トラブルシューティングと FAQ

Last modified: February 02, 2022

ドキュメントは、Designer Cloud のリリース前に入手可能なため、機能などを事前に確認できます。ここに記載されている内容は、公式リリースまでの間に変更になる場合があります。

Designer Cloud に関するよくある質問の回答および一般的な問題のトラブルシューティングのヒントをご確認ください。

転置ツールとクロスタブツールの違いは何ですか?

転置ツールとクロスタブツールは、どちらもデータの向きを変換しますが、その動作は逆です。

転置ツールは、水平データを垂直軸にピボットします。クロスタブは、グループ化フィールドのデータを要約することによって、垂直データを水平軸にピボットする逆の処理を実行します。

詳細については、転置ツールクロスタブツールの各ページを参照してください。

列の名前を変更するにはどうすればよいですか?

列の名前を変更するのに最も適しているのは、セレクトツールです。

ツール内に埋め込み選択がある多くのツールがあります。従って、そこで列の名前を変更することもできます。埋め込み選択があるツールは、結合ツール複数結合ツールフィールド付加ツールです。

列のデータ型を変更するにはどうすればよいですか?

フォーミュラツールを使用すると、列のデータ型を変更できます。このツールで、カスタム変換をより詳細に制御できます。

また、セレクトツールのほか、結合ツール複数結合ツールフィールド付加ツールなどの埋め込み選択のあるツールを使用することもできます。

ワークフローの実行に時間がかかります。処理時間を短縮するにはどうすればよいですか?

処理時間を短縮する第一の方法は、セレクトツールを使用して、使用していない列を、データストリーム内でできる限り早く削除することです。

セレクトツールに表示される動的/不明列とは何ですか?

動的/不明 列が表示されます。セレクトツール (他のツールも同様) の設定プロパティ内で、既定でチェックが入っています。

この列の目的は、入力ファイルを変更する場合に、新しい列を挿入できるようにすることです。これにより、列の位置を移動して、ファイル内のどの位置に新しい列を挿入するのかを決定できるようになります。

式を保存するにはどうすればよいですか?

式を保存すると、その式を 1 から作成しなくても、何度でも使用できます。式を保存するには:

  1. 式を作成します。式エディターを使用すると、変数を選択して関数に挿入できます。
  2. 式の作成が完了したら、保存 を選択し、式の名前を指定します。あなたの式は、これで将来の使用のために保存されます。
CSV 形式に出力するとき、ファイルのテキスト列の前後の引用符を削除するにはどうすればよいですか?

Designer Cloud では、既定では次の場合に引用符が追加されます。

  • 空のフィールド値が "" に置き換えられます。これは、Designer Cloud が NULL と区別できるようにするためです。
  • 先頭または末尾に空白を含むフィールド値が引用符になります。CSV ファイルの引用符の外にある空白は、ほとんどのソフトウェアで無視されます。
  • フィールドには区切り文字が含まれます。
  • フィールドには一重引用符または二重引用符が含まれます。

データ出力ツールからCSVファイルに引用するための3つのオプションがあります。決して行わない を選択すると、出力フィールドに引用符が追加されることは決してありません。

[値] > 2 でフィルタリングしていますが、TRUE ストリームで 2 が取得されます。

フィルタリングしている列のデータ型を確認してください。この列はおそらくダブルです。これはバグではなく、コンピュータが数字を格納する方法です。精度の小数点以下16桁のダブルとして格納された2の値は、実際には1.9999999999999999と2.0000000000000019の間にあります。

これを実証するには、フォーミュラツールを使用して新しい列を作成し、列のデータ型の文字列の長さを 20 に設定します。Conversion 関数を使用して、値を文字列に変換します:

TOSTRING([Value], 16)

この問題を回避する方法:

  • 列の値を比較する場合は、列を整数または固定小数点数に変換できます。
  • CompareDigits または CompareEpsilon テスト関数を使用して、列の値を比較します。

浮動小数点数の詳細については、http://en.wikipedia.org/wiki/Floating_point を参照してください。

結合ツールを使用すると、多くの列が「欠落」と表示されます。解決するにはどうすればよいでしょうか?

結合ツールが構成されるたびに、各構成に存在する列が記憶されます。列が存在しなくなった場合は、ツールによって依然として記憶されているために、「欠落」と表示されます。削除 を選択するか、列を個別にオフにして、欠落している列を削除します。

セレクトツールが埋め込まれているツールは、同じ機能を備えています。フィールド付加ツール結合ツール複数結合ツール

Designer Cloud で Excel ファイルを入力ファイルとして取り込むときに、シート名を複製するかどうかを選択する必要があります。$ が付いているものと付いていないものは、何が違うのですか?

$ の付いたテーブルは Excel ファイル内のワークシートを参照するのに対し、$ の付いていないテーブルはインポートするセルの範囲を参照します。ほとんどの場合、範囲にはすべてのセルが組み込まれているため、ファイルを取り込む際に違いはありません。

行を範囲に追加したり組み込んだりすると、欠落する行が発生するため、ワークシート全体を確実に参照できるように、$ の付いたテーブルを取り込むことが最も推奨されます。

詳細については、こちらのページを参照してください。

http://www.infocaptor.com/dashboard/excel-cell-ranges-using-sql-named-unnamed-odbc-jdbc

変換エラーとは何ですか? また、どのように修正すればよいですか?

変換エラーは、Alteryx が 1 つの列から別の列にデータを変換できない場合に報告されます。

変換エラーはオレンジ色のテキストで表示されます:

● ProcessNodeDbfInput10: Enrollment: is not a valid number.

この変換エラーが報告されているのは、"Enrollment" の列のデータ型が数値として設定されているのに、列内に文字列が存在することが原因です。文字列の値には一貫性がないため、修正する必要があります。値は、フォーミュラツールを介してクリーニングする、またはフィルターツールを使用してフィルタリングすることができます。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。