メインメニュー

Last modified: June 03, 2020

Windows と一般的なアクションには、メイン メニューからアクセスできます。

ファイル メニュー

これらのオプションは、ワークフローを作成して作業することに固有です。

新しいワークフロー (Ctrl +N): 新しいワークフロー (*.yxmd) を作成します。

[最近の使用を開く]: 最近アクセスして保存したワークフローを表示します。

[ワークフローを開く]: ファイルの場所を参照して、以前に作成したワークフローを開きます。

  • ブラウズ: ファイルの場所を参照し、そこにワークフローを保存します。
  • プライベート ギャラリー: 会社のプライベート ギャラリーに接続している場合は、接続名が一覧表示されます。
  • Alteryx ギャラリー: ワークフローを Alteryx パブリック ギャラリー (gallery.alteryx.com) に保存します。このオプションは、Alteryx パブリック ギャラリー (gallery.alteryx.com) に接続するように事前に構成されています 。ギャラリーにサインインするには、資格情報が必要です。
  • ギャラリーを追加する: プライベートギャラリーへの接続を作成し、そこにワークフローを保存する機能があります。
  • 自動回復ファイルを開く: 自動保存ファイルの一覧を開きます。開いているファイルは定期的に自動保存されます。自動保存間隔はデフォルトで有効になっており、ユーザー設定で変更できます。参照: ユーザー設

[ワークフローグループを開く]: ワークフローグループに保存されている複数のワークフローを開きます。「-ERR:REF-NOT-FOUND-ファイル ディレクトリからワークフロー グループを開く」を参照してください。

保存 (Ctrl + S): アクティブなワークフローを保存します。

名前を付けて保存: アクティブなワークフローを選択した場所に保存します。

  • ブラウズ: ファイルの場所を参照し、そこにワークフローを保存します。
  • プライベートギャラリー
    • プライベート ギャラリーへの既存の接続は、ここに一覧表示されます。
    • 新しいギャラリーの追加: プライベート ギャラリーへの接続を作成する機能を提供し、そこにワークフローを保存します。
  • パブリック ギャラリー (Alteryx ギャラリー): ワークフローを Alteryx パブリック ギャラリー (gallery.alteryx.com) に保存します。このオプションは、Alteryx パブリック ギャラリー (gallery.alteryx.com) に接続するように事前に構成されています 。ギャラリーにサインインするには、資格情報が必要です。

ワークフローグループの作成: ワークフローグループとして、以前に個別のワークフローとして保存された開いているすべてのワークフローを保存します。「-ERR:REF-NOT-FOUND-ワークフロー グループの保存」を参照してください。

印刷: 印刷時のワークフローのプレビューを表示します。

印刷設定: ワークフローを印刷するための設定をします。

終了: デザイナーを閉じます。

メニューの編集

これらのオプションは一般的な編集機能です。

取り消し (Ctrl + Z): 最後のアクションを自動的に取り消します。動作は履歴的に記録され、最大32の動作を元に戻すことができます。

再実行 (Ctrl +Y): 取り消しを行っただけのアクションを再実行します。

カット (Ctrl +X): オブジェクトを削除し、クリップボードにコピーしてすぐに貼り付けます。

コピー (Ctrl +C): オブジェクトをクリップボードにコピーします。

貼り付け (Ctrl キーを超えて V): コピーしたオブジェクトを貼り付けます。

削除 (Del): 選択したオブジェクトを削除します。

検索 (Ctrl+F): [検索ツール] ウィンドウを開きます。

デフォルトでは、[ツールの検索] 結果ウィンドウには、ツールとツールIDを含むワークフロー内のツールが一覧表示されます。検索するツールをリストから選択します。ツールはキャンバスに表示され、ツールの設定ウィンドウが開きます。

検索ツールでは、ワークフロー内のキーワードを検索することもできます。

  1.  [ツール フィルター ] セクションを使用して、検索結果を絞り込みます。
    1. [検索] セクションでは、ID、名前、列名、注釈、および構成によって検索結果をフィルター処理できます。
    2. [一致] セクションでは、検索で大文字と小文字を区別するかどうか、および [フレーズ全体] を検索するかどうかを指定できます。
  2. 検索するテキストを [検索: ] テキスト フィールドに入力します。各ツールの構成の基になる XML で、入力されたテキストの文字列が検索されます。検索結果は、入力したテキストを含むツールを識別し、一覧表示します。
  3. 検索結果は[一致]ウィンドウに返され、各値が見つかった場所が表示されます。結果には、ID名前場所、およびの列が含まれます。各列は並べ替えることができます。

メニューを表示

これらのウィンドウは、このメニューを使用して開いたり閉じたりできます。

ツール パレット (Ctrl + Alt キーを押しながら T:メニューの下にツール パレットを表示します。「ユーザー インターフェイス」を参照してください。

概要 (Ctrl + Alt キーを押しながら V): 最後に表示される位置にドッキングされた概要ウィンドウを表示します。「-ERR:REF-NOT-FOUND-概要ウィンドウ」を参照してください。

結果 (Ctrl + Alt キーを押しながら R): 最後に表示された位置にドッキングされた結果ウィンドウを表示します。「結果ウィンドウ」を参照してください。

コンフィギュレーション (Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら C): 最後に表示された位置にドッキングされた構成ウィンドウを表示します。「-ERR:REF-NOT-FOUND-構成ウィンドウ」を参照してください。

インターフェイス デザイナ (Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら D): 最後に表示される位置にドッキングされたインターフェイス デザイナ ウィンドウを表示します。「インターフェイス デザイナおよびインターフェイス デザイナウィンドウ」を参照してください。

    オプションメニュー

    これらのオプションは、ワークフロー、スケジュール設定、ライセンス機能、およびユーザー設定へのアクセスを提供します。

    [ワークフローの実行]: ワークフローを実行します。Ctrl + R もワークフローを実行します。ワークフローの実行中にアイコンが [停止する] に変わります。

    ワークフローのスケジュール: ユーザーは、特定の時間と頻度でワークフローを実行するようにスケジュールできます。スケジューラーサービスは、Alteryxインストールの一部として有効にする必要があるため、ユーザーには適切なライセンスが必要となります。すべてのユーザーに適切なライセンスが付与され、サービスが適切に構成されていることを確認するには、管理者がライセンスをインストールする必要があります。ワークフローの-ERR:REF-NOT-FOUND-スケジュールを参照してください。

    [スケジュールの表示]: ワークフローとアプリケーションのスケジュール設定、キュー内のジョブの表示、および完了したジョブに関する情報の表示をユーザーに許可します。スケジューラーサービスは、Alteryxインストールの一部として有効にする必要があるため、ユーザーには適切なライセンスが必要となります。すべてのユーザーに適切なライセンスが付与され、サービスが適切に構成されていることを確認するには、管理者がライセンスをインストールする必要があります。参照: スケジュールの管

    分析アプリの実行: アプリを参照して編集または実行できる[分析アプリの選択] ウィンドウが開きます。「分析アプリケーションの選択」を参照してください。

    [ワークフローのエクスポート]: [ワークフローのエクスポート] ウィンドウを開き、アクティブなワークフローを取り込みすべての依存関係とともに*.yxzpファイルに圧縮することができます。ワークフロー管理を参照してください。

    ライセンスの管理: ライセンスマネージャを使用して、ユーザーが Alteryx ライセンスを表示、追加、および削除できるようにします。

    接続資格情報の管理: [接続サインイン] ウィンドウが開き、[接続] にアクセスできます。「接続アセットの使用」を参照してください。

    [接続の昇格]: [接続の昇格] ウィンドウが開き、プロモート プラットフォームに接続を追加できます。すべての接続を表示したり、接続を削除したりするには、デプロイ ツールまたはスコアツールにアクセスします。

    ユーザー設定: ワークフローの外観を設定し、システムリソースの使用状況を指定して、ユーザーに固有のプロジェクトのパフォーマンスを最適化する機能を提供します。参照: ユーザー設

    • ユーザー設定の編集:ユーザー設定を参照してください。
    • 終了時にレイアウトと設定を保存: プログラムの終了時に GUI レイアウトとユーザー指定の設定を保存します。
    • レイアウトと設定を今すぐ保存: このオプションを選択すると、GUI レイアウトとユーザー指定の設定が保存されます。
    • デフォルトに戻す: GUI レイアウトを元の方向に戻します。

    詳細オプション

    • データ接続の管理: 一元的な場所からデータ接続を作成および管理します。作成した接続と共有している接続を表示したり、新しい接続を追加したりできます。「データ接続の管理」を参照してください。
    • インデータベース接続の管理: インデータベース接続を一元的な場所から作成および管理します。既存のインデータベース接続を表示し、新しいインデータベース接続を追加します。「DB-ERR:REF-NOT-FOUND-内接続の管理」を参照してください。
    • ワークフローの依存関係: ワークフローおよび特定のデータセットに関連付けられた入出力パスを制御します。ワークフローの依存関係 を参照してください。
    • ワークフローの暗号化: ワークフローのコピーを保存して実行できるようにしますが、Alteryx Designer では開いたり編集したりすることはできません。-ERR:REF-NOT-FOUND-ワークフローの暗号化を参照してください。
    • システム設定: システムリソースの使用状況を指定して、アプリケーションのパフォーマンスを最適化する機能を提供します。システム設定を変更するには管理者権限が必要です。「システム設定」を参照してください。

    予測ツールのダウンロード: 予測ツールは R プログラミング言語を使用します。[オプション] > [予測ツールのダウンロード] に移動、Alteryx のダウンロードとライセンスのポータルにサインインして、R とR ツールで使用されるパッケージをインストールします。

    ヘルプメニュー

    これらのオプションは、Alteryxのヘルプへ素早くアクセスします。

    Alteryx ヘルプ: デザイナーヘルプを開きます。F1キーを押すこともできます。

    チュートリアル: デザイナーでのワークフローの構築の概要を提供するチュートリアルワークフローを開きます。

    サンプル ワークフロー: デザイナで使用できるサンプル ワークフロー (スタート キットなどの外部インストールを含む) を開きます。「サンプル ワークフロー」を参照してください。

    コミュニティ: ユーザーフォーラム、サポート質問、ワークフロー交換、FAQなどへのアクセスを見つけることができる Alteryx コミュニティ サイトへのリンク。

    新機能: デザイナーの現在のリリース バージョンの新機能ヘルプ ページを開き、前回の公式リリース以降の新機能と拡張機能を強調表示します。「新機能」を参照してください。

    更新プログラムを確認する : デザイナは、現在のバージョンよりも新しいバージョンが使用可能かどうかを確認します。この機能にはインターネット接続が必要です。「-ERR:REF-NOT-FOUND-バージョンの更新」を参照してください。

    Alteryx ダウンロード: 最新バージョンのソフトウェアをダウンロードできる Alteryx ダウンロードとライセンスポータルを開きます。

    について: デザイナーのバージョン情報とライセンスの一意のシリアル番号を含むダイアログ ボックスを開きます。

    ローカリゼーションメニュー(グローブアイコン)

    デザイナーの言語バージョンを選択します。英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語、ポルトガル語、簡体字中国語から選択します。[ローカリゼーション] メニューを使用すると、ローカリゼーションユーザー設定にすばやくアクセスできます。

    ツールバー

    メイン メニューの上にあるツールバーは、次のアクションにアクセスできます。

    Image showing the Designer toolbar with icons for open workflow, save, cut, copy, paste, undo, and redo.
    • ワークフローを開く (Ctrl+O):ファイルの場所を参照して、以前に作成したワークフローを開きます。
    • 保存 (Ctrl+S): アクティブなワークフローを保存します。 
    • 切り取り (Ctrl+X):オブジェクトを削除し、クリップボードにコピーして、即座に貼り付けます。
    • コピー (Ctrl+C): オブジェクトをクリップボードにコピーします。
    • 貼り付け (Ctrl+V):コピーしたオブジェクトを貼り付けます。
    • 元に戻す (Ctrl+Z):最後の操作を自動的に削除します。動作は履歴的に記録され、最大32の動作を元に戻すことができます。
    • やり直す (Ctrl+Y): 元に行った操作を繰り返します。
    Was This Helpful?

    Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.