ファイル関数

Last modified: February 02, 2022

ドキュメントは、Designer Cloud のリリース前に入手可能なため、機能などを事前に確認できます。ここに記載されている内容は、公式リリースまでの間に変更になる場合があります。

ファイル関数は、ファイルパスを構築し、ファイルが存在するかどうかを確認したり、ファイルパスの一部を抽出したりします。ファイル関数は、文字列データ型でのみ使用できます。

FileAddPaths

2 つのファイルパス部分を追加し、2 つのパスの間に厳密に1つの \(バックスラッシュ)があることを確認します。

FileAddPaths([C:\Temp], [Data\file.csv]) "C:\Temp\Data\file.csv" を返します。

FileExists

FileExists(Path): ファイルが存在する場合は True、存在しない場合は False を返します。

FileExists(C:\Temp) は、True を返します。

FileExists(C:\Temp\Data\file.csv) は、True を返します。

FileExists(C:\Temp\Data\NoFile.csv) は、False を返します。

FileGetDir

FileGetDir(Path): パスのディレクトリ部分を返します。

"C:\Temp" を返します。

"C:\Temp" を返します。

FileGetExt

FileGetExt(Path): .(ピリオド) を含む、パスの拡張子を返します。。

".csv" を返します。

" " を返します

FileGetFileName

FileGetFileName(Path): 拡張子を除く、パスの名前部分を返します。

"ファイル" を返します。

"データ" を返します。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。