があります。

プロパティ
次のタイプのフィールドのみを表示します。エンド ユーザーの選択用にリストを設定するフィールドタイプを選択します。

[なし]を含める:有効なエンド ユーザーの選択として "None" を含めます。

マクロ入力からフィールドを取得

接続されたマクロ入力ツールで見つかったフィールドをリストに入力します。[マクロ入力]ツールはオプションの入力アンカーに接続する必要があります。

プロパティ
次のタイプのフィールドのみをを表示 : フィールドのタイプを選択して、エンドユーザーが選択できるように一覧表示します。

[なし] を含む:有効なエンドユーザーの選択として[なし]を含めます。

  • [既定の選択名]: ドロップダウンウィンドウの既定値を指定します。エンドユーザーは、デフォルトから選択を変更できます。これはオプションのコントロールです。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.