空間関数

Last modified: February 02, 2022

ドキュメントは、Designer Cloud のリリース前に入手可能なため、機能などを事前に確認できます。ここに記載されている内容は、公式リリースまでの間に変更になる場合があります。

空間関数は、空間オブジェクトを構築し、空間データを分析し、空間フィールドからメトリックを返します。空間関数は空間データ型でのみ使用できます。

空間関数は Open GIS Consortium, Inc. と整合性があります。詳細については、 http://portal.opengeospatial.org/files/?artifact_id=829 を参照してください。

式の空間オブジェクトは次の演算子を使用できます:

  • + (プラス)
  • - (マイナス)
  • = (次の値と等しい)
  • != (と等しくない)

ST_Area

ST_Area(object, units): 空間オブジェクトの面積を指定した単位で返します (数値データ値)。

ST_Boundary

ST_Boundary(object): 空間オブジェクトの境界を返します (入力ポリゴンの境界を示すポリライン空間オブジェクト)。

ST_BoundingRectangle

ST_BoundingRectangle(object, ...): 空間オブジェクトの外接する四角形 (境界矩形) を返します (ポリゴン空間オブジェクト)。

Thumbnail

ST_Centroid

ST_Centroid(object): 空間オブジェクトの中心点を返します (ポイント空間オブジェクト)。

ST_CentroidX

ST_CentroidX(object): 空間オブジェクトの中心点の経度を返します (数値データ値)。

ST_CentroidY

ST_CentroidY(object): 空間オブジェクトの中心点の緯度を返します (数値データ値)。

ST_Combine

ST_Combine(object1, object2,...): 空間オブジェクトを結合します (空間オブジェクト)。

Thumbnail

ST_Contains

ST_Contains(object1,object2): object1 が object 2 を含んでいる場合は True を返します (ブール値)。

ST_ConvexHull

ST_ConvexHull(object1,...): 空間オブジェクトの凸包を返します (空間オブジェクト)。

Thumbnail

ST_CreateLine

ST_CreateLine(point1, point2...): 指定したポイントとラインを順番に接続してラインを作成します (空間オブジェクト)。

ST_CreatePoint

ST_CreatePoint(x,y): 指定した経度と緯度の座標を含む空間オブジェクトを返します (空間オブジェクト)。

ST_CreatePolygon

ST_CreatePolygon(obj1, obj2...): 指定したポイントとラインを順番に接続してポリゴンを作成します (空間オブジェクト)。

ST_Cut

ST_Cut(object1,object2): object2 から object1 を切り取った結果を返します (空間オブジェクト)。

Thumbnail

ST_Dimension

ST_Dimension(object): 空間オブジェクトのディメンジョン (次元) を返します。空間ディメンジョンは、空間オブジェクトを構成するすべてのポイントを指定するために必要な座標の最小数です (数値データ値)。

  • ポイントオブジェクトは、値 0 を返します。
  • ラインオブジェクトは、値 1 を返します。
  • ポリゴンオブジェクトは、値 2 を返します。

ST_Distance

ST_Distance(object1, object2, units): object1 から object2 までの距離を指定した単位で返します。サポートされている単位は、マイル (Mi)、キロメートル (KM)、メートル、フィートです (数値データ値)。

ST_EndPoint

ST_EndPoint(object): 空間オブジェクトの最後のポイントを返します (ポイント空間オブジェクト)。

ST_Intersection

ST_Intersection(object1, object2, ...): 指定した空間オブジェクトの交差を返します (空間オブジェクト)。

ST_Intersects

ST_Intersects(object1, object2...): 空間オブジェクトが交差する場合、True を返します (ブール値)。

ST_InverseIntersection

ST_InverseIntersection(object1, object2...): 指定した空間オブジェクトの逆交差を返します (空間オブジェクト)。

ST_Length

ST_Length(object, units): 空間オブジェクトの直線の距離を unit で指定した単位で返します (数値データ値)。

ST_MD5

ST_MD5(object): 空間オブジェクトの MD5 ハッシュを計算します。

ST_MaxX

ST_MaxX(object): 空間オブジェクトの最大経度を返します (数値データ値)。

ST_MaxY

ST_MaxY(object): 空間オブジェクトの最大緯度を返します (数値データ値)。

ST_MinX

ST_MinX(object): 空間オブジェクトの最小経度を返します (数値データ値)。

ST_MinY

ST_MinY(object): 空間オブジェクトの最小緯度を返します (数値データ値)。

ST_NumParts

ST_NumParts(object): 空間オブジェクト内のパーツ数を返します (数値データ値)。

ST_NumPoints

ST_NumPoints(object): 空間オブジェクト内のポイント数を返します (数値データ値)。

ST_ObjectType

ST_ObjectType(object): 空間オブジェクト型を文字列値として返します (文字列データ値)。

ST_PointN

ST_PointN(object, n): 空間オブジェクト内の N 番目のポイントを返します (ポイント空間オブジェクト)。

ST_RandomPoint

ST_RandomPoint(object): 空間オブジェクト内のランダムなポイントを返します (ポイント空間オブジェクト)。

ST_Relate

ST_Relate(object1,object2,relation): オブジェクトが、指定した DE-9IM の関係を満たす場合、True を返します (ブール値)。

ST_StartPoint

ST_StartPoint(object): 空間オブジェクトの最初のポイントを返します (空間オブジェクト)。

ST_Touches

ST_Touches(object1, object2): object1 が object2 に接している場合、True を返します (ブール値)。

ST_TouchesOrIntersects

ST_TouchesOrIntersects(object1, object2): object1 が object2 と接している、または交差している場合、True を返します (ブール値)。

ST_Within

ST_Within(object1, object2): object1 が object2 に含まれている場合、True を返します (ブール値)。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。