Skip to main content

File Browse Tool Icon ファイル参照ツール

ツールごとに学習

ファイル参照ツールには「ツールごとに学習」が用意されています。 サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

ファイル参照を使用して、アプリケーションでファイル参照コントロールを表示します。このツールを使用して、入力の読み取りまたは出力の書き込みを行うことができます。ユーザーが指定したファイルパスの値は、下流のツールに渡されます。

File Browse in Alteryx Server

Gallery でファイル参照を使用する場合は、次の点に注意する必要があります。

  • 名前を付けて保存ダイアログ オプションは、Gallery ではサポートされていません。

  • ユーザーが Gallery でファイルを選択すると、そのファイルはサーバーにコピーされ、特定のジョブを実行するための内部フォルダに保存されます。その結果、ファイルパスはサーバー上の場所になり、ファイルへの更新ではこのコピーのみが更新され、元のファイルは更新されません。Gallery では、ファイル参照ツールを使用して更新するファイルを選択することはできません。

ツールの設定

  1. 表示されるテキストまたは質問を入力する : ファイル参照コントロールの使用方法に関してアプリユーザーに指示するテキストを入力します。

  2. 名前を付けて保存ダイアログ : このオプションは、ファイルの出力または書き込み用です。 名前を付けて保存ダイアログ オプションは、Gallery ではサポートされていません。

  3. 閲覧時にアプリユーザーが選択できるファイル形式を選択します。

    • 標準のデータベースファイル形式 : サポートされているすべてのファイル形式が受け入れられます。

    • 処理に空間オブジェクトが必要な場合、または出力が空間ファイルタイプに制限されている場合、[ 空間フォーマットのみ ] を選択します。

    • アプリがデータ入力ツールのフィールドを更新し、ワークフローの処理がこれらのフィールドに依存している場合、[ データ入力ツール用のフィールドマップの生成 ] を選択します。名前とデータ型を含むテンプレートファイルを使用して、ツールをデータ入力ツールに接続します。アプリ内のフィールドには、入力テンプレートファイルの列名とデータ型のラベルが付けられます。アプリユーザーは、ファイルの列をアプリフィールドにマッピングします。

    • テンプレートファイルの列に名前を付けると、(オプション)で終わり、アプリでオプションのフィールドを作成できます。

    • レポート形式 : レンダリングツールを更新する場合はこれを選択します。

    • 任意のファイル指定 : ファイル、画像、空間オブジェクトなどを含む任意のファイル形式のセットを指定します。プレーンテキストでファイルの説明を入力し、その後にパイプ文字とファイル拡張子を入力します。

      例 : カンマ区切りのテキストファイル (*.csv)|*.csv|dBase (*.dbf)|*.dbf|All Files (*.*)|*.*