Skip to main content

SharepointFiles SharePoint 入力ツール

SharePoint入力ツールを使用すると、CSV、XLSX、YXDBファイルやSharePointサイトのリストからデータを読み取れます。

重要

このツールは、Designer では自動的にインストールされません。このツールを使用するには、 Alteryxマーケットプレイス からダウンロードします。

SharePointツールバージョン2.2.0では、 SharePointファイル入力 の名前が SharePoint入力 に変更されました。

SharePointツールバージョン2.2.0では、SharePointオンプレミス版(バージョン2013および2016)のサポートも一時的に削除されました。 SharePointバージョン2.3.0 では、SharePointオンプレミス版のサポートが再び有効になりました。

SharePoint ファイル入力バージョン 2.0.1 には、 スタンドアロンのデータコネクタ であった読み取り機能も含まれています。SharePointコネクタの機能を完全に維持するには、「 Designerとデータコネクタの互換性 」を参照してください。

SharePoint にサインイン

認証には OAuth 方式が使用されるため、[ インターネットブラウザーからサインイン ] を選択して既定の Alteryx アプリケーションを使用するか、[ クライアント ID とシークレット、テナント ID を使用して URL に接続 ] を選択して自身の API アプリケーションを提供できます。独自のAPIアプリケーションを作成する方法については、「 カスタムAPIアプリケーションのセットアップ 」セクションを参照してください。

デフォルトの Alteryx アプリケーション ( インターネットブラウザーからサインイン ) を使用して、最大 6 か月のワークフローをスケジュールできます。ただし、[ クライアント ID、クライアントシークレット、テナント ID を使用して URL に接続 ] を選択した後で [ サービスプリンシパルとして使用 (アプリのみの認証) ] を選択した場合は、会社のポリシーに従ってトークンの有効期限を設定でき、スケジュールされたワークフローは単一のユーザーに関連付けられません。これは、たとえば、ユーザーが退職してアカウントが無効になった場合にワークフローが実行されないようにする場合に便利です。

警告

SharePoint ファイル入力バージョン 2.0.1 では、サービスプリンシパルとして使用せずにクライアント ID およびシークレット、テナント ID を使用して接続する場合でも、クライアントシークレットが必要です。管理者に連絡して、シークレット ID ではなく シークレット値 を要求してください。

使用可能な認証方法は、ファイルとリストの両方で同じですが、SharePoint バージョンでは異なります。また、リストを読むには、 サイトレベルで SharePoint URL を入力する必要があります。

  • SharePoint 365(クラウド)

    • ユーザーとしてブラウザにサインイン (OAuth)

    • アプリにサインイン (サービスプリンシパルを使用)

  • SharePoint 2013および2016(オンプレミス)

    • Windows アカウント

SharePoint ファイル

ファイルを選択

  1. Optionally, if you have access to multiple Geo tenants, select which to access.

  2. Select a site.

  3. ドキュメントライブラリ を選択します。

  4. ツリービューで ファイル を選択するか、 ファイルパス を入力します。

  5. ファイルの処理方法には、次のオプションがあります。

    • ファイルからデータを読み込む : データを読み込み、出力アンカーを介して他のツールに渡します。

    • 後で処理するためにファイルをローカルにダウンロード : SharePoint入力でサポートされていないファイルタイプのファイルを処理するか、ファイルのオフラインコピーをダウンロードします。ファイルを保存する場所を選択します。既定の場所は「%TEMP%」です。

    • フルパスのリストのみ読み込む : パスのリストのみを読み込み、出力アンカーを介して他のツールに渡します。

注記

SharePoint サイトの [ リンクのコピー ] ボタンを使用して、ファイルのパスを [ ファイルパス ] に挿入することもできます ( Ctrl + V Enter を押します)。

ツールの設定

ファイルを選択したときに、ファイル形式が自動的に判断されます。

  • [ Data Range ] オプションでは、データが含まれているシートを指定します。オプションには、 すべてのシート シート名 シート番号 名前付き範囲 シート名のリストのみをインポート があります。

  • データの最初の行を列ヘッダーとして設定するには、[ First row contains field names ] チェックボックスをオンにします。

  • [ ライン上でデータを開始 ] を使用して、インポートを開始する行を選択します。

  • [ Code Page ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。

  • ワークフローを実行せずに、接続されたツールへのすべてのフィールドの ドライランを有効にする ことを選択します。

  • [ Attach Metadata ] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。

  • [ Max Field Length ] を使用して、各フィールドの最大長を設定します。これにより、文字列のカットオフを制御できます。

  • [ Field Delimiter ] を使用して、フィールド間を区切る記号を選択します。オプションは カンマ セミコロン タブ パイプ、 スペース カスタム区切り文字 です。

  • データの最初の行を列ヘッダーとして設定するには、[ First row contains field names ] チェックボックスをオンにします。

  • [ ライン上でデータを開始 ] を使用して、インポートを開始する行を選択します。

  • [ Quote Character ] を使用して、引用符の形式を選択します。オプションは、 なし 単一引用符 二重引用符 カスタム です。

  • [ Code Page ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。

  • ワークフローを実行せずに、接続されたツールへのすべてのフィールドの ドライランを有効にする ことを選択します。

  • [ Attach Metadata ] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。

  • ワークフローを実行せずに、接続されたツールへのすべてのフィールドの ドライランを有効にする ことを選択します。

  • [ Attach Metadata ] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。

SharePoint リスト

データを選択

  1. リスト を選択します。

  2. 必要に応じて ビュー を選択します。

ツールの設定

  • リンクされた項目の値を抽出 : リンクされた項目の値を自動的に抽出するには、このボックスをチェックします。

  • レコード制限 : 読み取るレコードの数を入力します。

  • フィールドを次のツールに即時に伝播 : このボックスをオンにすると、ワークフローを実行せずに、すべてのフィールドを接続されたツールに伝播します。