Server 2022.1 リリースノート

バージョン:
2022.1
Last modified: June 21, 2022
リリースノート製品バージョン
バージョン 日付 リリース サポート終了
2022.1.1.25127 2022 年 5 月 4 日 メジャーリリース 2023 年 11 月 4 日

アップグレードに関する考慮事項

バージョン 22.1 以降、ビルトイン認証を使用する環境では、Designer の互換性に関する制限事項があります。Server との互換性を維持するために、最新バージョンの Designer をダウンロードしてください。 

新しい機能

レガシー OAuth1 エンドポイントを削除 

将来の FIPS-140 対応製品に備え、レガシーのパブリック OAuth1 API エンドポイントを削除しました (FIPS に準拠していない SHA1 ハッシュを必要とするため)。この削除では、レガシーの WCF (Windows Communication Framework) エンドポイント、こうしたレガシーエンドポイントの Swagger、および OAuth1 ミドルウェアも対象になります。OAuth1 エンドポイントの代わりに、21.4 でリリースされたレガシー API の Oauth2 バージョンを使用できます。OAuth2 API でも、OAuth1 API と同じ機能を利用できます。唯一の例外は、GET/workflows/id/package の呼び出しにおいて、応答でバイナリオブジェクトではなく、ファイルが返されるようになったことです。 

OAuth2 でも引き続きサブスクリプション、V1、V2 エンドポイントをサポートします。 

変換とその影響の詳細については、「OAuth1 から OAuth2 への移行手順」ヘルプページまたは「移行手順」を参照してください。 

AMP Engine の既定での有効化

Server では既定で AMP Engine が有効になっているため、新しいワーカーノードでは元のエンジンと AMP Engine の両方のワークフローを同時に実行できます。複数の同時ジョブがある場合のメモリの管理方法、元のエンジンと AMP Engine のさまざまな組み合わせ方法については、ガイドラインを提供する予定です。AMP Engine の詳細については、「エンジン」および「AMP Engine のベストプラクティス」ヘルプページを参照してください。

Server バージョン 22.1 にアップグレードする際には、エンジン選択設定とリソース割り当てを検証することをお勧めします。新しい "Allow Server to manage workflows running simultaneously" (Server によるワークフローの同時実行の管理を許可する) 機能と、既定で AMP が有効になる変更により、ご利用の環境で設定が変わる可能性があります。

既存の Server があり、現在のシステム設定を維持したい場合は、アップグレードする前に次の手順をお読みください。

1.    [コントローラー] > [一般] > [AMP Engine の有効化

      1. アップグレードする前に、現在の設定をメモしておきます。

      2. アップグレード後、選択を目的の値に戻します。 

2.    [ワーカー] > [一般] > [Allow Server to manage workflows running simultaneously

      1. アップグレードする前に、[Workflows allowed to run simultaneously] (同時に実行できるワークフロー数) に設定されている数をメモしておきます。

       2. アップグレード後、[Allow Server to manage workflows running simultaneously] (Server によるワークフローの同時実行の管理を許可する) の選択を解除します。

       3. [Workflows allowed to run simultaneously] (同時に実行できるワークフロー数) でメモした番号を入力します。

3.    Engine > General > Engine 

     1. アップグレードする前に、現在の設定をメモしておきます。

     2. アップグレード後、選択を目的の値に戻します。 

4.    Engine > General > Run engine at a lower priority

      1. アップグレードする前に、現在の設定をメモしておきます。

      2. アップグレード後、選択を目的の値に戻します。 

ビルトイン認証にはパスワードのリセットが必須に 

ビルトイン認証を使用している場合、セキュリティの向上のためにパスワードのリセットが必須になりました。バージョン 22.1 でパスワードをリセットしない場合、バージョン 22.2 でリセットするためには、SMTP を有効にしておく必要があります。22.1 にアップグレード後に Server パスワードをリセットする方法の詳細については、「ユーザーの Server パスワードのリセット」ヘルプページを参照してください。 

ビルトイン認証を使用する環境では、パスワードのリセットに加えて、Designer の互換性に関する制限事項もあります。以前のバージョンの Designer では、Server 22.1 以降での認証に必要なパスワードメカニズムの変更に対応していません。互換性を確保するには、Designer 22.1 以降を実行している必要があります。 

Server UI のローカライゼーション (ベータ)

Server のユーザーページは 8 つの言語 (英語、日本語、中国語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語) と 90 以上のロケールにローカライズされています。一部のコンテンツはまだ作成中であるため、これはベータ版です。言語とロケール設定を更新するには、[マイプロファイル] > [一般] に移動します。 

Server UI のデザイン変更

ディストリクト、ワークフロー実行結果、スケジュールのユーザーページと、コレクション、資格情報、ユーザー、グループの管理ページのデザインが変更されました。これらのページの機能は変わりません。 

POST /users API コールで作成されたユーザー宛ての新しい「ようこそ E メール」

POST /users API 呼び出しで作成された新規ユーザー向けに「ようこそ E メール」を作成しました。この新しいようこそ E メールには、ユーザーがパスワードを設定するためのリンクが記載されています。このユーザー体験は、新規ユーザーがアカウントを手動で作成したときの手順と類似しています。ようこそ E メールは、SMTP が設定されている場合にのみ送信されることにご注意ください。

ログイン試行およびアカウントロックアウトのビルトイン認証設定オプション

ブルートフォース攻撃を防ぐために、[Number of Login Attempts Allowed] (ログイン最大試行回数) という設定を追加しました。管理者は、ユーザーがロックアウトされずに許可される試行回数を設定できます。また [Account Lock timeout (Minutes)] (アカウントのロックアウト時間 (分)] の設定も追加しました。この設定では、ユーザーが最大試行失敗回数に達した後にロックアウトされる時間を、分単位で設定します。既定では、ログイン試行は 5 回に設定されおり、ログイン試行に 5 回失敗したら、アカウントが 5 分間ロックアウトされます。また、キュレーターがログイン試行タイムアウトを強制するかどうかを制御できる設定オプションを追加しました。管理者は [サーバー設定] > [セキュリティの設定] でこれら 3 つのセキュリティ設定を更新できます。これらの設定は、ビルトイン認証を使用する場合のみ使用できます。

詳細については、「Alteryx Server 設定」にアクセスしてください。

新しい Swagger 2.0 のドキュメンテーションで使用される jQuery をアップグレード

Server の API V3 Swagger ドキュメンテーションのために、jQuery を最新バージョンの 3.6.0 にアップグレードしました。これは、古いバージョンの jQuery を削除するための大きな取り組みの一環です。今年後半に新しい React インターフェースで UI 全体を設計し直すときに、これを完了する予定です。

CryptoLib を使用して全ハッシュアルゴリズムを SHA2 に移行

将来の FIPS 対応製品に備え、コードベースのすべての非 Windows 暗号化呼び出しを更新し、単一の暗号化サービスプロバイダー (CSP) に依存するようにしました。これは当社の DevSec チームが FIPS-140 規格に従って構築・保守する OpenSSL3 ベースのモジュールです。このアップデートは、ユーザー体験に直接的な影響を与えるものではなく、運用全体でより実証可能な仕方でソリューションをセキュリティ強化することのみを目的としています。

AES-256 暗号化の更新

レガシーのデータ接続 (DCM.E や API シークレットなど) のセキュリティに使用していた暗号を AES 256 に移行しました。このアップデートは、ユーザー体験に直接的な影響を与えるものではありませんが、お客様にとって当社のソリューションがより安全なものになります。 

Internet Explorer サポート廃止

2022.1 以降、Internet Explorer はサポートされなくなります。サポートされるブラウザは、Chrome、Firefox、Edge、Safari です。詳細については、「バージョンサポートポリシー」にアクセスしてください。

 

解決済みおよび既知の問題

 

解決済み

メジャーリリースバージョン 2022.1.1.25127

ID 説明 バージョン 問題のステータス
TCPE-56
DE17441
パスワードにパイプ「|」が含まれている場合、データ接続の追加に失敗する。  2022.1.1.25127 解決済み
TCPE-89
DE33954
AlteryxService がワーカーに停止を指示したとき、Alteryx Engine はユーザーによってキャンセルされたメッセージをエラーとして扱わない。 2022.1.1.25127 解決済み
TCPE-106
GCSE-296
Base64 エンコーダーツールはデータの列を受け入れるが、3 番目のレコードしか正しくエンコードされない。 2022.1.1.25127 解決済み
TCPE-123
DE22217
イベントメッセージとログでは「成功」と示されているのに、Alteryx ワークフローに「エラー」のフラグが付く。  2022.1.1.25127 解決済み
TCPE-149
TGAL-6137
スケジュール: 次の実行のタイムスタンプが最後の実行より前になる。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-2716
DE27806
Designer から Server にスケジュールを移行すると、エラーメッセージが表示される。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-2718
DE27828
コレクションの所有者でなくても、[名前変更] オプションが表示される。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-2727
DE28053
スケジューラージョブの実行時間が 0.0 秒である。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-2743
DE28593

対応するチェックボックスが選択解除されているときに、[サーバー設定] ウィンドウの [ワーカーの設定] ページにアクティブな入力がある。

2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-2892
DE34042
名前を変更したワークフローをコレクションに追加すると、[ワークフローの追加] ダイアログに古い名前が表示される。コレクションに追加した後は、新しい名前が表示される。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-5831 [Admin ] -> [User] を使用してユーザーを作成すると、サブスクリプションに重複する Studio が追加される。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-5875

他のユーザーのスタジオから Server にワークフローを保存する場合、[保存] ボタンが表示されない。

2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-5938
DE33992
[Admin] (管理) パネル > [Jobs] (ジョブ) > [Migrate] (移行) タブで、ユーザーのロールが [Default] (既定)、[Viewer] (ビューワー)、または [Member] (メンバー) に設定されている場合、ユーザーを検索できない。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6009 Server UI にクライアントバージョンの無効な値が表示される。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6039 コレクションの所有者を変更できない。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6042 管理者権限を持つユーザーは、タブが更新されるまで、スケジューリングの権限を保持する。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6046 負の数値の実行時間が AS_Queue に表示される。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6080 Server API: POST & PUT /schedules は、dayNumber に数値ではなく名前を使用する。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6083 空白文字のみを含む名前でサブスクリプションを作成できてしまう問題。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6085 ユーザー検索が名前の途中のテキストでは機能しない。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6122
GBETA-106
ワークフローのバージョン番号が正しくない。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6142
GBETA-123
コレクション内のワークフローの [アップロード日] 列に誤ったラベルが付けられる。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6189 AlteryxService ヘルプドキュメントの書式が読みにくい。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6222
GS-505
所有者以外の DCMe 共有接続で、ワークフローを実行中にエラーが発生した。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6250
GCSE-343
Server API v3: POST /v3/usergroups/{id}/users は、WinAuth 認証の使用時にユーザーを追加できない。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6251 共有ソース列で並べ替えると、[マイワークスペース] ページで読み込みの問題が発生する。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6267
GCSE-327
上位の Designer バージョンから下位の Server バージョンにワークフローを公開でき、スケジュール済みのジョブを実行できてしまう。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6268
TLF-2990
Server API v1: 検索フィルターを指定していない Server API Endpoints GET /admin/v1/workflows および GET /admin/v1/workflows/jobs/ はデータを返さない。   2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6303 Server API v1: 新しい API フレームワーク経由で /webapi/v1/workflows/{id}/package エンドポイントを使用する場合、パッケージのダウンロードが、デフォルトで誤ったファイル拡張子になる。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6317 Server API v1: WebAPI に移植された v1 ジョブ API を使用する場合、WinAuth 環境のフレームワークユーザーは、v1/jobs エンドポイントを照会して結果を返すことができない。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6323
GCSE-368
v1 Server API エンドポイントで Private Subscription/Studio API キーを使用すると、不明な例外で失敗する。21.4.1 のエンドポイントが、Subscription/Studio キーを正しく認識しない。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6332 Server API v1: GET /v1/jobs/...{outputId} エンドポイントで、500 応答コードが生成される。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6340
GCSE-367
データベースに「間違った」LastModifiedDate ロケールタイムスタンプが含まれている場合、スケジュールの読み込みに失敗する。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6361
GCSE-415
DCMe: データソース接続をカスタムグループと共有すると、ワークフローの実行後、そのカスタムグループ内のすべてのユーザーが「Selected Connection is not available.Set one up to use the tool.」エラーを受信する。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6376 管理ポータルで新規ユーザーを作成すると、「Failed to create User」メッセージが表示されるが、実際にはユーザーが作成される。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6393
TGAL-6375
Server API V3: スケジュールを作成しても、正しい日付/時刻と繰り返しの設定が目的どおりに設定されない。 2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6414
GCSE-440
Artisan ユーザーは、OAuth2 での認証時に、WebAPI 経由で特定の V1 エンドポイントを実行できない。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6420
GCSE-441
Server API v3: 既存のワークフローを更新しようとしたときに、versionId ではなく revisionId を要求する確認メッセージが引き続き表示される。 2022.1.1.25127 解決済み
TMEE-208 インサイトリンクをクリックした後で、Server 管理者の [コレクション] ページが壊れる。 2022.1.1.25127 解決済み
TMEE-314 コレクション > ワークフロー: ワークフローを追加するときに、ドロップダウンに表示されるワークフローのアイコンのサイズ調整が不適切である。  2022.1.1.25127 解決済み
TMEE-340
GBETA-100
プロファイル画像ファイルの制限がファイルの種類フィルターに適合しない。 2022.1.1.25127 解決済み
TMEE-341
GBETA-98
ジョブ履歴ログに、ラベルではなくメッセージタイプ ID が表示される。  2022.1.1.25127 解決済み
TMEE-440
TCPE-204
Server 上の連鎖アプリが、連鎖内の最初のアプリのみを実行する。  2022.1.1.25127 解決済み
TMEE-527
GBETA-230
WinAuth 環境で、パブリック/共有ワークフローの所有者に姓がない場合、[マイワークスペース] ページの [パブリック] タブと [共有アイテム] タブが読み込まれない。 2022.1.1.25127 解決済み

既知

メジャーリリースバージョン 2022.1.1.25127

ID 説明 バージョン 問題のステータス
TGAL-5930
DE28486
既存のスケジュールを使用してワークフローの新しいバージョンを保存すると、更新されたワークフローのバージョンがスケジュールに表示されない。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6264
GCSE-339
ユーザー名が日本語文字の場合、ユーザーが [データ接続] の [ユーザーの追加] ドロップダウンに表示されない - この問題は Lucene に関連している。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6307 WebAPI: インタラクティブドキュメンテーション (Swagger) を使用すると、YXZP ファイルが、Get Package API v1 が原因で破損する。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6338 一部の IDP ログインフォームは、Alteryx 設定で正しくレンダリングされない。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6394
GS-610
DST (夏時間) により、ジョブ/ワークフローの今後の間隔スケジュールが変更される。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6401 E メールアドレスを確認するために E メール送信されたリンクをクリックすると、ユーザーがすでに検証済みであることを示すエラーが表示される。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6408
GS-622
デフォルトワーカータグをサブスクリプションに割り当てた場合、このタグが正しく機能しない。 2022.1.1.25127 既知
TGAL-6417
TMEE-518
標準名に通知 URL との関連性がない。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6425
GBETA-177
ユーザーの姓に Null 値を設定すると、権限の変更がエラーで失敗する。 2022.1.1.25127 既知
TGAL-6443
GCSE-453
Designer からアップロードされたワークフローの POST /v3/workflows/{workflowId}/versions が UI に表示されない。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6468
GCSE-462
v3/schedules Gallery API エンドポイント経由で日付フィルタリングを実行できない。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6480
GBETA-302
Alteryx Server API V3 Users エンドポイント: ユーザーの作成に失敗する。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6482 パブリックスペースにワークフローがある場合、/users/ の v3 の削除に失敗する。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6483
GCSE-479
ユーザーの lastName が Null 値の場合、PUT /users/ v3 が失敗する。  2022.1.1.25127 既知
TGAL-6489
GS-646
代替をチェックする前に、請求履歴属性をチェックする必要がある。  2022.1.1.25127 既知
TMEE-382 バナー広告が 21.4 以降では機能しなくなった問題。  2022.1.1.25127 既知
TMEE-383 Server: バナー広告にカーソルを合わせてもホバーテキストが表示されない。  2022.1.1.25127 既知

セキュリティアップデート

解決済み

メジャーリリースバージョン 2022.1.1.25127

ID 説明 バージョン 問題のステータス
TGAL-2069
DE13482

SV: Server のフォルダー構造のファイルシステムを限定的に偵察されることを許してしまう恐れがある、ディレクトリトラバーサルの脆弱性を修正。

2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-2601
DE25080
SV: 平文応答から未使用の「Password2」フィールドを削除した。  2022.1.1.25127 解決済み
TGAL-6209
TGAL-6150
SV: Alteryx Server API ユーザー: 管理者以外のユーザーが、システム内の他のユーザーの名前や、部分的に難読化されたメールアドレスを取得できてしまう。 2022.1.1.25127 解決済み
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。