Transpose tool icon

転置ツール

Last modified: February 02, 2022

ドキュメントは、Designer Cloud のリリース前に入手可能なため、機能などを事前に確認できます。ここに記載されている内容は、公式リリースまでの間に変更になる場合があります。

ツールごとに学習

セレクトには「ツールごとに学習」があります。サンプルワークフローを参照して、Alteryx Designer Cloud でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

転置ツールを使用して、データテーブルの方向をピボットします。垂直軸に水平データフィールドが表示されるようにデータを変換します。転置ツールは、クロスタブツール のリバースアプリケーションで、データの向きを垂直から水平にピボットします。

このツールは、非適合データの抽出に役立ちます。転置できる行または列の量に制限はありません。

ツールの設定

  1. [ トランスポーズする列] にチェックマークを付けて、テーブルを回転させます。選択された列は垂直方向にピボットされます。列ヘッダーは「Name」という新しい列に入力され、値は「Value」という新しい列に入力されます。
    • [ すべてチェック ] を使用して、すべての列をチェックします。
    • ワークフローの実行により設定時には不明であった新しい列が導入されます。動的または新しい列を含めるには、 [ 動的または不明な列 ] をオンにします。
  2. [ グループ化する列( Columns to Group By ) ] (オプション)をオンにします。
  3. 列が入力から欠落している場合に実行するアクションを選択します。
    • 警告 - レコードの処理を続行: 結果ウィンドウに警告が表示されますが、レコードの処理は続行します。
    • エラー - レコードの処理を停止: 結果ウィンドウにエラーが発生し、レコードの処理が停止します。
    • 無視( データ処理を続行 ): 欠落している列を無視し、行の処理を続行します。

[ トランスポーズする列] の例

選択した キー列 は、縦方向に複製され、転置するように選択した各データ列ごとに行が作成されます。

例えば、2 行と 4 列を含むテーブルがあるとします。テーブルをトランスポーズし、 列の選択を解除せ ずに [ トランスポーズする列 ] を選択すると、選択した列の名前と値を含む 8 行と 2 列になります。

[ トランスポーズする列 ] の選択を解除すると、 [ トランスポーズ ] ツールから出力される行数が減少します。

テーブルを転置した後に表示される行数は、「最初の行数×選択したデータ列」からキー列として選択した列を引いた数と等しくなります。

 

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。