Orange polygon containing a white box of orange rows placed in a horizontal row followed by an arrow pointing to a box with vertically stacked rows.

転置ツール

バージョン:
Current
Last modified: January 13, 2021

転置ツールを使用して、データテーブルの方向をピボットします。垂直軸に水平データフィールドが表示されるようにデータを変換します。転置ツールは、クロスタブツール のリバースアプリケーションで、データの向きを垂直から水平にピボットします。

このツールは、非適合データの抽出に役立ちます。転置できるレコードまたはフィールドの数に制限はありません。

ツール設定

  1. キー: テーブルをピボットする列 (フィールド) を選択します。この名前は横軸に残り、選択した各データフィールドに対して垂直方向に値が複製されます。
  2. データ: 分析を実行するすべての列を選択します。
  3. すべて選択 を使用してすべてのオプションを選択するか、すべて選択解除 を使用してすべての選択を解除します。
  4. 欠落している列: 列が欠落している場合に実行するアクションを選択します。
    • エラー: 結果ウィンドウにエラーをスローし、レコードの処理を停止します。
    • 警告: 結果ウィンドウに警告をスローしますが、レコードの処理を続行します。 
    • 無視: 欠落している列を無視して、レコードの処理を続行します。

キー列の例

選択した キー列 は、縦方向に複製され、転置するように選択した各データ列ごとに行が作成されます。

例えば、2 行と 4 列を含むテーブルがあるとします。データ列の選択を解除せずにテーブルを転置してキー列を選択すると、選択したキー列である 名前 (選択した残りのデータ列の名前)、および選択したデータ列の と共に 6 行と 3 列が表示されます。

データ列の選択を解除すると、転置ツールの後の行数が減少します。

テーブルを転置した後に表示される行数は、「最初の行数×選択したデータ列」からキー列として選択した列を引いた数と等しくなります。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.