Text to Columns tool icon

列分割ツール

Last modified: February 02, 2022

ツールごとに学習

列へのテキストの1つのツール例サンプルワークフローを参照して、Alteryx Designer Cloud でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

ドキュメントは、Designer Cloud のリリース前に入手可能なため、機能などを事前に確認できます。ここに記載されている内容は、公式リリースまでの間に変更になる場合があります。

[列へのテキスト]ツールは、1つの列のテキストを取り込み、1つ以上の区切り文字に基づいて、文字列値を個別の複数の列(または行)に分割します。

ツールの設定

  1. 分割する列を選択します。
  2. 区切り記号 : データの分割に使用する区切り文字を入力します。各文字は独立して扱われ、つまり単語で区切ることはできません。単語のデータを分割するには、正規表現ツールを使用します。個々の文字または下のテーブルの空白文字を使用できます。
    空白 空白文字(スペース)
    タブ \t
    改行 \n
    スペース \s
    スペースまたはタブ \s\t
  3.  分割方法を選択します。
    • 列に分割する: 指定した区切り記号の各インスタンスで、データの単一列を複数の列に分割します。
      • : 作成される列の数を設定します。
      • 出力列ヘッダー:新しく生成された列の名前を入力します。新しい列には、整数の連続増加に伴って付加されたルート名として名前が付けられます。
      • [ 追加文字]: 追加の文字を使用して実行する操作を選択します。
        • 最後の列に超過分を残す: 分割を超えたデータは、最後の列の値に追加されます。
        • 超過分のドロップと警告: 分割を超えたデータがドロップし、情報の超過があったことを示す警告が表示されます。
        • 警告を表示せずに超過分をドロップ: 分割を超えたデータがドロップし、情報の超過があったことを示す警告は表示されません。
        • エラー : 分割分を超えてデータが拡張するとエラーが発生し、ワークフローの処理が停止します。
    • 行に分割:指定された区切り文字の各インスタンスにある、1列のデータを複数の行にスプリットします。どの行にどの値が存在しているか追跡不可能にならないように、レコードでキー列を使用します。
  4. 詳細オプション : 無視する区切り記号を選択します。
    • 二重引用符(")内の区切り文字を無視する
    • 一重引用符内(')の区切り文字を無視する
    • 括弧内の区切り記号を無視する
    • [ブラケット]内の区切り文字を無視する
    • 空白の列をスキップする
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。