TS Covariate Forecast Tool Icon

TS共変量予測ツール

バージョン:
Current
Last modified: September 25, 2020

TS 共変量予測を使用して、ユーザー指定の将来期間数に対して共変量を使用して推定される ARIMA モデルからの予測を提供します。

さらに、2つの異なる(ユーザーが指定した)パーセンテージ信頼水準に対して、上部および下部の信頼区間境界が設けられています。 各信頼水準について、true値が提供された範囲内に収まると予想される確率は、信頼水準のパーセンテージに対応します。 モデルに加えて、予測期間の共変量の値も提供される必要があります。

場合によっては、共変量(ターゲット変数自体の過去の値以外の予測変数)を使用することで、時系列予測モデルの精度を向上させることができます。 たとえば、家電メーカーが商業販売部門(新築住宅建設用の家電製品など)の販売レベルを予測することに興味を持っている場合、家電製品は新しい家に置かれた最後のアイテムの一つであるため、販売を予測するための重要な共変量は住宅着工の過去の価値である可能性が高いです。 [TS共変量予測]ツールは、共変量を含むARIMAモデルからの予測の作成を可能にします。

このツールはRツールを使用します。 [オプション] > [予測ツールのダウンロード] に移動し、Alteryx のダウンロードとライセンスのポータルにサインインして、R とR ツールで使用されるパッケージをインストールします。 参照: 予測ツールのダウンロードとご利用

入力を接続する

TS 共変量予測ツールには、どちらかのデザイナー データ ストリームが必要です。

  • ARIMA ツールからの出力データ ストリーム 。
  • 関連する(将来の)共変量情報を含むデータストリーム。 多くの場合、これらの値は予測値でもなります。

ツール設定

構成タブ

[ コンフィギュレーション ] タブを使用して、時系列共変量予測のコントロールを設定します。

  • ポイント予測のフィールド名: 出力データ ストリーム内のポイント予測のフィールド名。 この名前は、信頼限界の接頭辞としても使用されます。
  • 信頼区間の割合: この値は 1 ~ 99 の範囲です。 この範囲で一般的に使用される値は95または99パーセントです。
  • 信頼区間の割合: この値は 1 ~ 99 の範囲です。 この範囲で一般的に使用される値は80または90パーセントです。

[グラフィックス オプション] タブ

[グラフィックス オプション]タブを使用して、グラフィック出力のコントロールを設定します。

  • プロットサイズ : グラフのサイズに対してインチまたはセンチメートルを選択します。
  • グラフ解像度: 1x (96 dpi) 、2x (192 dpi)、または3x (288 dpi) の点/インチでグラフの解像度を選択します。 2x (192 dpi)
    • 解像度を低くするとファイルサイズが小さくなり、モニタでの表示に最適です。
    • 解像度を高くするとファイルサイズが大きくなり、印刷品質は向上します。
  • 基本フォントサイズ (ポイント): グラフ内のフォントのサイズを選択します。

出力の表示

各出力アンカーに閲覧ツールを接続して、結果を表示します。

  • アンカー : 予測値と信頼限界のデータ ストリームを格納します。
  • R アンカー: 予測値と信頼限界を持つテーブルのレポート スニペットと、時系列の履歴値とエラー境界を持つ予測値の両方を示す予測プロットで構成されます。
  • I アンカー: プロットとメトリックで構成されるインタラクティブな HTML ダッシュボード。さまざまなグラフィカル要素を選択して、視覚化と対話して、より多くの情報、値、メトリック、および分析を表示します。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.