Skip to main content

DCM - Server

データ接続マネージャー(DCM)は、データベースとクラウドの相互運用可能な接続(データソースにリンクされた資格情報)のための一元的なストレージで、Alteryx製品間のワークフロー接続管理とコラボレーションを促進します。DCMを使用して、ツールとワークフロー間で接続と資格情報を入力および使用します。

DCM を使用すると、データソース、資格情報、接続を管理できます。

  • データソースオブジェクトは、データベース、クラウドサービスなどを表します。

  • 資格情報オブジェクトは、ユーザー名とパスワードの組み合わせ、OAuthトークンを表します。

  • 接続オブジェクトは、データソースを資格情報に結合し、ワークフローの1つ以上のツールで使用されます。

重要

DCM資格情報を使用するワークフローを別のサーバーに移行する場合(開発環境から本番環境への移行など)、ワークフローは引き続きこのDCM資格情報を使用します。ワークフローの所有者はDCM資格情報を移行先サーバーに同期してDCM資格情報がワークフローで使用できるようにする必要があります。これを実施しない場合、「選択した接続は使用できません」というエラーが発生します。

詳細については、Designerの DCM ヘルプページを参照してください。

データ接続マネージャーの設定

管理者は、 [システム設定] [DCM] 画面で、コンポーネントのDCM設定を行います。

重要

Server-FIPSではDCMは有効であり、無効にすることはできません。また、DCM強制モードが有効になっており、FIPS対応バージョンのServerでは変更できません。

2023.2リリースより、データ接続マネージャーは常に有効になっており、ユーザーはDesigner内の [ファイル] > [接続を管理] で接続マネージャーを使用できるようになりました。詳細については、 DCM のヘルプページを参照してください。

DCM Mode(DCMモード)

既定の資格情報の処理と保存のオプションを選択します。

  • DCM Optional : 接続(パスワードを含む)は既定でワークフローに保存されます。DCMに接続を保存して管理することを選択できます。

  • DCM as Default : 接続(パスワードを含む)は既定でDCMに保存され、管理されます。ワークフロー内に保存を選択できます。 

  • DCM Only  : ワークフローに接続を設定することはできません。DCMに保存された接続を選択することのみ可能です。パスワードが埋め込まれたワークフローは実行されます。 

  • DCM Enforced (DCM強制): パスワードが埋め込まれたワークフローは動作しません。

SDK (Gallery) Tools Support (SDKツールのサポート)

SDKツールのサポート設定を変更した場合は、Serverを再起動して変更を適用します。

  • Deny (拒否): SDKツールはサポートされず、資格情報のUIで SDK(Server)ツールの資格情報を許可 チェックボックスは使用できません。

  • Allow (許可): SDKツールがサポートされ、UIで SDK (Server)ツールの資格情報を許可 チェックボックスが使用でき、各資格情報を手動で選択できます。

  • Allow All (すべて許可): SDKツールがサポートされ、UIで SDK (Server)ツールの資格情報を許可 チェックボックスが使用でき、すべての資格情報が既定でチェックされます。

ユーザーによるオーバーライドを許可

ユーザーがこれらの組織レベルの設定を上書きできるようにするには、 Allow Override by User (ユーザーによるオーバーライドを許可)チェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオンの場合、ユーザーは [オプション] > [ユーザー設定] > [ユーザー設定の編集] > [DCM] から上記の設定を上書きできます。 Allow Override by User (ユーザーによるオーバーライドを許可)をオフにすると、すべてのユーザーに組織レベルの設定が適用されます。

Serverの同期

管理者は、ServerとDesigner間およびDesignerからServerへのDCM接続の同期を無効にすることを選択できます。この機能をオンにすると、環境全体のDCM接続の同期が無効になります。

この機能を使用することで、ユーザーが本番環境のデータセットに接続されている本番環境のDCM接続を使用して、Designerで新しいワークフローを作成しないようにできます。この機能を使用すると、本番環境のデータセットに対するDCM接続へのアクセスを制限する一方で、開発環境またはテスト環境でServerとDesigner間のDCM接続を使用する柔軟性をユーザーに残しておくことができます。

[ Designerへの一方向 ]オプションを使用すると、Server上で直接作成された接続のみが環境内に保存され、実行可能になります。これにより、これらの接続に対する更新をDesignerユーザーに同期させると同時に、ユーザー接続がServerに同期されないようにすることができます。

環境全体のDCM接続同期タイプを選択するには、次の手順に従います。

  1. [ システム設定 ] > [ DCM ] を開きます。

  2. ドロップダウンから[ Server同期 ]のタイプを選択します。次の3つの同期設定を使用できます。

    • 同期なし: DCM接続の同期は両方向でブロックされます。

    • Designerへの一方向 : DCM接続の同期は、ServerからDesignerへのみ有効です。

    • 完全同期 : DCM接続の同期は、ServerからDesigner、DesignerからServerの両方向で有効です。

注記

ServerからDesignerへのすでに同期されている古い接続はすべて同期されたままになります。この設定を変更すると、新しく追加、更新、削除された接続に対してのみ同期が阻止されます。この設定を再度オフにすると、同期が再開され、それまで同期されていなかった古い接続が同期されます。

これと同じ設定がDCM資格情報とDCM保管庫にも適用されます。DCMの詳細については、 データ接続マネージャー: Server UI を参照してください。

次のステップ

Alteryx Serverの管理 」に進みます。