空間マッチ行動

Last modified: May 02, 2020

[空間マッチ]ツールの行動は、選択された交差メソッド交差、包含、または内部)(およびテストされるオブジェクトのタイプによって異なります。 以下のte-ブルは、さまざまな組み合わせを示しています。

交差

空間オブジェクト... 交差する... もし... 返された交差オブジェクトのタイプ(要求されている場合)が...

ポリゴン

ポリゴン

ポリゴンはどの面積も共有します。重なり合いなしにエッジと接触することは、交差とはみなされません。

ポリゴン

ポリゴン

折れ線

線はポリゴンの端または内部に接触する

ポリライン

ポリゴン

ポイント

ポリゴンにはポイントが含まれています

ポイント

折れ線

折れ線

線のいずれかの部分が互いに交差するか、端点を共有する

ポイント

線は複数のポイントで交差することがあり、その場合1つのポイントが返され、警告が出されます。

折れ線

ポイント

点は線の頂点です。

注: 頂点のない点を幾何学的に越える線分は、交差としてカウントされません。

ポイント

マルチポイント

任意のオブジェクト

いずれかのポイントと交差する場合

マルチポイント

ポイント

ポイント

ポイントは同じです

ポイント

含まれ、内

ターゲット...

ユニバーサルを含む...

もし...

ポリゴン

ポリゴン

2番目のポリゴン面積の99.99%が1番目のポリゴンの内側にあります。

ポリゴン

折れ線

線の長さの99.99%がポリゴンの内側にあります。

ポリゴン

ポイント

ポイントがポリゴンの内側にあります:

ポリゴン

マルチポイント

すべての点がポリゴンにあります。

折れ線

ポリゴン

常に

折れ線

折れ線

含まれている線のすべてのセグメント(つまり2ポイント続き)も包含する線に表示されます。逆の順序で2つの同じポイント(つまり、反対方向にコードされている)からなるセグメントは、依然としてマッチします。幾何学的に同じ経路をたどる線は、より多くの(不要な)ポイントを使用する場合、依然としてマッチしないことがあります。

折れ線

ポイント

点は線の頂点です。

線は頂点のないポイントを幾何学的に横切ることがあるため、線はポイントを含むものとみなされません。

折れ線

マルチポイント

すべての点は線の頂点です。

マルチポイント

マルチポイント

すべてのユニバースポイントがターゲットに入っています。

マルチポイント

ポイント

ポイントの1つがマルチポイントに入っています。

マルチポイント

ポリゴンまたは線

常に

ポイント

ポリゴン

常に

ポイント

折れ線

常に

ポイント ポイント

ポイントが同じです。

空間インデックス

Calgary (cydb)ファイルを指定する場合、Calgary空間指数は、圧縮と速度に小数点以下5桁の精度を使用することにご注意ください。  YXDB空間インデックスは小数点以下6桁を使用します。 これによりカルガリーインデックスに最大1.8フィートの誤差の追加四捨五入を追加します。 言い換えれば、ある地点がポリゴンの内側に1.8フィートのところにあり、カルガリーの外側として見つかる可能性があります。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.