Skip to main content

Map Tool マップツール

ツールごとに学習

マップツールには「ツールごとに学習」があります。 サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

マップツールを使えば、ユーザーがアプリまたはマクロ内でマップオブジェクトを描画または選択するためのインタラクティブなマップを表示できます。選択内容は、下流のツールに渡されます。このツールにはオプションの入力コネクタがあり、使用可能なベースマップのドロップダウンリストを受け入れることができます。詳細については、以下にあるベースマップの概要を参照してください。

ツールの設定

  1. 表示するテキストまたは質問を入力 : テキストは、マップコントロールの使用方法を定義します。

  2. ベースマップ : 背景マップレイヤーが表示されます。 ベースマップ で、ドロップダウンリスト [ なし ] を選択し、ベースマップを選択します。

  3. 選択/描画 : 選択または描画できる(1つの機能に限定されます)機能の数。

  4. ズーム : 表示される初期ズーム。

    • デフォルト : 米国大陸全体。

    • カスタム : カスタマイズされたビューフィールド。 マップ境界の選択 ウィンドウを使用してカスタマイズするには、[ 境界を編集する ] を選択します。パンおよびズームコントロールを使用してマップを配置し、[ OK ] を選択してカスタムズームを保存します。

    • 参照ファイル : 指定された参照マップファイル。

  5. 参照レイヤー : 使用する参照レイヤー。既定では、参照レイヤーは表示されません。

    • なし : 使用されている参照レイヤーはありません。

    • ファイル閲覧の質問(接続する必要があります) : ファイル参照ツールが必要です。このオプションは、ファイル参照ツールをマップツールに接続すると自動的に選択されます。空間データが含まれるファイルをエンドユーザーが選択すると、マップが更新され、空間オブジェクトが表示されます。併せてドロップダウンも有効になるため、ユーザーは空間オブジェクトのラベルを選択できます。

    • 参照ファイル : 参照ファイルの ファイルパス ラベルフィールド (ラベルデータを含む列)。

  6. モード : 使用可能な操作方法。

    • 参照レイヤーから選択 : マップレイヤーからオブジェクトを選択します。選択したオブジェクトがアプリ入力として使用されます。

    • 描画 : マップレイヤー上にオブジェクトを描画します。

      1. ユーザーが描画可能 なオブジェクトから、 ポイント ライン ポリゴン を選びます。

      2. ユーザーが作成したオブジェクトにラベルを追加するには、[ ユーザーによるラベル付けを許可 ] を選択します。