Connect 2020.4 リリースノート

バージョン:
2020.4
Last modified: November 20, 2020
リリースノート製品バージョン
バージョン 日付 リリース
2020.4 2020 年 11 月 18 日 メジャー

新しい機能

高度な検索: バーチャルフォルダーとしてクエリを保存

Connect を使用して、高度な検索から直接バーチャルフォルダーを作成できるようになりました。適切なフィールドを選択してフィルターを指定し、Save Query as Virtual Folder ボタンを押します。詳細については、バーチャルフォルダー の記事をご覧ください。

通知キュー

通知キューを使用すると、キュー内の項目を使用して実行できる操作を決定できます。キューのクリア、停止、再開などです。通知キューにアクセスして設定を行うには、Admin Menu > Maintenance > Notification Queue の順に移動します。通知キューの設定状況を確認するには、Admin Menu > Settings > SMTP Settings の順に移動します。詳細は メンテナンス を参照してください。

新規カスタムフィールド: Link Field

バージョン 20.4 では、新しいカスタムフィールドである Link Field を使用することができます。それを使用すると、有効な HTML リンクとして動作するカスタムリンクを追加できます。カスタムフィールドの種類についてさらに理解を深めるには、アセットの設定 を参照してください。

新しいカスタムフィールドタイプについては、次の短いビデオデモを参照してください。

Alteryx Designer ツールの詳細は分析ワークフローで入手可能です。 

分析ワークフローで主に使用される 4 つの Designer ツール (結合、フォーミュラ、フィルター、集計ツール) と Connect にあるそれらの設定を確認し、複数のワークフローで Connect 検索の機能を利用できます。詳細については、Alteryx Designer ツールの詳細 セクションを参照してください。詳細については、分析ワークフロー の記事を参照してください。

メタデータローダー

Alteryx Gallery ローダー: データベースオブジェクトの作成

特に新Connect導入時に使用されているデータベースデータソースの概要をすばやく把握するには、AYX Galleryからオブジェクトを読み込むときに、データベースオブジェクトを読み込む オプションを利用します。 

AYX Gallery ローダーを使用している場合は、ワークフローオブジェクトは Connect に作成されます。Load Database Objects オプションを有効にすると、ローダーはデータベースオブジェクトの作成も試行します。入力ツールは、オブジェクトに関する完全な情報を提供する必要があります (サーバー名、カタログ名、スキーマ、テーブル。列には未対応)。これらのオブジェクトは、Data Sources > Databases の順にロードした後に表示されます。 

この新機能については、Alteryx Server Gallery からメタデータを読み込む の記事を参照してください。

Alias Manager

特定のユーザーが入力したサーバー名またはIPが異なるために、Connectに関連付けられた系列がない場合は、AliasManagerを使用してください。系統情報を完成させるには、サーバーレベルで (サーバー) 代替名を入力してください。Alias Manager についての詳細は、データ系統の維持 を参照してください。

Amazon Athena ローダー

Amazon Athena から Connect へメタデータをアップロードできるようになりました。詳細については、Amazon Athena からメタデータを読み込む の記事を参照してください。

Azure Data Lake Store Gen2 ローダー: 証明書による認証 

ADLS Gen2 では、クライアント証明で新たにログインすることができます。今後、クライアントシークレットとクライアント証明のいずれかを決定できるということです。クライアント証明の設定方法については、Microsoft Azure Data Lake Store Gen2 からメタデータを読み込む のページを参照してください。

メタデータローダーの Python アップグレード 

Python エンジンがアップグレードされたため、Designer バージョンが 20.4 であることを確認してください。

追加の拡張

アクティブなディレクトリローダーの機能拡張

これで、ユーザーの Full Name と  XID の作成方法を定義できます。任意の LDAP 属性を使用することができます。フルネームを指定するには、AD loader > Full Name の順に移動し、${displayName} (${sAMAccountName}) のように入力してください。ユーザーはJohn Doe (jdoe)のように表示されます。また、AD ローダーの 別の セクションでは、XID 定義 を入力することができます。たとえば、${mail} とすると、john.doe@mail.com という電子メールを持つユーザーの XID として john.doe@mail.com が作成されます。詳細については、Settings (設定)を参照してください。

ブール型フィールド表現 

ブール型フィールドがチェックボックスとして表示されるようになりました。たとえば、People のユーザープロファイルに表示されます (変更を通知)。 

 

解決済みおよび既知の問題

メジャーリリースバージョン 2020.4

解決済み

ID 説明 バージョン 問題のステータス
DE26377 Winauth や LDAP を使用する際、EVEMT_AUDIT の情報が不足している。 2020.4 解決済み
DE26427 Connect ローダー: バージョン 2020.2 からバージョン 2020.3 へのアップデートが行われない。 2020.4 解決済み
DE26601 LDAP を同期させると、属性の変更が行われていなくても、ユーザーの新しいバージョンが作成されてしまう。 2020.4 解決済み
DE26624 カスタムフィールドエンドポイントで Swagger の例がない。 2020.4 解決済み
DE26674 存在しないカスタムフィールドが API を介して入力タイプに割り当てられている場合、リクエストが 200 の OK を返す。 2020.4 解決済み
DE26786 通知メールのヘッダーに作成日時がない。 2020.4 解決済み
DE27074 ActiveUsers のカウント数が間違っている。 2020.4 解決済み
DE26555 Alteryx Galleryローダー: 2020.1 にアップグレードした後、DB 入力への系統が表示されない 2020.4 解決済み
DE26698 DB ローダー: 存在しないスキーマによるエラー。 2020.4 解決済み
DE27023 Oracle ローダー: フィールドの長さに問題がある。 2020.4 解決済み
DE27209 Impala ローダーが、KUDU 上の Impala 実装を原因とするエラーを生成する。 2020.4 解決済み
DE27364 Snowflake ローダー: acc_usage が列を表示しない。 2020.4 解決済み
DE27403 Snowflake ローダー: 外部表による問題。 2020.4 解決済み

既知

ID 説明 バージョン 問題のステータス
DE27521 DB テクノロジーアイコン追加時に不具合。 2020.4 既知
DE27550 長い名前の入力の通知メールが作成されない。 2020.4 既知
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。