テーブルスタイルのルール

Last modified: March 26, 2020

レポートでテーブルを使用する場合、残りのデータから目立たせるようにデータにスタイルを適用すると便利です。ルールは、行レベルまたは列レベルで適用できます。これらのルールは、各ルールに設定された条件に基づいて、テーブルツールで適用する一般的なテーブルまたはデフォルトの表の設定を上書きします。

テーブル スタイルを使用して色をカスタマイズする場合は、「色」を参照してください。

スタイル設定ルールエディタにアクセスする

ルールには2種類あり、それぞれのルールタイプに制御ボタンがあります。

列ルール: テーブル内の個々のフィールドに適用されます。列ルールを適用すると、ルールが適用されるフィールドが [構成] ウィンドウで太字で表示されます。列ルールは、[テーブル プロパティ]ウィンドウの[列ごとの構成]ウィンドウでアクセスします。列ルールを適用するには:

  1. ルールを適用するフィールド名をクリックします。
  2. [作成/編集]ボタンをクリックして、ルールのパラメータを設定します。

行ルール: テーブル内のデータ行全体に適用されます (合計行の強調表示など)。行ルールは、「テーブルのプロパティ」ウィンドウの下部からアクセスされます。行ルールを適用するには:

  1. [行ルールの作成/編集]ボタンをクリックして、ルールのパラメーターを設定します。

テーブルにルールを適用すると、ボタンが次の2つの方法のいずれかを読み込むことがあります。

  • ルールの作成: ルールが既に適用されていない場合、ボタンは作成ルールを読み込みます。このボタンをクリックすると、テーブルに適用する新しいルールが作成されます。
  • ルールの編集: ルールが既に存在する場合、ボタンは編集ルールを読み込みます。このボタンをクリックすると、既存のルールを編集して新しいルールを作成できるように、ルールエディタが現れます。

スタイル ルール エディタを構成する

ルール名: 列または行ごとに現在適用されているルールは、エディタの一番上のセクションに表示されます。既存のルールを編集するには、編集するルールを強調表示します。オプションには以下が含まれます。

  • new: 新しいルールを作成します。
  • 削除: 選択したルールを削除します。
  • 上/下: 選択したルールを順序します。
  • ルール名: ユーザーはこのセクションに入力して、ルールのわかりやすい名前を設定できます。
  • ルール条件: ルール条件を適用する3つのモードのいずれかを選択します。選択肢には次が含まれます:
    • に: 常にすべての条件でルールを適用します。このモードを列ルールに適用する場合、ユーザーは、ルールをデータのみ、ヘッダーのみ、またはヘッダーとデータに適用するかを選択できます。
    • [日時]: 指定した条件が満たされた場合にのみルールを適用します。ドロップダウンを使用して条件を指定します。この条件は通常、複雑な式を必要としない単純なものです。
    • [式]: 指定した条件が満たされた場合にのみルールを適用します。をクリックして... ボタンをクリックすると、ユーザーがより詳細な条件を作成できるように、数式エディタが表示されます。この条件は、通常、2つ以上の変数を比較します。

行ルールを指定すると、そのルールが既存の列ルールをオーバーライドするかどうかをユーザーが指定できるように、追加のチェックボックスが表示されます。ルール階層については後述します。

スタイル: [スタイル] セクションでは、上で指定した条件が満たされた場合に、データに適用されるスタイル設定オプションをユーザーが適用します。オプションには以下が含まれます。

  • [フォント]: 条件が満たされたときにフォントの種類を変更します。マシンにインストールされているすべてのフォントが表示されます。ドロップダウンをクリックして、希望のフォントタイプを選択します。ボールド体とイタリック体は、それぞれのボタンをクリックして適用することもできます。
  • [フォントサイズ]: 条件が満たされたときにフォントサイズを変更します。上/下の制御を使用して、フォントサイズを増減します。
  • [正当性]: 条件が満たされたときのセルのデータの塗りつぶしの位置を変更します。オプションが含まれます: 左、右または中央。
  • [テキストの色]: 条件が満たされたときにテキストの色を変更します。をクリックして... を選択してカラーピッカーを公開します。
  • 背景色: 条件が満たされたときに、セルの背景色を変更します。をクリックして... を選択してカラーピッカーを公開します。
  • プレフィックス: 条件が満たされたときにプレフィックスを先頭します。オプションは、ルールを適用する数値フィールドが選択されている場合にのみ列ルールで使用できます。
  • サフィックス: 条件が満たされたときにサフィックスを追加します。オプションは、ルールを適用する数値フィールドが選択されている場合にのみ列ルールで使用できます。
  • 小数点以下の桁数: 条件が満たされると、指定した小数点以下の桁数のテキストが表示されます。オプションは、ルールを適用する数値フィールドが選択されている場合にのみ列ルールで使用できます。

数式スタイル: 詳細オプション - 基本スタイルのオーバーライドが不十分な場合、ユーザーは CSS のようなスタイル テキストを構成する数式を記述して、独自のスタイルオーバーライドを作成できます。この式は、適用される各セルごとに別個に計算され、非常に強力です。これを使用するには、CSSスタイルとPCXMLとComposerを確実に理解している必要があります。

式内で使用するいくつかの共通PCXMLプロパティ:

  • 背景色: 表のセルまたは行の背景色。
  • 小数点以下の桁数: 数値の小数点の後に表示される数値の量を指定します。
  • 後置: 値に直接従うテキスト。
  • プレフィックス: 値の前にあるテキスト。
  • 背景-画像: 背景としてイメージを設定します。
  • : オブジェクトの前景の色。
  • 罫線: 要素の周囲の境界線を定義します。
  • パディング: 要素の境界と要素の内容の間のスペース。
  • フォントの太さ: テキストの太さまたは細い文字の表示方法を設定します。
  • フォントスタイル: フォントのスタイルを設定します。
  • テキストの整列: 要素内のテキストを整列します。
  • ホワイトスペース: 要素内の空白がどのように処理されるかを宣言します: ' normal ' 方法 (空白が折りたたまれているところ)、' pre ' (HTML の ' pre ' 要素のように動作する) または ' nowrap ' (折り返しが BR 要素を通してのみ行われる)。
  • テキスト装飾: overline、下線、ラインスルー、なし、または点滅などのテキストの装飾。

ルール階層

ルールを効果的に使用するには、どのルールが最初に適用され、どのルールが他のルールを無効にするかを理解する必要があります。2つのルールが異なるスタイル(たとえば、1つはフォントを変更し、もう1つはフォントサイズを変更する)を変更する予定の場合、どのルールを最初に実行しても問題ありません。しかし、2つのルールが同じスタイルを変更しようとする場合、1つのルールしか適用されません。ルールは次の順序で実行され、後のルールは以前のルールを無効にします。

  • 既定のテーブル設定の優先順位が最も低くなります。
  • 列単位の構成
  • 基本 (非式) スタイルのみの行ルール
  • 基本スタイルのみを持つ列ルール
  • [上書き] チェックボックスをオンにした基本スタイルのみの行ルール
  • 数式スタイルの行ルール
  • 式スタイルを持つ列ルール
  • [上書き] チェックボックスをオンにした数式スタイルの行ルール

以下は、これを調べる別の方法です。

  • 式スタイルは常に式でない(基本)スタイルよりも優先されます。
  • 行ルールに明示的に「列ルールを無効にする」チェックボックスにチェックマークが入っていない限り、通常、列ルールが行ルールよりも優先されます。
  • ルールは、列ごとおよびデフォルトのテーブル設定よりも優先されます。
  • 特定のタイプ(行または列、基本または式)の複数のルールは、ルールエディタに列挙されている順に実行されます。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.