Formula tool icon

フォーミュラツール

Last modified: February 02, 2022

ツールごとに学習

セレクトには「ツールごとに学習」があります。サンプルワークフローを参照して、Alteryx Designer Cloud でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

ドキュメントは、Designer Cloud のリリース前に入手可能なため、機能などを事前に確認できます。ここに記載されている内容は、公式リリースまでの間に変更になる場合があります。

フォーミュラツールは、式を使用して新しい列を作成し、列を更新します。また、1 つ以上の式を使用してさまざまな計算と演算を実行します。機能のリストについて は、クイックリファレンスページを参照してください。

フォーミュラツールを使用すると、以下のことが行なえます。

  • 条件ステートメントの適用
  • 数値と文字列の変換
  • 日付の書式設定
  • ファイルパスの抽出
  • ファイナンスアルゴリズムまたは数学的計算の適用
  • 最小値と最大値の検索
  • 空間データの分析
  • 文字列データのクレンジング
  • データに対して検証テストの実行

ツールの設定

設定 ウィンドウで、列の選択 ドロップダウンを経由して、データの 出力列 を選択します。既存の列を選択するか、新しい列を追加できます。新しい列を追加するには、次の手順に従います。

  1. + 列を追加 を選択して、新しい列名を入力します。
    • データ型: 必要に応じて、データ型を選択します。
    •  サイズ: 固定 10 進数、文字列型、または空間オブジェクトデータ型のサイズまたは幅を変更できます。
  2. 式エディターを選択して、式を作成します。ワークフローが実行されると、データプレビューボックスには、適用された式を含む指定された列のデータの最初の行が表示されます。

式の作成

式を作成するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • 式エディターにテキストを直接入力します。
  • Ctrl キーを押しながら Space キー を押すと、すべての関数の一覧が表示されます。
  • 単語またはフレーズを入力して、一致する関数の一覧を表示します。
  • "[" (レフト・ブラケット) を入力すると、式で使用できる変数の一覧が表示されます。変数は次のとおりです。
    • : 受信接続のデータ、または前の式で作成された列。
    • 定数: 1 つの場所の値を変更し、その変更をワークフローの残りの部分に適用できるようにするワークフローのグローバル変数。
  • 関数「fx」アイコンを選択して、関数のカテゴリを検索および参照します。
  • 列と定数 「x」アイコンを選択して、入力または新しく作成された列と定数を検索および参照します。
  • [ 最近使った式と保存した式を表示] および [ 式を保存 ] オプションは、後で使用できるようになります。

式の追加

単一の数式ツールに複数の式を追加すると、関連する列のデータを変更したり、同様の操作を実行したりするときに便利です。関連しないデータを修正したり、関連しない関数を実行する際は、複数のフォーミュラツールを使用すると、ワークフローのトラブルシューティングが容易になります。式を追加するには、 式の追加 をクリックします。

Thumbnail

式の並び替え

式が適用される順序は、複数の式が同じデータを変更した場合の結果に影響します。式の順序を変更には、並び替えアイコン (式エディターの左側にある) を選択したまま、式を上下にドラッグします。

Thumbnail
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。