Skip to main content

移行準備ツールに関する FAQ

Server の移行を準備する際は、 アップグレード前のチェック を実行し、MongoDB のバックアップを作成してください。詳細については、「 移行の準備 」を参照してください。移行の準備

  • いいえ、移行準備ステップはノンブロッキングプロセスであるため、Server の通常のオペレーションを中断することなく実行できます。

  • 移行準備ツールでは新たなワークフローテーブルが作成されます。このテーブルは、アップグレードが完了するまで動作しません。新しいテーブルには、同じワークフローとアプリケーションがすべて含まれていますが、Alteryx がセキュリティを向上させるために標準化された Alteryx 暗号ライブラリを使用して、新しい AES256 標準により暗号化されます。

  • システムではマシンレベルの暗号化が使用されるため、現時点では暗号化に使用されている AES256 キーを入力、参照、更新する方法はありません。

  • 暗号化移行の実行にかかる時間は、移行タスクを実行するハードウェア、MongoDBの場所、環境内のワークフローの数(削除されたワークフローを含む)、それらワークフローのサイズなど、複数の要因によって異なります。

  • データベースがリモートでホストされている場合、データベースとホストの間のネットワークリンクによるレイテンシーが加わり、データの転送により時間がかかるため、移行にはかなりの時間を要します。

  • 所要時間は、環境内のワークフローの数とワークフローの大きさに応じて、指数関数的に増加します。

  • 移行にかかる時間は、これらの要素に応じて数分から1日と幅があります。極端なケースでは、このプロセスは完了までに数日かかることもあります。このため、1,000を超えるワークフローがある環境や、リモートデータベース(MongoDB Atlasでホストされているものなど)がある環境では、移行準備ツールを実行して、アップデートの実行に必要なダウンタイムを最小限に抑えることを強くお勧めします。ご使用の環境がこれに該当するかどうかわからない場合は、アップグレードの前に念のため移行準備ツールを実行しておくと安心です。

Serverのパフォーマンス、特にディスクI/Oに若干影響がある可能性があります。

期限はありませんが、アップグレード前にユーザーがワークフローを変更する量が増えるほど、アップグレードのメンテナンスウィンドウの最終ステップで変換する必要のあるワークフローが増えます。そのため、全体的にダウンタイムが長くなる可能性があります。移行準備が完了してから 1 日以内にアップグレードを実行することをお勧めします。

移行中にエラーが発生したかどうかを示すログファイルは、 %ProgramData%\Alteryx\Service\AlteryxServiceMigrator_#.log です。ログファイルの場所と名前は、アップグレードの前に移行ツールを実行して変更できます。

すべてのワークフローが正常に移行されたことを確認することは重要です。エラーが発生した場合は、サポートに連絡して不一致を解決することをお勧めします。