インデータベース接続の管理

Last modified: April 02, 2020

インデータベース接続を中央から作成、管理します。 In-DB 接続の管理ウィンドウを使用して、既存のデータベース内接続を表示し、新しいデータベース内接続を追加します。

In-DB 接続の管理ウィンドウにアクセスするには、次の 2 つの方法があります:

  • 接続In-DBツールを追加し、接続名 > 設定ウィンドウで接続を管理をクリックします。参照: 接続In-DB
  • オプション > 詳細オプション > In-DB 接続の管理をクリックします。

新しいインデータベース接続を作成

1. データソースをクリックし、ソースを選択します。参照: インデータベースの概要

汎用 ODBC オプション

接続In-DBツールから、汎用 ODBCオプションを選択して、サポートされていないデータソースへの接続を試行できます。このオプションは、必ずしもサポートされていないデータソースへの正常な接続が保証されるわけではありませんが、Microsoft SQL Server に類似したデータソースであれば、成功する可能性は極めて高くなります。

2. 接続タイプをクリックし、接続の種類を選択します。

  • ユーザー: 自分だけが使用できる接続を作成します。
  • システム: 共有できる接続を作成します。コンピューターの管理者としてデザイナーを開きます。このオプションは、デザイナー管理者専用です。
  • ファイル: データベース接続を .indbc ファイルとして保存して、ワークフローでパッケージ化できるようにします。このオプションを選択した場合は、ファイルを保存するために接続ファイルのパスの場所を指定する必要があります。

3. 接続をクリックし、一覧から既存の接続を選択するか、新規をクリックします。

4. [接続名] に、接続の名前を入力します。

5. パスワードの暗号化をクリックし、暗号化オプションを選択します。

  • 非表示: 最小限の暗号化でパスワードを非表示にします。 このワークフローをコンピュータ以外のコンピュータで実行するようにスケジュールする場合は、非表示を選択します。参照: ワークフローのスケジュール設定
  • マシンの暗号化: コンピュータ上のユーザーは、ワークフローを完全に実行できます。
  • ユーザーの暗号化: 指定したユーザーは、任意のコンピュータでワークフローを実行できます。
  • パスワードの復号化を許可: パスワードを復号化し、メタデータに渡します。このオプションは、In-DB 予測ツールと組み合わせてのみ使用されます。

6. 読み取りタブでドライバーをクリックし、オプションを選択するか、デフォルトのままにします。

7. 接続文字列ドロップダウン矢印をクリックし、新しいデータベース接続を選択します。Oracle OCI および SQL Server ODBC 接続の場合は、保存されたデータ接続または最近のデータ接続を選択できます。

ODBC と OLEDB 接続作成の詳細については、ODBC と OLEDB データベース接続を参照してください。特定のデータ プラットフォームの詳細については、サポートされているデータソースとファイル形式を参照してください。

8. 書き込みタブをクリックします。

9. ドライバーをクリックし、ドライバーを選択するか、既定のままにします。

10. 接続文字列で、接続文字列を入力または貼り付けします。Oracle OCI および SQL Server ODBC 接続の場合は、保存されたデータ接続または最近のデータ接続を選択できます。

接続に関する考慮事項

SQL Server

SQL Server 認証を使用する場合は、SQL 標準書式設定なしでパスワードを入力します。

  • パスワードでは、3 つ以上の連続したパイプ文字はサポートしていません。
  • パスワード処理は自動的に行われるため、パスワードを中かっこで囲んだり、パスワードの文字として使用される右中かっこをエスケープしたりしないでください。
Oracle

Oracle の書式設定標準なしでパスワードを入力します。

  • パスワード文字として二重引用符を使用しないでください。
  • パスワードは二重引用符で囲むことができます。
HDFS

HDFS に接続するには:

1. 接続文字列ドロップダウン矢印をクリックし、新しいHDFS接続を選択します。

2. HTTPFSWebHDFSKnox Gatewayサーバーの設定を選択します。Apache Spark で Knox Gateway を使用する場合は、デフォルトのNamenode URLを上書きするを選択します。

3. ホストに Hadoop サーバー URL または IP アドレスを入力します。

4. ポートで、サーバー構成の選択に基づく既定のポート番号をそのまま残すか、ポート番号を入力します。

5. デフォルトでは、URLはホストに基づいています。必要に応じて、別の URL を入力します。

6. デフォルトでは、一時ディレクトリ/tmpです。必要に応じて、書き込む一時ディレクトリの別の場所を入力します。

7. ユーザー名の箇所にユーザー名を入力し、パスワードの箇所にパスワードを入力します。必要な資格情報は、クラスターの設定によって異なります。

  • : ユーザー名が必要ですが、何でもかまいません。
  • webhdfs: ユーザー名は必要ありません。
  • Knox Gateway: ユーザー名とパスワードの両方が必要です。Knox 認証を設定する場合は、信頼された証明書を使用します。Alteryx は自己署名証明書をサポートしていません。

8. Kerberos をクリックし、HDFS への読み取りと書き込みを行う認証オプションを選択します。

  • なし: 認証は使用しないでください。
  • [Kerberos MIT]: Alteryx はデフォルトの MIT チケットを使用してサーバーの認証を行います。まず、MIT Kerberos Ticket Manager を使用して有効なチケットを取得する必要があります。
  • Kerberos SSPI: Alteryx は認証に Windows Kerberos キーを使用します。資格情報を使用して Windows にログインすると、これらのキーを取得します。したがって、ユーザー名パスワードフィールドは使用できません。

選択するオプションは、IT 管理者が HDFS サーバーを構成する方法によって異なります。

9. (Apache Sparkのみ)デフォルトのNamenode URLを上書きするを選択すると、Namenode URL が上書きされ、Knox Gateway を使用している場合、またはNamenode サーバーが httpfs または webhdfs サーバーとは異なるコンピューターで実行されている場合は、ホストとポート番号を入力します。

10. (推奨) テストをクリックして接続をテストします。

11. [OK] をクリックします。

詳細については、Hadoop 分散ファイルシステムを参照してください。

11. [OK] をクリックします。

12. 複数のテーブルを持つデータベースに接続すると、テーブルの選択または クエリの指定ウィンドウが開きます。テーブルタブをクリックします。「テーブルの選択」または「クエリウィンドウの指定」を参照してください。

13. テーブルを選択し、[OK] をクリックします。

インデータベース接続の編集または削除

1. In-DB 接続の管理ウィンドウで、データソースをクリックし、ソースを選択します。

汎用 ODBC オプション

接続In-DBツールから、汎用 ODBCオプションを選択して、サポートされていないデータソースへの接続を試行できます。このオプションは、必ずしもサポートされていないデータソースへの正常な接続が保証されるわけではありませんが、Microsoft SQL Server に類似したデータソースであれば、成功する可能性は極めて高くなります。

2. 接続をクリックし、既存の接続を選択します。

3. 接続の詳細を編集するか、削除をクリックして接続を削除します。

4. [OK] をクリックします。

In-DB接続を作成および管理し、ワークフローで使用する方法については、接続In-DBツールを参照してください。接続できるデータプラットフォームとデータベースの詳細については、サポートされているデータソースとファイル形式を参照してください。

Alteryx は、標準のデータベース接続もサポートしています。データ接続の管理を参照してください。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.