Workflowの最適化

Last modified: June 02, 2020

より効率的に動作するようにワークフローを最適化するためにできることはたくさんあります。

不要なフィールドを削除する

[選択] ツールを使用して、ストリームでできるだけ早く使用しないフィールドを削除します。

データ量の制限

大規模なレコード セットに対して-ERR:REF-NOT-FOUND-Sample ツールを使用すると、ワークフローを通過するレコードの数を制限できます。

参照ツールを削除する

データの表示に使用するメモリの量を減らすために-ERR:REF-NOT-FOUND-、参照ツールを使用する必要はありません。

空間ツールからデータ ファイルを参照する

-ERR:REF-NOT-FOUND-[空間一致] ツールを使用する場合、-ERR:REF-NOT-FOUND-入力データ ツールをユニバース アンカーに接続する代わりに、ツールを選択し、ユニバース ファイルを参照して空間オブジェクトを選択します。

距離ツールでのファイル サイズのバランス調整

[変換先](右側)で選択した空間オブジェクトは、より大きなファイル(より多くのレコード)にする必要があり、ソース(左側)で選択したオブジェクトは小さいファイル(レコード数が少ない)でなければなりません。

空間一致ツールでターゲットと入力を管理する

ポリゴンを操作する場合、両側にポリゴンがある場合、より大きな(物理的に)ポリゴンがターゲット側に存在する必要があります。

ポリゴンとポイントを操作する場合は、ターゲット側のポリゴンとユニバース側のポイントを使用して設定します。

ローカル一時ディレクトリの空き領域を確保する

指定された一時ディレクトリーがローカルで、十分なスペースがあることを確認してください。この場所は、[ユーザー設定]タブで変更できます。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.