ODBC と OLEDB のデータベース接続

Last modified: June 02, 2020

デザイナは、データベース内に存在するデータにアクセスし、Data を Designer でメモリに取り込んで処理したり、データが存在するデータベース内のデータを処理したりできます。

-ERR:REF-NOT-FOUND-入力データ ツールおよび-ERR:REF-NOT-FOUND-出力データ ツールを使用して、データベースに接続し、インメモリ処理用のデータを読み取りまたは書き込みます。[DB-ERR:REF-NOT-FOUND-内接続] ツールまたは-ERR:REF-NOT-FOUND-[データ ストリーム イン] ツールを使用して、データベースに接続し、データを読み取り、ワークフローの実行時にデータベースに送信されるクエリをビルドします。

汎用 ODBC オプション

接続In-DBツールから、汎用 ODBCオプションを選択して、サポートされていないデータソースへの接続を試行できます。このオプションは、必ずしもサポートされていないデータソースへの正常な接続が保証されるわけではありませんが、Microsoft SQL Server に類似したデータソースであれば、成功する可能性は極めて高くなります。

デザイナは、ODBC および OLEDB データベース接続、さまざまなデータ プラットフォームとドライバーをサポートします。サポート-ERR:REF-NOT-FOUND-されているデータ ソースとファイル形式を参照してください。

このページでは、コンピュータに新しいODBCおよびOLEDBドライバを追加する手順を示します。

ODBCデータベース接続を作成する

ODBC経由で接続するには、まずコンピュータにODBCドライバをインストールします。次に、ODBCデータソースアドミニストレーターを使用して、接続用のデータソース名(DSN)を作成します。データベースに接続するために使用している[Alteryx]ツールでDSNを選択できます。

ODBC接続を構成するには:

  1. 次のいずれかの方法を使用してインストールしたドライバのODBC 管理者を開きます。
    • コンピュータで、[スタート] メニューの [すべてのプログラム] を選択します。
    • Alteryx の入力データ ツールの構成ウィンドウで、[ファイルまたはデータベースを接続する] を選択し、[その他のデータベース] > [ODBC] > [ODBC 管理] の順に選択します。
    • Alteryx の [出力データ] ツールの [構成] ウィンドウで、[ファイルまたはデータベースに書き込む] > [その他のデータベース] > [ODBC 管理]
  2. [ドライバ] タブ選択し、コンピュータにインストールされている ODBC ドライバの一覧にドライバが表示されることを確認します。
  3. [ユーザ DSN]タブを選択してユーザ DSN を作成するか、システム DSNタブを選択してシステム DSN を作成します。ユーザーDSNは、コンピュータ上のユーザーに固有のもので、ユーザーを作成したユーザーのみが見ることができます。システムDSNは、コンピュータにログインするすべてのユーザーに表示されます。[追加 ]を選択します。
  4. [新しいデータ ソースの作成] ウィンドウで、[ODBC ドライバ] を選択し、[完了]を選択します。
  5. ODBC ドライバー DSN セットアップ ウィンドウで、データ ソース名DSN の名前を入力します。
  6. [説明]に DSN に関する詳細を入力します。
  7. [ホスト]に、サーバーの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
  8. [ポート]ボックスに、サービス待機ポート番号を入力します。
  9. [メカニズム]を選択し、適切な認証を選択し、必要な情報を入力します。認証要件の詳細については、「-ERR:REF-NOT-FOUND-手動接続のセットアップ」を参照してください。
  10. [詳細オプション] を選択して、詳細なドライバ オプションを構成します。
  11. [テスト] を選択して接続をテストし、[OK]を選択します。
  12. OK を選択します

接続用のデータ ソース名 (DSN) を作成したら、-ERR:REF-NOT-FOUND- -ERR:REF-NOT-FOUND-入力データ ツール内から DSN を選択してデータを読み取るか、-ERR:REF-NOT-FOUND-出力データ ツール内からデータを書き出してメモリ内処理を行います。DSN は、ODBC ドライバーを介してデータベース内のデータを読み取りおよび処理-ERR:REF-NOT-FOUND-する[DB 内接続]ツールまたは-ERR:REF-NOT-FOUND-データ ストリーム イン ツールでも使用できます。

OLEDB データベース接続の作成

OLEDB経由で接続するには、まずOLEDBドライバをコンピュータにインストールします。ドライバをインストールした後、データベースへの接続に使用している[Alteryx]ツールで使用可能なドライバのリストからドライバを選択できます。

OLEDB接続を構成するには:

  1. 次のいずれかのメソッドを使用して、「データリンクのプロパティ」ウィンドウを開きます。
    • Alteryx-ERR:REF-NOT-FOUND-では、[入力データ設定]ウィンドウで[ファイルまたはデータベースを接続]をクリックし、[その他のデータベース] > [OleDB]
    • Alteryx-ERR:REF-NOT-FOUND-では、[出力データ構成] ウィンドウで、[ファイルまたはデータベースへの書き込み] > [その他のデータベース] > [OleDB]
  2. [データ リンク プロパティ]ウィンドウを開き、[プロバイダー] タブでプロバイダーを選択します。
  3. [接続] タブをクリックします。
  4. サーバー名を選択または入力します。
  5. 認証の種類を選択し、必要に応じてユーザー名をユーザー名に入力し、パスワードにパスワードを入力します。認証要件の詳細については、「-ERR:REF-NOT-FOUND-手動接続のセットアップ」を参照してください。
  6. [パスワードの保存を許可する] チェック ボックスをオンにします。-ERR:REF-NOT-FOUND-パスワード暗号化に関する考慮事項の詳細については、「パスワード暗号化」をご参照ください。
  7. [接続のテスト] をクリックします。
  8. [OK] をクリックするか、[詳細設定] タブまたは [すべて] タブを選択して、必要に応じてドライバが必要とするその他の初期化プロパティを表示して設定します。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.