Skip to main content

ユーザーエンドポイント

ユーザーエンドポイントとパラメーター

オブジェクト関係の詳細については、 オブジェクト関係 のセクションを参照してください。

ユーザーの詳細については、 ユーザーとグループの管理 のヘルプページを参照してください。

新規ユーザーを作成する

新しいユーザーレコードを作成するには、 POST {baseURL}/v3/users エンドポイントを使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

このエンドポイントは、Windows認証が設定されているServerインスタンスには使用できません。

パラメーター

  • userContract (本文): 新しいユーザーを作成するには、userContractパラメーターが必要です。次のパラメーターを指定します。

    • firstName (文字列): 必須です。ユーザーの名を入力します。

    • lastName (文字列): 必須です。ユーザーの姓を入力します。

    • email (文字列): 必須です。ユーザーのEメールアドレスを入力します。

    • role (文字列): オプションです。次のオプションから選択できます: 「NoAccess」(アクセス権なし)、「Viewer」(ビューワー)、「Member」(メンバー)、「Artisan」(クリエイター)、「Curator」(管理者)、「Evaluated」(評価済み) (実行時に評価される既定ロール)。ロールと権限の詳細については、 ユーザーロールと権限 のページを参照してください。ロールが選択されていない場合、既定値は「Evaluated」(評価済み)ロールになります。

    • defaultWorkerTag (文字列): オプションです。ワーカーで定義されたワーカータグを指定して、特定のワーカーノードにジョブを割り当てる際に役立てることができます。指定しない場合、既定値は""になります。詳細については、「 ワーカー」のヘルプページを参照してください。

    • canScheduleJobs (ブール型): オプションです。そのユーザーがジョブをスケジュールできるかどうかを指定します。選択しない場合、既定値はfalseになります。詳細については、 ジョブ のヘルプページを参照してください。

    • canPrioritizeJobs (ブール型): オプションです。ユーザーがジョブに優先順位を付けることができるかどうかを指定します。選択しない場合、既定値はfalseになります。詳細については、 ジョブ のヘルプページを参照してください。

    • canAssignJobs (ブール型): オプションです。ユーザーがジョブを割り当てることができるかどうかを指定します。選択しない場合、既定値はfalseになります。詳細については、 ジョブ のヘルプページを参照してください。

    • canCreateCollections (ブール型): オプションです。ユーザーが新しいコレクションを作成できるかどうかを指定します。選択しない場合、既定値はfalseになります。詳細については、 コレクション のヘルプページを参照してください。

    • isApiEnabled (ブール型): オプションです。ユーザーに対してAPIを有効にするかどうかを指定します。選択しない場合、既定値はfalseになります。

    • defaultCredentialId (文字列): オプションです。このパラメーターは、ユーザーに既定として割り当てられたワークフローの一意のIDを指します。指定しない場合、既定値は""になります。

    • isActive (ブール型): オプションです。ユーザーを有効にするか無効にするかを選択します。指定しない場合、既定値はtrueになります。

    • timeZone (文字列): オプションです。Europe/Kievなどのタイムゾーンを入力します。指定しない場合、既定値は""になります。

リクエストの例: cURL

curl --location --request POST 'http://localhost/webapi/v3/users' \ --header 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere' \ --data-urlencode 'firstName=John' \ --data-urlencode 'lastName=Doe' \ --data-urlencode 'email=John.Doe@emailexample.com'

ユーザーを無効にする

システムでユーザーを無効化するには、 POST {baseURL}/v3/users/{userId}/deactivate エンドポイントを使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

応答として、無効化されたユーザーが削除されるユーザーグループIDの配列を取得します。

パラメーター

  • userId (文字列): 必須です。ユーザーIDを入力して、そのユーザーを無効にします。

リクエストの例: cURL

curl --location --request POST 'http://localhost/webapi/v3/users/61d57bea3c15317e1a48205b/deactivate' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere'

ユーザーにパスワードリセット用のEメールを送信する

既存のユーザーにパスワードリセット用のEメールを送信するには、 POST {baseURL}/v3/users/{userId}/passwordReset エンドポイントを使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

このエンドポイントは、Windows認証とSAML認証が設定されているServerインスタンスには使用できません。

パラメーター

  • userId (文字列): 必須です。ユーザーIDを入力して、そのユーザーにリセット用Eメールを送信します。

リクエストの例: cURL

curl --location --request POST 'http://localhost/webapi/v3/users/61d57bea3c15317e1a48205b/passwordReset' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere'

すべてのユーザーレコードを取得する

アクセス可能なすべてのユーザーレコードを取得するには、 GET {baseURL}/v3/users エンドポイントを使用します。さまざまなパラメーターをフィルターとして使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

searchContract.Verboseをfalseに設定すると、縮小表示されたオブジェクトが返されます。

パラメーター

  • view (文字列): オプションです。値を指定しないこともできます。値は「Default」(既定)と「Full」(完全)から選択できます。このパラメーターを「Default」(既定)に設定すると、縮小表示オブジェクトが返されます。指定しない場合は、「Default」(既定)の値が使用されます。

  • active (ブール型): オプションです。ユーザーを有効にするか無効にするかを選択します。

  • email (文字列): オプションです。ユーザーのEメールアドレスを入力します。

  • role (文字列): オプションです。ユーザーロールを選択して検索を絞り込みます。次のオプションから選択します: 「NoAccess」(アクセス権なし)、「Viewer」(ビューワー)、「Member」(メンバー)、「Artisan」(クリエイター)、「Curator」(管理者)、「Evaluated」(評価済み)。既定(Evaluated)ロールは実行時に評価されます。ロールと権限の詳細については、 ユーザーロールと権限 のページを参照してください。

  • firstName (文字列): オプションです。ユーザーの名を入力します。

  • lastName (文字列): オプションです。ユーザーの姓を入力します。

  • createdAfter (日付/時刻): オプションです。ユーザーが作成された後の日付と時刻を入力します。日付と時刻を ISO8601形式 で入力します。

  • createdBefore (日付/時刻): オプションです。ユーザーが作成される前の日付と時刻を入力します。日付と時刻を ISO8601形式 で入力します。

リクエストの例: cURL

curl --location --request GET 'http://localhost/webapi/v3/users?view=Full&active=true&lastName=Doe' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere'

特定のユーザーに関する詳細を取得する

既存のユーザーの詳細を取得するには、 GET {baseURL}/v3/users/{userId} エンドポイントを使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

パラメーター

  • userId (文字列): 必須です。ユーザーIDを入力して、そのユーザーの詳細を取得します。

リクエストの例: cURL

curl --location --request GET 'http://localhost/webapi/v3/users/61d57bea3c15317e1a48205b' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere'

ユーザーが所有するすべてのアセットを取得する

既存のユーザーが所有しているアクセス可能なすべてのアセットの一覧を取得するには、 GET {baseURL}/v3/users/{userId}/assets エンドポイントを使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

パラメーター

  • userId (文字列): 必須です。ユーザーIDを入力して、そのユーザーのアセットの一覧を取得します。

  • assetType (文字列): オプションです。返すアセットタイプを選択します。既定値は「All」に設定されています。

リクエストの例: cURL

curl --location --request GET 'http://localhost/webapi/v3/users/61d564361d6d5da7ad461a32/assets?assetType=Workflows' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere'

既存のユーザーを更新する

既存のユーザーの詳細を更新するには、 PUT {baseURL}/v3/users/{userId} エンドポイントを使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

updateContractのIDは、URLのID値で上書きされます。

パラメーター

  • userId (文字列): 必須です。ユーザーIDを入力して、そのユーザーを更新します。

  • updateContract (本文): 必須です。ユーザーを更新するには、updateContractパラメーターが必要です。次の項目を指定します。

    • id (文字列): オプションです。ユーザーIDを入力して更新します。

    • firstName (文字列): 必須です。ユーザーの名を入力します。

    • lastName (文字列): 必須です。ユーザーの姓を入力します。

    • email (文字列): 必須です。ユーザーのEメールアドレスを入力します。

    • role (文字列): 必須です。次のオプションから選択できます: 「NoAccess」(アクセス権なし)、「Viewer」(ビューワー)、「Member」(メンバー)、「Artisan」(クリエイター)、「Curator」(管理者)、「Evaluated」(評価済み)。ロールと権限の詳細については、 ユーザーロールと権限 のページを参照してください。

    • defaultWorkerTag (文字列): 必須です。ワーカーで定義されたワーカータグを指定して、特定のワーカーノードにジョブを割り当てる際に役立てることができます。ワーカーの詳細については、 ワーカー のヘルプページを参照してください。ワーカー

    • canScheduleJobs (ブール型): 必須です。ユーザーがジョブをスケジュールできるかどうかを指定します。詳細については、 ジョブ のヘルプページを参照してください。

    • canPrioritizeJobs (ブール型): 必須です。ユーザーがジョブに優先順位を付けることができるかどうかを指定します。詳細については、 ジョブ のヘルプページを参照してください。

    • canAssignJobs (ブール型): 必須です。ユーザーがジョブを割り当てることができるかどうかを指定します。詳細については、 ジョブ のヘルプページを参照してください。

    • canCreateCollections (ブール型): オプションです。ユーザーがコレクションを作成できるかどうかを指定します。指定しない場合、それまでと同じ値が使用されます。詳細については、 コレクション のヘルプページを参照してください。

    • isApiEnabled (ブール型): 必須です。ユーザーに対してAPIを有効にするかどうかを指定します。

    • defaultCredentialId (文字列): 必須です。このパラメーターは、ユーザーに既定として割り当てられたワークフローの一意のIDを指します。

    • isAccountLocked (ブール型): 必須です。このユーザーアカウントをロックするかどうかを選択します。

    • isActive (ブール型): 必須です。ユーザーを有効にするか無効にするかを選択します。

    • isValidated (ブール型): 必須です。ユーザーのEメールアドレスを検証するかどうかを指定します。

    • timeZone (文字列): 必須です。Europe/Kievなどのタイムゾーンを入力します。

    • language (文字列): 必須です。サポートされている言語の値は、「de-de」、「en-us」、「es-es」、「fr-fr」、「it-it」、「ja-jp」、「pt-br」、「zh-cn」です。

リクエストの例: cURL

curl --location --request PUT 'http://localhost/webapi/v3/users/61d564361d6d5da7ad461a32' \ --header 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere' \ --data-urlencode 'firstName=Doe' \ --data-urlencode 'lastName=Jane' \ --data-urlencode 'email=jdoe@alteryx.com' \ --data-urlencode 'role=Artisan' \ --data-urlencode 'defaultWorkerTag=worker' \ --data-urlencode 'canScheduleJobs=true' \ --data-urlencode 'canPrioritizeJobs=true' \ --data-urlencode 'canAssignJobs=true' \ --data-urlencode 'canCreateCollections=true' \ --data-urlencode 'isApiEnabled=true' \ --data-urlencode 'defaultCredentialId=jdoe' \ --data-urlencode 'isAccountLocked=true' \ --data-urlencode 'isActive=true' \ --data-urlencode 'isValidated=true' \ --data-urlencode 'timeZone=Europe/Prague' \ --data-urlencode 'language=en-us' \ --data-urlencode 'id=61d564361d6d5da7ad461a32'

ユーザーを削除する

既存のユーザーをシステムから削除するには、 DELETE {baseURL}/v3/users/{userId} エンドポイントを使用します。

注記

このAPIエンドポイントを使用できるのは管理者のみです。

削除するユーザーにアセット(ワークフロー、スケジュール、コレクション、インサイト)またはユーザーグループが割り当てられている場合、このユーザーは削除できません。

パラメーター

  • userId (文字列): 必須です。削除するユーザーIDを入力します。

リクエストの例: cURL

curl --location --request DELETE 'http://localhost/webapi/v3/users/61d57bea3c15317e1a48205b' \ --header 'Authorization: Bearer BearerTokenGoesHere'

オブジェクト関係

ユーザーを作成する 場合、作成したオブジェクトを次のように使用することができます。

作成されたオブジェクト: " id " (例えば、"id": "619158e57e607d0011ac3009")

次のように使用できます。

Postmanリクエストの例

GET /v3/users

Example of the GET request in Postman.

GET /v3/users/{id}/assets

Example of the GET request in Postman.

Postmanリクエストの詳細については、「 Postmanの使用方法 」ヘルプページを参照してください。