Deploy Tool Icon

デプロイツール

Version:
Current
Last modified: March 19, 2020

展開ツールは、予測モデルの展開、管理、およびスケーリングのためのプラットフォームであるPromoteと統合されます。展開ツールは、モデルをPromoteプラットフォームに直接アップロードして、利用可能な予測モデルのリソースのより容易な可視性と管理を可能にします。

ツール設定

Promoteプラットフォームにモデルを展開するには:

  1. Alteryx の昇格接続を確立します。
    Alteryx Promote 接続 : ドロップダウンリストを使用して保存された Promote 接続を選択します。
    接続の追加 : 利用可能な Promote 接続の一覧に追加するオプション。Promote 接続マネージャは、ワークフローとは独立して作動します。
    • Promote 接続を追加する
      1. 接続の追加 をクリックします。
      2. [接続の追加] ウィンドウでモデルが格納されている場所を指す URL Alteryx Promote URL を入力します。
      3. 次へ をクリックします。
      4. Alteryx Promote 認証ウィンドウで、 ユーザー名 および API キー を入力します。
      5. [接続] をクリックします。
      6. 成功した場合、[接続済み] ウィンドウで、 完了 を選択します。新しい接続が選択され、ドロップダウンに表示されます。
    • Promote 接続を削除する
      1. 使用可能な接続を選択します。
      2. 接続の削除 をクリックします。
      3. [確認] ウィンドウで、削除する接続に関連付けられている URL とユーザー名を確認します。
      4. OK をクリックします。この接続は、ドロップダウンでは使用できなくなりました。
  2. プロモートプラットフォームでモデルと同じ名前のモデルをデプロイするには、[既存モデルの上書き] を選択します。これにより、モデルのバージョンが現在の展開に更新されます。
    上書きされたバージョンは、Promoteプラットフォーム内のバージョンコントロールからアクセスできます。
  3. ワークフローを実行して、モデルをPromoteサーバーに展開します。

Promote へのアクセス

プロモート機能にアクセスできるかどうか不明な場合や、必要な資格情報を見つけるサポートが必要な場合は、最寄りの管理者またはサポート担当者にお問い合わせください。

展開成功

モデルが正常に展開されると、結果ウィンドウに成功ステータスとモデルのバージョン番号を示すメッセージが表示されます。


ステータス: 正常にデプロイ |バージョン5

モデルが展開に失敗した場合、結果ウィンドウにエラーメッセージが表示されます。

エラーメッセージの例

  • モデルは既に存在します。「既存のモデルを上書きする」をチェックし、ワークフローを再実行します。プロモートプラットフォームでアクティブにできるモデルのバージョンは1つだけです。正常に展開するには:
    • [既存のモデルを上書き]を選択し、ワークフローを再実行して新しいバージョンをデプロイします。
    • モデルの名前を変更し、ワークフローを再実行して別のワークフローを展開します。
  • API に到達できません。ツールを再構成し、ワークフローを再実行する: ツールの構成が正しくありません。すべての入力情報を確認し、ワークフローを再実行します。
  • 有効な昇格資格情報を入力: 昇格ユーザー名と API キーが正しく入力されたことを確認します。
  • 有効なプロモート url を入力: 有効なプロモート url を入力したことを確認します。
  • API の昇格には到達できません。後で再試行してください: プロモートネットワークは一時的にダウンしています。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.