テーブル設定スタイルエディタ

Last modified: March 26, 2020

テーブルは、スタイルエディタ内の設定を変更することなく、見た目を考えて設計されています。多様なスタイルと設定から選べるため、さまざまな形式でテーブルを編集することができます。

以下の設定の一部は、境界線や列ヘッダーなど、テーブル ツールの構成で最初に正しい要素が設定されている場合にのみ有効になります。

[データ] タブ

データフォント: ヘッダーを除く、テーブル内のすべてのデータのフォントを変更します。デフォルトはArialです。

フォントサイズ: フォントのサイズをポイント単位で調整します。デフォルトは8です。

テキストの色: すべてのデータのテキストの色を変更します。デフォルトは黒です。

背景色: 表の背景色を変更します。デフォルトは白です。

代替色: 交互の行のテーブルの背景の色を変更します。デフォルトは明るいグレーです。

[グループごとの行数]: 各カラーグループごとの行数を指定します。 たとえば、[グループごとの行]が2に設定されている場合、2行の白と2行の灰色が表示されます。デフォルトは1です。

ヘッダー タブ

ヘッダーフォント: テーブルのヘッダーのフォントを変更します。 デフォルトはArialです。

フォントサイズ: フォントのサイズをポイント単位で調整します。デフォルトは10です。

テキストの色: ヘッダーのテキストの色を変更します。デフォルトは黒です。

背景色: ヘッダーの背景の色を変更します。デフォルトはライトグレーです。

[罫線] タブ

以下の列設定は、[テーブル] ツールの構成ウィンドウで列の境界線が設定されている場合にのみ有効になります。デフォルトでは、列の境界線は[なし]に設定されています。列の境界線を設定して行データセットを編集する必要はありません。

罫線の幅: 列と行の境界線の幅をピクセル単位で定義します。罫線の幅は、テーブルツールの構成が構成されているため、各列に両方の境界線がある場合に広く見えることがあります。

色 (データ): テーブルのデータ内の列と行の境界線の色を定義します。

色 (ヘッダー): ヘッダーの列の罫線の色を定義します。

行罫線: 行ごと、グループごと、またはなしに配置する罫線を定義します。

罫線の例

罫線の幅は1に設定され、色 (データ) は緑に設定され、色 (ヘッダー) は白に設定され、行罫線は行ごとに設定され、ヘッダーテキストの色は白に設定され、ヘッダーの背景色は黒に設定されます。

の罫線: 使用可能な2つのオプションから選択します。

  • 既定 (列ごとの使用): 各列は、テーブル ツール構成から境界線を表示するように設定する必要があります。
  • [すべての列]([列ごとの上書き] :すべての列に罫線が表示されます) [テーブル]ツール構成から設定された特定の列の境界線は無視されます。

表タブ

セルのパディング: ピクセル単位でセルのパディングを定義します。セルのパディングを増やすことによって、個々のデータセルは、すべての側面からそのピクセル数だけ増加します。デフォルトは0です。

の罫線: 表全体の周囲に罫線が必要かどうかを指定します。

境界線の幅: 境界線の幅をピクセル単位で定義します。

罫線の色: 罫線の色を定義します。

罫線の例

表の境界線は[はい]に設定され、境界線の幅は5に設定され、境界線の色はオレンジに設定されます。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.